fc2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。                なお、ブロとも登録等一部機能は使用しておりません。

ヨシヒ第1回繁殖羽

この雑種については前回記事で最初に見つかった川に戻った。
そう書いたうえで一時的に移動しただけで長居はしないと推定した。
ところが越冬期を過ごした池から場所を変えて付近に居座った。
現地は河川中流部の合流地点。地域的に丘陵地のため下水道より
浄化槽の普及率が高くそのような処理水が中流のこの河川合流部
へと流れ込み流れが堰の中間部で緩やかな場所です。その流入する
副河川の合流点手前が新たな越冬場所でした。

【4月1日】
yosihi0401
腹部には依然として幼羽が多く残り胸との境界部が白くなりつつある

yosihi0401-2
水面上に露出した部分は3月初旬にすでに繁殖羽らしくなっていたが
上背から側胸の幼羽がなくなったことでスッキリした外観となった。
尾筒サイドの白斑は左右共に小さく明瞭に存在する

【4月2日】
yosihi0402
護岸に飛び移ろうとするヨシガモ×ヒドリガモ雄第1回繁殖羽

yosihi0402-2
この日は穏やかな晴天で他のコガモ、ヒドリガモ、カルガモに混じり休息

yosihi0402-3
腹部の幼羽はたった一日ながら少し減ったように見える

【4月12日】
yosihi0412
次列風切は内側に白色部のあるヒドリガモではなくヨシガモ型
一方雨覆いはヒドリガモ第1回繁殖羽型だが全体としては折衷型

yosihi0412-2
ヨシガモ雄成鳥でも明瞭に見えることの少ない赤褐色ラインが大雨覆の
先端部翼鏡との境界部に見える。ひょっとするとこのラインの存在は
ヨシガモが父であることの証明となる可能性があるのかも知れない。
他には脇に見られる肩羽と脇羽の間に見える黒っぽい羽衣。
ヒドリガモが父と考えられる雑種にはこれらが認められない。

yosihi0412-3
ここでの行動からはヒドリガモ群中を離れることがなかった

yosihi0412-4
特定のメスではなく気になった雌を追ってはアピールしていた

yosihi0412-5
腹部の幼羽はほぼ消失し白い腹部が明瞭となった
このような腹部はヒドリガモの特徴です

yosihi0412-6
腮から前頸に繋がる黒色部は黒い首輪の手前で途切れる

yosihi0412-7
ナポレオンハットよりドイツ国防軍の鉄兜型の頭部輪郭
後方にかけ湾曲する三列風切、背の白っぽく見える部分が
ヨシガモより少なく胸が赤みを帯びる。ヨシガモが父である
雑種の多くが呈する外観で顔の配色や尾筒サイドの白斑
大きさには個体差がある。

yosihi0412-8
この角度で見るとヒドリガモ雄第1回繁殖羽に見えなくもないですが
胸の赤み、額のぼんやりした白斑が雑種をうかがわせる

yosihi0412-9
数羽のメスにアタックしている感じはあったが既にヒドリ雄と
ペアになったメスを候補に選ぶので相手にはされなかった。

yosihi0412-10
雑種の美しさに気づく方は少ないが、このヨシガモ雑種もまた
とても美しいと感じる。
同じ場所付近で越冬したハシビロガモ×オカヨシガモ雑種雄成鳥は
ペアリングが成立したのか例年より早い3月末に渡去、オカヨシガモ
の群れも4月初旬には姿を消した。

スポンサーサイト



PageTop

安濃川河口

去る3月27日三重県四日市市で開催された蜃気楼の講演会に行きました。
今シーズンは一度も三重県での探鳥をしていませんでしたので朝のひととき
津駅から近い安濃川河口で鳥を見ました。

ウミアイサはすっかりペアが成立して波打ち際での小魚採餌が活発でした。
rbmerganser-pair1

rbmerganser-pair

rbmerganser-pair3
ウミアイサに追われると小魚の群れはパニックになって水面で飛び跳ねます。
ウミアイサも狂気のように右往左往して魚群を追います。あとで登場する
ユリカモメの一群もこの逃げ惑う小魚に群れて水面に下ります。

rbmerganser-feeding
採餌中のオス成鳥とその先で飛び跳ねる小魚

rbmerganser-pair4

rbmerganser-pair5

rbmerganser-pair6

rbmerganser-flying

rbmergansers-feeding
時には複数ペアが協力して魚群を追い立てます

yuri-rbmerganser
ユリカモメの群中のウミアイサ、ウミアイサの採餌と関連性があります

yuri1
大和川でも数千羽のユリカモメが見られたことがありますが近年は減少傾向です

yuri2

yuri3

yuri4

dunlins
隣接する志登茂川河口付近で舞うハマシギの群れ

o-carcher1
津市から松阪市の海岸ではミヤコドリの群れも見ることが多いです

o-carcher2

o-carcher3

o-carcher4

o-carcher5

o-carcher6

o-carcher7

o-carcher8

fe-curlews1
上のミヤコドリの背景にも少し写っていますがシギチ渡りの先鞭をつける
ホウロクシギも最大で7羽が観察できました。

fe-curlews2

fe-curlews3

fe-curlews4

fe-curlews5
一羽のみ臆病なホウロクシギがいて群れと行動を共にしないので
一画像中に収められたのはこの6羽が最大でした。

omtake
当日は強風のため蜃気楼は出現しませんでしたが、その分視程は良好で遠くに
冠雪した貫禄ある山容が見えます。ちょうど名古屋市中心方向ですがかなり
近くに見えたので一瞬伊吹山?と思いましたが距離も方向も異なるので疑問に
思っていたところ午後の講演会でお会いしたyocchelさんに御嶽山だと教えて
頂きました。

PageTop

アメリカコガモ雄の雑種

前回の記事内容を掘り下げてみる。
ただし雑種と純粋の境界は意外に難しい。

3img-teal
これは上の画像が同じ場所のコガモ雄
中の画像がアメリカコガモとされるカモ
下の画像が2015年3月摂津市撮影の
アメリカコガモ

こうして並べると今回のアメリカコガモの側胸の横白線の太さが
中間的で、脇と肩羽の間に灰色の縦灰色線が見え、脇や背の
波状斑が幾分粗いことがわかる。最外三列風切の黒条もやや
長めに伸びています。

側胸の横白線(水に浮かんでいると縦線に見えるので縦線と
表現する方がいますが、脊椎に平行するのが縦線、直交する
のが横線となります。)が細い場合には要注意でこれがあれば
問題なくアメリカコガモと判断するのは早計ですし、肩羽の換羽
を待たずにアメリカコガモとするのも一点判断では危険です。
実際にこの白線が細い場合には同時に雑種を窺わせる要素が
共存している場合が多いです。また対比画像でアメリカコガモの
画像のみが流れの淀みにいますので姿勢が異なっています。

carom-teal
雄は繁殖羽となっても最外三列風切の黒条が途切れますので
その長さにも違いが見られます。
あとは体形や頭部緑色光沢部の縁取りの明瞭・不明瞭が異なり
アメリカコガモでも目の下の淡色縁取りは明瞭ですが、他の部分
はコガモほど明瞭ではないです。

carom2

carom-4

carom-wing
翼帯の橙色範囲も少なく少し違和感がある

当日は近くでウグイスが鳴き春だなぁという感じでした。
carom-with wigeon
ヒドリガモ雌と一緒に

wigeon-m
ヒドリガモ雄

mall
マガモ雄

spotbill-pair
カルガモのつがい 右がオス、左がメス

sandpiper
イソシギ

kestrel
一時カモを蹴散らした電線上のチョウゲンボウ

teal-f-kemsei
この川でもコガモ雌の他の雌の進路を邪魔する牽制泳ぎが見られました

PageTop