をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

大和川のイカルチドリ

昨日のカモメ観察帰途に見かけたイカルチドリ
これまで最も下流で観察したのは河口からの距離標5.6km地点、JR浅香駅付近
ところが、今回は一気に2kmほど下った阪堺線鉄橋と南海本線鉄橋の中間点。

long-billed-ymt1
イカルチドリA 大和川砂州

long-billed-ymt2
イカルチドリB 大和川砂州
昨日は3羽見かけた。つい一ヶ月ほど前30羽ほどのシロチドリの群れを観察した場所

淀川上流部、木津川ではチドリ3種が繁殖した場所があり、山岸氏らが2007年熊本鳥学会
大会で発表した「河川物理がもたらす砂州の砂礫分布から見たチドリ類3種の共存機構」に
あるように営巣に適した砂礫があれば、同所的繁殖も可能なイカルチドリ。、
河口特に海岸付近でイカルチドリが繁殖する例は泉南市・阪南市境に河口をもつ男里川等山地
から海岸への距離が短く、河口砂州と砂礫の混在した南部河川では見られるものの、大和川や
淀川では河口付近での観察例は越冬期においても見られない。一般に礫質環境を好むと考え
られているイカルチドリだが、水の抜かれた冬季のため池においては泥濘地でも普通に観察され
2年連続で観察されている岸和田市久米田池のハジロコチドリのそばにはいつもイカルチドリが
見られる。それほど珍しいわけでもないシロチドリの遡上とイカルチドリの河口進出は今後も動向
を見守りたい。

red-br-merganser-castle
この冬はウミアイサが大和川の河口よりかなり上流域、あるいは淡水域でよく観察されている。
スズガモ等の海ガモが時折内陸の淡水域で観察されるのは、寄生虫、傷病、体力低下等で
荒い波に耐えて採餌しなければならない環境を避けているのかも知れないが、実のところは
どうなんでしょう? 大和川を遡上してきたオオハムが落鳥した例が最近ありましたから。

画像は大阪城東外濠、1月17日撮影のウミアイサ雄成鳥繁殖羽 昨年12月29日には
我がフィールドの履中陵でも雄幼鳥が記録されている

PageTop

大和川12月17日

先日12月17日、川での観察でコガモ雄化を見つけた日に再会があった。
過日のアメリカセグロカモメか否かは不明だが、一見して黒っぽくべたっとした
幼鳥が目に入った。

american-flying
上空を舞うアメリカセグロカモメ幼羽~第1回冬羽移行中

american-fly
飛び立つアメリカセグロカモメ

american-tail
尾羽は尾筒を取り巻くように基部までほぼ黒い

american-upperwing
初列風切内側のウィンドーも翼の展開状態によって明瞭に見える

fly-vega-american
前を飛ぶセグロカモメの外側尾羽基部が斑紋状であるのに、アメリカセグロカモメでは全体が
ほぼ黒い。オオセグロカモメではここまで黒くなく体型・初列の突出が異なる。
また、初列風切の内弁・外弁の濃淡差が大きくスリット状の風切に見えるのもオオセグロの特徴。

3-1w-gulls
3種並んだ第1回冬羽移行中の幼鳥たち

vega-american
前がセグロカモメ、後ろがアメリカセグロカモメ幼鳥

siro-ooseguro
オオセグロカモメの淡色タイプや春の褪色・摩耗個体はシロカモメやワシカモメに似る
但し嘴のパターンや他の要素が異なる

siro-america
シロカモメと並んだアメリカセグロカモメ。肩羽には幼羽の鱗模様が残存している。

siro-fly
シロカモメ寄りの雑種では嘴の黒とピンクがくっきりと2分しない。この幼鳥は問題ない。
最近琵琶湖で滋賀県初記録というシロカモメ第1回冬羽個体が観察された。この個体で
ある可能性もあったが、この個体は25日の日曜日にも確認されており大阪湾南部個体と
同一ではあっても、滋賀個体とは異なると考えるのが無難なようだ。

PageTop

アメリカのカモ去りカモメ来る

前回アメリカヒドリ雌幼鳥の近況報告をしたら翌日から行方不明。
3日連続で不在のため一時的な不在ではなさそう。
その代わりというのか、川にカモメ観察に行くと常連のワシカモメより
目立つ暗色で初列風切・尾羽の黒い大形カモメ幼鳥発見。
オオセグロカモメ暗色型幼鳥とアメリカセグロカモメ幼鳥は良く似ているが
過去に観察した経験からアメリカセグロカモメ幼鳥として良さそう。

smith-1w-leftside
体下面はべたっと暗色、初列・三列風切の黒さはオオセグロにはない黒さ。
額のやや低めなことや初列の突出はアメリカセグロカモメとして矛盾しない。

smith-1w-play
小枝を咥えて遊ぶ。砂州では多くのカモメ達が小道具で遊ぶのが見られる。

smith-strech
尾筒には横斑が見える

smith-1w-crying
2声ほど叫んだ。

smith-1w-starttofly
さあ、助走して飛び立ち

smith-1w-fly
尾羽のバンドも幅広い

glaucous-1w
本日で3度目の観察となるワシカモメ幼羽から第1回冬羽移行中個体

glaucous-1w-sleep
砂州に飛来しても寝ていることが少なくない

glaucous-with-vega
奥の水中左側がワシカモメ幼羽から第1回冬羽移行中、右側がセグロカモメ第1回冬羽

glaucous-1w-wingflap
水浴び後砂州に戻る

glaucous-1w-fly
アメリカセグロカモメより先に帰っていく

今期コグンカンドリ、アカアシカツオドリ、オニアジサシで湧いた川はカモメ類も好調。
モンゴルやセグロの飛来も早く、河川敷が工事中にもかかわらずカモメ、ウミネコ、
ユリカモメ、ズグロカモメ、ミツユビカモメ、オオセグロカモメ、タイミル系カモメ、
ワシカモメにアメリカセグロカモメと種類も多く面白い。

※ アメリカセグロカモメを判断する際に観察される翼パターンに初列外側と内側の濃淡差が
挙げられる。オオセグロカモメでは初列風切全体に内弁・外弁の濃淡差が見られるが、
アメリカセグロカモメではP5~P10辺りの初列が概ね黒く、P1~P4辺りが淡色で抜けて
見えることから、コリンズの「BIRD GUIDE」ではwindowと表現されている。 なお注意すべき
濃色の幼鳥であるホイグリンカモメあるいはタイミルセグロカモメのホイグリン寄りの個体で
この部分は白く抜けて見えず初列風切全体が暗色に見える。 12月20日画像追加
smithsonianus-window

PageTop

1羽やないネン

年末から気になっていた池のシギチを3日連続で観察した。
池の水はすっかり干上がって、カワチブナの水揚げも終わっている。
気になっていたのはハジロコチドリの換羽進行状況と複数羽いるらしいヨロネン。
やっと付近のオシドリ、シギチの観察が終わったら今度はパソコンの作動不良。
母の具合に加え自身の健康状態悪化・・・いいことなしの年末年始からやっと
復調の兆しが見えてきたと思っていたら・・・パソコンの電源が反応しない。
少し前から何度か電源ボタンを押さないと立ち上がらなくなっていて、昨日画像
データをすべて外付けディスクにバックアップした直後、完全に立ち上がらなくなり
夜勤明けの今朝からパソコン内部の点検、結果CPUクーリングファンの冷却フィン
に大量の埃が絡まってファンが停止寸前。冷却ファンを取り外して掃除機をかけて
元に戻し電源ボタンを押したら無事作動しました。普段通気口周りしか見ていない
自分の安直さに反省することしきり。

3stints-plover
池底に少し残った水溜りに来るヨーロッパトウネン3個体とシロチドリ 1月20日

3stints
上記画像個体の飛び立ち直後の画像

A-upperwing
上の画像一番左個体のクローズアップ (A)

B-upperwing
上の画像中央の個体、クローズアップ (B)

C-uppewing
上の画像右の個体、クローズアップ (C)

Dstint
D個体、1月21日

BandC-stints
左(B)、右(C)個体 1月20日

BandC-stint2
左(C)、右(B)個体とハマシギ 1月21日

BandC-stints3
左(B)、右(C)個体 1月21日

B-back
B個体は頭部の副眉斑とともに背のV模様が鮮明

C-back
C個体の背にはV字状の模様はほぼ見えない

尾羽からの初列風切先端の後方突出、雨覆、三列風切、尾羽の軸斑の濃さ、脚の長さ等より
上記3個体は全てヨーロッパトウネンと考えて矛盾しない。
また敢えて言うならばA個体は成鳥オス、B個体は第1回冬羽オス、C個体は第1回冬羽メス、
D個体は成鳥メスの可能性がある。

rabbit
付近のオシドリ池の隣にあるミカン畑で見たノウサギ。冬毛でも茶色く白くならない。

greenfinch
干上がった池底にチドリ類やセキレイとともに彩どりを添えるカワラヒワ
大半は冬鳥として飛来する亜種オオカワラヒワ

PageTop

冬の返り咲き

viola-winter
ノジスミレ 堺市西区 本日

コスミレやノジスミレ、タチツボスミレのなかには真冬に花を咲かせているものがある。
アスファルトと歩道の隙間、土の地面が全く見えない幹線道脇に点々と確認できた
ノジスミレ。返り咲きが比較的多い海辺の土地面と比べると、たった一株だけでしたが、
背筋を伸ばしてスックと冷たい空気の中で咲いている姿が印象的でした。
遅い返り咲きと言うのか、超早咲きと言うべきか・・・。

PageTop