をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

アジサシの方舟とアカシオと

蜃気楼ともや(haze)、環水平アーク、シギチと赤潮およびアジサシ、ハシボソミズナギドリは
時期的に似通った出現時期を示す。
そのため、私にとってはこれらのひとつでも確認できれば連鎖的に他の項目を思い浮かべずには
いられない。

akashiwo1
5月21日 泉大津市沿岸部 公表データよりヘテロシグマアカシヲ(オ)による赤潮

akashiwo2
Heterosigma akashiwo 赤潮を引き起こす原因植物プランクトンの一種。夜光虫も同様。
沖の方で波が立つと赤潮でローズピンクの波頭が見えた。
4月に貝毒(二枚貝が特定プランクトンを捕食・蓄積することによってもたらす麻痺性毒素)が
発生、アサリやカキ、トリガイやアカガイの採取・出荷規制が行われた際に水質が向上したため
皮肉にも赤潮が減り、貝毒が増加した旨の新聞報道があった。 専門家による見解のため一側面
としては妥当な表現だろうが、総合的に判断して大阪湾の水質がとても良くなったとは思えない。
このような報道をはしょり読みして大阪湾の水質がいいと考えるのはやや短絡的過ぎる。

tern1
赤潮の沖を眺めていて気付いた漂流物で休息する鳥。アジサシのようだ。

tern2
じわりとこちらに流されて来る

tern3
どうやらトロ箱ふたの方舟に9羽のアジサシ

tern4
岸に近づくと私の影に警戒したのか5羽になってしまった

tern5
とうとう岸壁傍の消波ブロック付近まで流されてきた、赤潮に合流する

tern6
あまりに岸に接近したため残りの5羽も飛び立つ

堺市でのアジサシ4画像に続く

つづきを表示

PageTop

PCハードトラブル

購入後3年を経過したパソコンが突如不調に見舞われました。
換気口にパンフレットが偶然に張り付きしばらく気づかなかったため
内部部品の冷却が不完全でおそらくグラフィックカードが損傷したものと
考えられます。ハードのトラブルであるためにOSの再インストール等の
対処は無効で、モニターの電源が突如として省電力モードに移行したり
正規の解像度表示ができなくなったりします。
普段から更新のペースが遅いので、あまり関係ないですが、修理や新規の
買い替えには時間がかかりそうですので、お知らせします。
(当日午前、一時立ち上げ時記載)

データ類は基本的に全てセカンドドライブに記録しているので、OS以外
一時保存ファイル類を予め外部ハードディスクに移行させましたので
保存データの損失はありませんでした。
本日夕方にはグラフィックカード互換品を購入、基板を交換した上で
OSのクリーンインストール、WINアップデート、サービスパック適用
ウィルス対策ソフトインストール、頻回の強制終了を実施したのでチェック
ディスクを実施して5千円かからずに復旧しました。
永年家族の介護をしている上に、状況的に働きながらの介護は不可能なので
親の年金に依存している・・・いわゆるパラサイト状態ですから日常の小額
出費でも頭が痛いわけです。先日も30年使い続けたTVが故障してネット
オークションから2千円で後継中古機を入手。不幸は続く?
                        (当日午後復旧時記載)

今回発生した現象は最初再起動の指示もしないのに、省電力モードからの
復帰時ログイン画面が表示された。
翌朝使用時にモニター画面の反応が悪くなったと思ったら、急に画面が粗く
なり画面解像度変更が不能となった。 このときタスクトレイ内の画面表示
ソフトのアイコンはおそらく消えていただろうが、折りたたまれていて気づく
ことはなかった。
このあと「モニターディスプレイのドライバーをインストールしてください」
やモニターメーカーの「正規表示解像度に設定してください、現在の解像度
をサポートしていません」という内容の英語メッセージが頻発したかと思うと
起動不能に陥ったり、画面が突如省電力モードから復帰しなくなったりと、
モニター画面関連の不具合が頻発した。マザーボードかグラフィックカード
の不具合が予想されたので、基板の清掃・冷却を実施後再起動するとほぼ
元通りの動作に移行したものの、画面解像度の変更はできずにいた。
ここにきてグラフィックカードの故障がもっとも考えられると判断してPC
ショップまで部品を買いに出て店員さんに互換パーツの確認をした。
その際、店員さんは持参したカードをざっと見て「コンデンサーが吹いて
いますね。」と教えてくださった。なるほど!とうとう不具合の原因が完全に
判明した。

g-card
問題のグラフィックカード メーカー名およびシリアルナンバーは画像変更済

condenser
手前左側2本がブローアップしたコンデンサー、右後方のコンデンサーは正常

コンデンサーの液漏れが見える(上部の塗料のようなもの)、頂部が盛り上がる
のはコンデンサー故障の外観変化。
右後方コンデンサーのように頂部は平坦でなければいけない。
徐々にモニターパフォーマンスが低下したために気づかなかったが、コンデンサー
不具合は以前から少しずつ進行していたようだ。
今回のようなコンデンサー吹きは一部パーツで結構よくあるらしいので起動時に
不再現の異常がある場合には本体基板のコンデンサーチェックが必要かも知れない。
                          (6月23日午前追記)


PageTop

「鳥」とシラサギ

大正十四年九月二十九日、我が鳥見フィールドに近づいた男は、眼前の野原に散らばる白い大形の
鳥を南海高野線を走る列車の車窓越しに注意深く見ていた。

男の名は榎本佳樹(えのもと よしき)当時、高野山中学に勤務しながら淀川河口のシギ・チドリ
を観察するためよく南海高野線を利用し、中百舌鳥駅付近でシラサギ類が多いのを知っていた。
彼はそのことを日本鳥学会の学会誌「鳥」第25号に報告したのであるが、見かけた白い鳥を
軽率にコモモジロ(チュウダイサギ)と断定したことを後悔して「鳥」第26号において新たに
「大仙陵付近のサギ類偵察 」と題する雑纂を投じたのであった。(昭和3年9月) 注・1

私が生まれるずっと以前のことであるので、付近の様子は想像がつかないのだが、当時仁徳陵
(大仙陵)には万羽規模のサギ類の集団営巣地があって付近の農地や小川や池には多数のサギ
が飛来していたものと考えられる。私が生まれてからしばらくの間もその営巣地は存在したが
付近の宅地化や農地の大規模改革、強力な市域拡大策により大阪万国博覧会が開催された年まで
には消滅してしまったようだ。
幼い頃国鉄阪和線百舌鳥駅を過ぎて間もなく見える松の木上のサギの巣とポツリ、ポツリと白く
見えたサギの姿は今も遠い記憶の中に残っている。

後年、この付近にシラサギが多かったことに因み、新しく建設された公団住宅名が白鷺団地と
なり、新駅も白鷺駅と名付けられた。
百舌鳥駅、鳳駅(JR)や中百舌鳥、百舌鳥八幡駅(南海高野線)と狭い範囲に鳥に因む地名が
多い理由のひとつとなった。
百舌鳥はモズで百舌とも鵙とも書くので読みが漢字名より少ないというのは、ハゼ(魚類)等
でも知られることで、唯一鳥の種名です。
鳳は大鳥大社に依るもので日本武の白鳥伝説の白鳥を意味すると考えられるが、鷲鷹や伝説上
の霊鳥を意味する場合もあり、定かでない。

白鷺駅の北東には大泉緑地公園があり、山岸哲 氏(前山階鳥類研究所長、元日本鳥学会長)が
ここを舞台にモズの調査をして『モズの嫁入り』(1981)-大日本図書を著し、百舌鳥の地名
についても触れている。
また、かつて堺区大浜公園に存在した国内初の本格的水族館であった堺水族館は初代日本鳥学会
会頭の飯島魁 氏が設立と管理を担当するなど、堺と日本鳥学会の縁は意外に深い。

榎本氏がサギ類を観察した当時と現在とではその種構成に大きな差が見られ、全体的には減少
傾向にあるサギ類にあって著しく減少し府内での繁殖すら一時見られなくなったチュウサギの
繁殖の衰退と現状を見るにつけ、記録を残すこと、科学的に事実を検証することがいかに重要
かを知ることができる。東日本大震災や十津川の大水害を先人は記録して後世に伝えていた。
記録は活用されなければ意味がない。

im-egret
堺市東区農耕地上空を飛ぶチュウサギ-9月上旬

次回以降、鳥学会誌「鳥」に見られた野鳥と当地で観察された鳥との縁について少し触れる。


注・1
榎本佳樹 氏については日本野鳥の会大阪支部の ・「野鳥便覧」を読む に詳しい
ただし閲覧はpptファイルなのでマイクロソフトのパワーポイントまたはその互換ソフトか
パワーポイントビューアがインストールされている必要がある。

PageTop

nifty大阪光回線

先月来、一部の画像掲示板にアクセスできなくなっています。
この記事はホスト単位の巻き添え拒否の実態を探ろうとするものです。

一時的なことなら時折発生しますが、今回のものは大規模・長期の様相です。
どなたか同じ環境で同様の現象を経験されている方がいらしたら、お教えください
アクセス拒否あるいは原因不明の転送を受けるものは以下の通り。

jpdo.comドメイン全体へのアクセス、(画像掲示板、サービス内容全般)が
楽天ブログへリダイレクト
net4u.orgは画像掲示板のみへのアクセス、表示はError 403で妥当

当初、自PCが古いパソコンでサポート切れに由来する、セキュリティーバッチの問題か?
と考えウィルス、スパイツールの侵入も疑ってみましたが、該当はなく、種々の事情を考慮
して新PCに入れ替えました。 結果は何も変化なくアクセス拒否、不正転送は解消せず。
いきさつはなかりんさんの「なかりんの掲示板」スレッドNo.4978にあります。
http://www.onsenfan.com/bbs/index.htm?uid=nakarin3

この件に関し、自加入のプロバイダーNifty、転送先の楽天ブログサポート、掲示板運営の
jpdo.com/jpdo.netやnet4u.orgは回答拒否または自社責任でないと返答しています。
個人で調査するにも限界があり、IT関係で詳しい方がおられたら情報をお願いしたいです。

なお、net4u.orgは現在掲示板のアクセス自体は許可され閲覧可能です。書き込みのみ
現在も継続拒否中のようです。
一般にアクセス制御を実施した場合、荒らし対策やスパム対策で一定期間、特定のIP
アドレスの者が規制される事実は認識しています。(Error 403などと表示)
今回の件は長期にしかも結構な数の巻き添え拒否を含むと思われますので、その実態
を把握したいと考えています。私が遭遇した規制では最大・最長・悪質なものです。
この記事は問題解決まで当面トップに表示します。

PageTop

画像認証コメント

コメントを投稿頂く際に画像認証機能(任意の数字画像指示)を追加しました。

最近スパムコメントが再度増加し、皆様には御不便をおかけしますが、
見苦しいアダルトスパム排除のため、やむを得ず設置しました。
コメントの禁止ワードやIP制限が限られたものであること、管理者による
認証制では大きなタイムラグを生ずることなどが、設置理由です。

PageTop