FC2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

バン

身近な鳥の雌雄を考えるシリーズ その5 バン

近年オオバンの急激な増加によってなんだか少なくなったような感じが
してしまい影が薄くなったように思えるバンではあるが、好む水辺環境に
やや差があってあまり広大な水辺を好まない、足趾にヒレや水かきが
ないことから葦などによじ登ることも上手で微妙な共存状態にあるのか
と思っている。先に孵化した兄弟姉妹がヘルパー行動をとることなど見て
いて面白く、幼綿羽時代は黄色と赤色の鮮やかな嘴、幼羽を経て幼鳥の
時代はくすんだ色の嘴、成鳥になったらまた赤と黄色の派手な嘴へと変化
する不思議な鳥でもある。

【オス成鳥冬羽】
ban-m-w
2月19日 堺市北区 陸上姿勢

オスは冬羽でも体色が黒々としており、虹彩色も赤みが強い。
メスより大きく、オスの頭頂はしばしばフラット(平坦)に見える
その結果側面から見ると台形状の頭部に見える。 額板も縮小
し嘴の上縁と額板の角度はメスより狭くL字形。
夏羽時の嘴の鮮やかさはなく、黒くくすみ、黄色部も彩度が低い。
足色もくすむが成鳥の脛基部、体下面に近い場所には赤色部が
存在する。

ban-m-ww
2月19日 堺市北区 水上姿勢


【メス成鳥冬羽】
ban-f-w
2月19日 堺市北区 陸上姿勢

メスはオスより体が小さく、頭頂はそれほど平坦ではなく丸味の
強い形状。嘴基部の厚みがあり、オスより太短く見える。額板は
小さく目立たず黒くくすむ色合いの程度もオスより強い。額板と
嘴を繋ぐラインはどちらかと言うと直線状で額板も小さい。
体色は黒味がオスより弱くグレーっぽく、腹部下面等で白色の
部分があり、ところどころ擦れた色合い。脛基部の赤色はオス
ほど明瞭でないことが多い。

ban-f-ww.
2月19日 堺市北区 水上姿勢

【オス第1回冬羽】
ban-m-1w
2月19日 堺市北区 陸上姿勢

外観はメスに似た面もあるが、脛の赤色は明瞭で体格もメスより
大きい。頭部を含めた体色に褐色味があり、初列風切先端形状
が角張って丸味がない。虹彩色も明らかな褐色で赤みが低い。

ban-m-1ww
2月19日 堺市北区 水上姿勢
背の前方が盛り上がっているがこの個体特有なのか否かは不明

スポンサーサイト



PageTop

雄で確定、黄腹雀

堺市西区で見つかったキバラガラは3ヵ月が経過
私の初回観察からも2ヵ月が経過した。

過去の記事でオスと表記しているものの実際にどのような
換羽過程をたどるか事実観察によって証明する外ない。

本日朝から観察に出かけ先日雪が降った日の出の悪さを
挽回して、喉部分の色変化を捉えたので撮影順に紹介。

到着すると先客がお一人、広島から遠路来られたらしい。
到着時に地面に下りてはいたが、カメラセットの間にいなく
なったとのこと、しばらく待つが現れず。広島の方が短距離
撮影用レンズを取りに駐車場へ行っている間に若いダウン
ジャケットの男性がウバメガシの梢を見上げていますよとの
ことなので、枝被りが気になるが一緒に撮影。

ubame1
ウバメガシの枝上で虫らしきものをつつくキバラガラ

ubame2
同上

bati
誰かがつくった水場に現れたキバラガラ、暗くてSSが上がらない

stage-anti1
前回も撮影したフェンスの柵越しショット1

stage-anti2
前回も撮影したフェンスの柵越しショット2

stage-anti3
前回も撮影したフェンスの柵越しショット3

stage-anti4
前回も撮影したフェンスの柵越しショット4
この柵越しショットは鳥までが近すぎて最短撮影距離内にキバラガラが来て
しまい、150~600mmズームレンズでは扱いづらいが完全逆光でも比較的
よく写った方だと思う。鳥の高さが目線に近く、順光なら申し分ない場所。

stage-noon1
正午近くになり逆光の影響はかなりなくなった、柵越しショット1

stage-noon2
正午近くになり逆光の影響はかなりなくなった、柵越しショット2

stage-noon3
正午近くになり逆光の影響はかなりなくなった、柵越しショット3

以上、雄では喉が黒くなる点に着目し、その変化が分かりやすい写真を
セレクトしましたが、確実度は98%ほどで、雌と信じている方にはほら喉
が白くなったじゃないかと言われそうな見え方でもあるので、断定は避ける。
しかし、気分的には状況変化を見てきてオスとの判断でいいと思う。

※ キバラガラ 過去記事 黄色いおっぱい
            キバラガラの眉白斑

大阪におけるキバラガラの観察事例は過去にも1例枚岡といった山地寄りでの
事例で全国的観察例の海岸部の松林付近に多い例からは外れる。以前雑種
ガモのトモエガモ×ヒドリガモの際にお世話になったA氏らの観察例だが、成鳥
オスであるとの説明のあるのを見たが、今回の鳥と同様に先例も第1回冬羽に
相当すると考えられる。           

PageTop

ハシブトガラス

身近な鳥の雌雄を考えるシリーズ その4 ハシブトガラス

都市部では極めて普通なハシブトガラス。
古墳の森にねぐらをとるのは殆どがこの種です。

l-crow-mf
雌雄の比較図があったり、なかったりで恐縮ですが
カラスの雌雄はヒヨドリ同様に紫外線を利用すれば容易に判別できると
考えますが、この種も多くの鳥に共通な頭部の輪郭、嘴のゴツさで識別
可能と考えます。、頭部輪郭は姿勢の影響を大きく受けます。 なので
どんな時にでも、ココを見れば識別できるというものは見当たりません。
自然姿勢で真横を向き特に興奮状態でなければ、額の角度に段差状の
立ち上がりが見られればふつうはオスです。 嘴のカーブや嘴の大きさも
異なりオスでは基部から全体の3分の2ほどまで太さが変わらず急カーブ
した嘴をもつのに対しメスでは全体の3分の1くらいからカーブが始まる
やや細く短めの華奢な嘴をしています。

buto-m
水場のハシブトガラス雄成鳥 2月12日

buto-f
水場のハシブトガラス雌成鳥 2月12日

crow-crowd
2020年12月19日 オオタカ雌幼鳥を取り囲みモビングするハシブトガラス
柵上辺に止まるのはオスが多く、オオタカ周辺はメス、護岸斜面にはオス
が多いように感じます。 護岸上部オオタカの最左にはハシボソも混じって
います。

PageTop