FC2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

白髪鴛

mandarin-ducks5
陸に上がってどんぐりを食べにでかける雄化オシドリ
前回2015年3月30日の記事で紹介したことを覚えておいでの
方もおられることでしょう。これはその同一個体だと思われます。
過去記事 「雄化オシドリ」

mandarin-ducks
岸辺でくつろぐオシドリ達、古墳のオシドリよりドングリを与えられている
せいで警戒心は弱く、かなり接近できる

mandarin-ducks2
左側イチョウ羽は2015年時同様摩耗により失われている。
今回は右側イチョウ羽は残存するも、オレンジ色の体羽を
中心に著しく摩耗しており、この部分の羽質に問題がある
ことがうかがえる。

mandarin-ducks3
オスと並ぶと小さめで色味も依然雌のようにやや暗い色をしている

mandarin-ducks4
外観はオス寄りでも色味はメスに似た部分があるのがわかる

【雄化メスの羽質にしばしば異常が見られる理由】
多くの方達はカモのメスが地味な羽色をまとっている理由を目立たない
羽装により子育て期に捕食者の目から逃れ生存率を高めるためだと
理解していることだろう。無論、そのような理由も考えられるがメラニン
色素の多い羽衣をまとうことで、体羽の耐摩耗性を高め、オスに比し
長期間繁殖羽をまとう必要性に対処しているものとも考えられる。
メスには子育てという大きな役割があり、それを完了するまで飛翔
可能な状態であることが要求され、一時的に飛べなくなる完全換羽の
終了はオスに比べて1ヵ月くらいは普通に遅れる。 それゆえ繁殖地
または中継地で完了するはずの翼羽換羽を越冬地で済ませる越冬地
換羽が見られるのもメスに特有の現象。つまりはメスとして不完全な
ホルモン量でのオス様換羽をするため、自ずと耐久性の低い低メラニン
羽装となるのではないだろうか。

spotbills
同じ池で3本足(リアル真ん中の足あり)のカルガモが観察されたようなので
探してみたが上陸していないと判断できず、見つけられなかった。
この時期、カルガモの雌雄は比較的ペアでいるものは雌雄判断しやすい。
右側がオスで左側がメス。メスの三列風切がグラデーションをかけたかの
ように色ムラが出て、肩羽を中心に羽縁淡色部の幅が広いのだが、都市部
のカルガモはアイガモ等家禽血統の血を受け継ぐものも多く、このオスの
嘴爪が全体に黒い(純粋カルガモは先端のみ)、三列風切後端の白色部が
幅広い(純粋カルガモは後端部に細く白い部分がある)、上・下尾筒が黒い
のがオスの特徴だがマガモ血統が入ると一層黒くなり時にくっきりと緑色の
構造色を帯びる、また肩羽等の羽縁淡色が不明瞭となり体前半部と後半部
でくっきりと黒味が分かれるように見えやすくなるなどの変化が見える。
この個体のように中央尾羽がやや上方にカールする個体もしばしば存在
する。
メスは逆に体前半部と後半部の黒味変化が一様で目立たなくなり、肩羽等
羽縁淡色部の幅が広くなり淡色化が著しくなる。また、雌雄ともに翼鏡上下の
白帯がマガモの影響で出現あるいは、マガモより狭い白帯となるなど翼上面
パターンにも変化が出るのが普通。 これらのことも考慮して雌雄を識別する
とよりカルガモが身近に思えるかも。

スポンサーサイト

PageTop

行列のできる排水管

岸和田市のため池で観察されたメジロガモ雄1年目冬。
池干しとカワチブナ水揚げ作業により近隣の池に移動。
(写真はすべて1月末に撮影)

nyroca1
伸びをするメジロガモ

nyroca2
腹面の羽ばたき、幼羽が確認できる

nyroca3
この一年目冬、成鳥なみの美しい赤褐色をしている

nyroca4
ホシハジロ雄2羽と共に

nyroca5
このメジロガモ、人影が途絶えると排水管に入る

pochard-grebe
カイツブリやホシハジロも入る

night-heron
ゴイサギも入る

coot.jpg
出てきたオオバンは小魚をくわえている

確認できた鳥種はユリカモメ、コサギ、ゴイサギ、オオバン、カイツブリ、ホシハジロ、
キンクロハジロ、メジロガモ。皆ここが恰好の食事処と認識している様子。
直径50cmほどのおそらく池の水位調整用のオーバーフロー用排水管。そこに
適度な水位の水があって暗く、小魚やエビなどが集まるようだ。 ヒトが通る度に
出てきてはまた入るを繰り返し、付近では常に順番待ちの鳥がいた。

grebe
なので、小魚を咥えて飛び出すカイツブリが何度も見られた

grebe2
なかにはドジョウを咥えて腹面滑水するカイツブリも

nyroca-and-hybrid
2013年に近所の池で見つけアカハジロ幼鳥として公開、のちに
それはおかしいと強く訂正を求められてメジロガモ幼鳥としていた
個体の成長した個体と考えられるカモがこの池で観察されていた
らしい。これはその方の写真から雰囲気を描写したもの。(右側)
嘴がやや基部で厚く、脇に白色部が存在、頭頂形状が左にいる
メジロガモほど盛り上がらないことから雑種雌成鳥だとわかる。
当時直後にアカハジロ要素は否定できないとアカハジロ×
メジロガモ雌幼鳥と記載した通り、アカハジロ×メジロガモ雌成鳥
つまり、当時近所ではメジロガモ雄幼鳥、アカハジロ×メジロガモの
雌雄幼鳥が観察され、秋にはメジロガモ雌幼鳥が観察された。

PageTop

オナガガモ南下と雑種増加

 昨日は久しぶりに5時前に起きて湖北の水辺へ。
目的はすみれやカモの話題で何度かメールのやり取りをした
経験のある方がヨシガモ×オナガガモ雑種オス成鳥繁殖羽の
画像を2月下旬に撮影、アップされていたのでその観察のため。
残念ながら初めて訪れた地で自身5種目のオナガガモの絡んだ
雑種との遭遇は叶わなかった。
自分の興味で外出するのは、気分転換ともなって好天も手伝って
野の花や雪をいただく伊吹山の姿に癒されたが、帰ると地獄。

母は準備した食事はすっかり忘れて、無理やり湯を沸かそうとして
帰宅するとモウモウと室内に煙。留守中は火が使えないようにして
あるものの、カセットコンロでやかんを火にかけ空焚きしてる。
音も聞こえにくければ、匂いも味も感じない人間が火を使おうと突然
思い立つのが恐ろしいところ。言いつけを理解してもらうなんてのは
認知症の母には無理。炊飯器もコメを研ぐボウルも隠しておかない
と一日のうちに5回でも6回でも炊飯しようとして、今研いだコメの
ことはすっかり忘れて次のコメを研いでる。怒ると自分がなぜ怒られ
ているのか理解できず、異常なのはお前やと話しにならず。
こんな状態が日常的に続くと、いつ突発的に母を殺してしまいたいと
思っても不思議ではないのが怖い。

tealtaimale
コガモ×オナガガモ オス成鳥繁殖羽 2018年01月12日 京都市

baikaltail-male
トモエガモ×オナガガモ オス成鳥繁殖羽 2018年2月6日 香川県

wigtail-male
ヒドリガモ×オナガガモ オス成鳥繁殖羽 2018年12月14日 三重県

mallatail-male
マガモ×オナガガモ オス成鳥繁殖羽 2019年2月5日 新潟県

なぁーんだ、オナガガモと言っても全然尾は長くないじゃないかと思う方が
いるだろう。その通りでここに紹介したオナガガモ雑種は母がオナガガモ、
父はそれぞれ別のカモなので基本的に尾の長い雑種はいない。
もっともこの推定は私が基本とする推定となるので、最後のマガモとの
雑種のように長めで上方にカールした尾羽となることもある。

 高病原性鳥インフルエンザの脅威が話題になって久しい。 北海道や
東北地方でハクチョウの渡来地として餌付けのなされていた場所がこの
インフルエンザ報道を受け一斉に餌付け自粛をした影響で、積雪や結氷
の影響のない関東以南に越冬地のシフトを起こした。人間活動に大きく
影響されるのが常なのが野生動物の宿命とはいえ、思慮に欠けた行い
だったことは疑いの余地がない。大きく移動したオナガガモは国内では
東部(北方)型分布を示すカモであったため、比較的西日本で記録される
ことの多いヒドリガモやヨシガモと越冬域が大きく重ならず、これまでは
雑種の記録が少なかったカモ達である。 それがオナガガモの越冬地
シフトによって大きく影響されたこともまた紛れもない事実である。

PageTop