をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

大阪湾蜃気楼情報

梅雨が近づき、最近は晴天でも午後南風が吹き、蜃気楼の発生が成立しにくい
状況になっておりました。昨日からまた蜃気楼の出やすい条件が整い、昨日は
夕方になって、本日はお昼ごろから蜃気楼が見られやすい状態になると予想
されます。

PageTop

2km先の蜃気楼

※ 上位蜃気楼の発生するのに必要な最短距離は従来4~5km
程度と言われており、今回の観察結果は視点高度が低いといった
条件を加味しても、事実はそれを大幅に下回ることが確認できました。
そのため福島県猪苗代湖等の近距離蜃気楼に懐疑的な意見よりも
実際的な観察の蓄積の有無が大事だと考えています。
伴氏の琵琶湖での事例では5km程度に上位蜃気楼が見られる。
「蜃気楼のすべて!」で木下氏解説では4km程度とされている。
星氏の解説による田沢湖春山から姫観音の観察と思われる2.3km
の短距離蜃気楼報告があり、今回の観察はこれをさらに0.5km程
下回る距離での観察となった。

先ごろ4月19日から4月22日は好天に恵まれ、春特有の穏やかな
晴天となったので、何れの日も上位異蜃気楼が観察できた。
今年は2012年以来の蜃気楼の当たり年のように感じていて、自身は
既に何度も大阪湾で上位蜃気楼を観察している。 大阪湾の蜃気楼は
その存在が知られるようになって、新聞報道もされたのだが、その後
新たな観察者による情報はほとんど得られず、十分な理解が浸透して
いないように感じる。
一方で岡山県瀬戸内市での観察写真や三重県四日市市での確実な
観察情報が得られていて、個人的には香川県でJR予讃線乗車中に
詫間付近から瀬戸内海の上位蜃気楼を見ている。 またその後発行
された「蜃気楼のすべて!」 日本蜃気楼協議会 には千葉県の例が
紹介されているし、茨城県での観察例も報告されている。  まだまだ
知られていない蜃気楼スポットは存在するものと思うし、ここなら出現
が期待できそうだという場所は多い。

smirage-fishingpie
神戸市垂水区塩屋漁港東岸下の海岸から見た須磨海づり公園の桟橋
4月20日午後3時半頃 Mapionのキョリ測で2kmと表示される。
正方形の土台が消えて、支柱が伸び桟橋が紙のように薄くなっている。
後方に見える神戸スカイブリッジも存在がわかりにくくなっている。

port-liner
同じ場所から見た神戸スカイブリッジの変形を海釣り公園桟橋越しに
見たもの。こちらは10km以上遠方の変化。 形状や距離から考えて
琵琶湖大橋の蜃気楼変化と同様な変化が見られるものと考える。

kobe-airport
当日午前10時頃から午後5時頃までの神戸空港の見え方変化
午前中は護岸の波消ブロックの伸び(画像1.2)が見えていたが午後に
なると手前に発生した逆転層の影響で建物下部が著しく縮み(画像3)
その後は空港島の建物が2像化して分離(画像4)し、建物全体が縮み
(画像5)高さがなくなって、やや縮んだ状態ながらほぼ復元した。(画像6)
以上の観察は視点高度が海抜1mの場所から。


concerto
垂水区平磯緑地で午前中に観察したレストラン船コンチェルトの扁平化
舳先が薄くなってバランスの悪い姿に見える。

daihatsu
ダイハツ自動車の自動車運搬船ダイハツ丸
コンチェルト同様舳先がスプーンのように薄くなって見える
左の建物は対岸のりんくうゲートタワービル
                       以上視点高度約4m 

以下の画像は再び視点高度1mの場所から
2-ships
倒立画像が上に乗る典型的上位蜃気楼 2像型の漁船
右のほうに見える黄色の物体は同じく倒立像と繋がった航路標識
更に右の水平線上に見える白い建物は関西電力南港発電所煙突

towering
伸びあがった天然ガス運搬船

mix-ships
左:マルキン醤油運搬船の賀茂丸 ジョーズの口のような3像型に
中:やや扁平化した2kmほど先の漁船
右:10km以遠の船は4像化して見えていた
蜃気楼発生時は近景・中景・遠景と程度の異なる蜃気楼像が混在
して見えるのが面白い

 これまでは大阪南部からの観察が主であったため、大阪湾の蜃気楼
観察適地という観点からはなかなか評価できなかったが、蜃気楼発生
は午後からのことが多く、その点では観察対象物を順光条件で観察が
できる神戸、明石、淡路島からの観察に利があると言える。
その理由は上の観察写真でお分かりのように逆転層が黄ばむことなく
対象が比較的クリアに捉えられること、対象物の細部がつぶれにくい
ことなどで、20km以上離れた場所では黄変帯として見えることはある
ものの、大阪側からの観察より蜃気楼が見易いと言え、これまで抱いて
きた推測が正しかったと言える。このような地の利プラス砂浜等、障害
物に左右されることなく海辺に接近できる場所が兵庫県側に圧倒的に
多いというのも理由のひとつ。これは行政の考え方の違いなのかなと
諦める部分も多々存在する。

【視点高度】 この条件は蜃気楼像を観察する上でとても重要であり、
特にダルマ太陽の撮影をされる方には是非知っていていただきたい事実。
カメラレンズの光軸高さや観察者の視点高度は低ければ低いほど良い。
低いほどダルマの土台は大きく写り、上位蜃気楼は近接してダイナミック
に見える。ですから岸壁での立位撮影より、砂浜に座り三脚は開脚して
撮影する方が有利です。同じ理由で高所からの蜃気楼観察は不利ですが
遠景蜃気楼に関しては20m以上の高所からでも普通に観察できることが
あります。 但し、砂浜での観察は干満の知識を充分に活用し事故のない
よう心がけてもらいたい。

PageTop

泉大津大橋より

カモやカモメの季節は最終盤となり、市街地付近では一部のコガモを残して姿が見られなくなった。
しかし河口から海岸付近には依然としてかなりの数のカモが滞在、シマアジも通過を終え、残るは
カルガモの繁殖、家禽系マガモがよく目にするカモとなる。過去5月ごろに観察が多いナンキンオシ
ぐらいは運が良ければ遭遇の機会があるかも。

この時期恒例の大阪湾の蜃気楼。大阪湾の蜃気楼の特徴はこれまでの観察から比較的高さのある
構造物で観察されることより遠距離型あるいは厚逆転層とでも呼べるものかも知れない。
それはある程度高所、つまりは橋上、ビル高層階、高架鉄道より観察される機会も多く視点位置に
よる影響の出やすい蜃気楼像とはやや異なる印象がある。魚津や琵琶湖の蜃気楼より広範囲に
分布する逆転層により観察者自身が逆転層内部より観察する機会が多く(当然のことながら密度の
異なる物質を透過した光でないと屈折しない=同一逆転層内から観察した光景は変形しない)遠景
に観察できる現象であると共に上位蜃気楼に気づきにくい要因となっているのかも知れない。

akashi-brg
4月26日午後5時頃に泉大津大橋上より撮影した明石海峡大橋

akashi-closeup
上画像の一部拡大
1、明石海峡大橋淡路島側、岩屋付近の島影に角状突起が見られる
2、明石海峡大橋淡路島側メインロープ裾に逆転層境界に沿う変形
3、明石海峡大橋橋桁中央部が逆転層上縁方向に延びて厚くなり、境界部に虚像が出現

tower-town
明石方向市街地の拡大画像
逆転層に沿って等高の建物群が見えるがこれは蜃気楼によるタワーリング現象
重機が見えているのはお隣の汐見にあるフェニックス泉大津処分場

この先の人工干潟ではこのところキリアイ、ヨーロッパトウネン等が観察されている。

PageTop

蜃気楼と雲頂フラッシュ

遅れていた父の退院が認められ、先週末に久しぶりに父帰る。
ふつう、長く自宅で介護していると入院といえば羽が伸ばせる・・・
とんでもない。入院は自宅では対処しようのない医療行為に限定して
仕方なく病院に預けるもので、処置が正常に行われているか常に気に
している必要があって、不安この上ないのである。
今回も退院時期は最悪のタイミングで許可され、自宅到着時38.1℃の
発熱、低血圧傾向、嘔吐気味で週末休暇不在の主治医に薬剤処方の確認
ができるわけでもなく2日間の長い夜を眠れずに過ごした。

さて、6月の蜃気楼発生回数は記録的に多く、海岸からの観察時間が
とれなかったものの、本日も間違いなく観察できたものと考えられる。
晴天もしくは明るい曇天ならば風向き次第でほとんどの日で観察可能
でした。

mirage130629-1
6月29日 日没前に自宅付近高所より見た淡路島の島影 霧のような逆転層が島影下部に
滞留しているのが見える。 同じような逆転層は須磨~明石方面でもよく見られ、これが
大阪湾で蜃気楼が発生しているかの大きな目安となる。

mirage130629-2
同日、午後4時ころの明石海峡大橋 主塔から垂れる傘状のメインケーブルに歪みが見え
大阪湾の上位蜃気楼の存在を知る上で最も頻繁に起きるサインにひとつ。

mirage130629gf
昨年グリーンフラッシュはそう珍しいものではありません・・・そう記事にしましたが、
この雲頂フラッシュ(クラウドトップフラッシュをこう呼んでいいのか?)や山や建物に
隠れて水平線や地平線よりやや高度の高いところで消失していく太陽の辺縁はしばしば
緑色になります。緑閃光を見る際に要求される要素は太陽が地上付近のエアロゾル等光量
を減じる要素に遮られることなく沈むことです。 また、しばしば蜃気楼と強い関連性を
併せ持っています。これも6月29日日没時に自宅付近より撮影したものです。

PageTop

二層構造の明石海峡大橋

今季の蜃気楼観察は意外に早く3月12日、香川県でのことでした。
以前から明瞭な逆転層さえ見られれば、蜃気楼像が見られる可能性が高い・・・そう考えていた。
カモ雑種の観察がクビワキンクロ雄第1回繁殖羽の発見につながり、それが香川県での蜃気楼と
いう可能性の高い逆転層観察へと繋がったわけだ。

以後、4月は気象条件的に蜃気楼が見られる状況になりにくく、4月末を待たねばならなかった。

mirage-bridge0509
リサイズのみの画像、撮像素子のゴミ除去等未処理。 逆転層による多像化で橋げたが二重に
5月9日 泉大津市より

mirage-ship
兵庫県芦屋市沖を航行中のさんふらわあ 舷側の太陽が伸びあがりで変形している
また客室部分が扁平化して縮んでしまっている 5月20日 泉大津市より

その他にも上位蜃気楼の観察できた日はありますが、あらためて記事にします。

【シギチ】
今季のシギチ移動のピークは過ぎ、特に南の干潟は急にさびしくなった

【ハシボソミズナギドリ】
5月14日頃から5月19日にかけて見られたハシボソミズナギドリ
28日の火曜日にかけて第2波が見られるだろうと考えている

PageTop