をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

カモの疑問5.雑種の水面採餌ガモ ~マガモ

雑種シリーズ最終回はこれも見かける機会の多いマガモXカルガモです。
マガモと思われる交雑にはアヒル・アイガモとの交雑も視野に入れる必要があります。

マガモ
マガモ
12月初旬、公園のマガモ。先頭を泳ぐ中形のヨシガモよりやや大きい。
概ねスマートな体形(姿勢にもよるが)で背と水面は平行~尻下がりに見えることが多い。
お尻も小尻で尾羽は天を向かず、30~45°くらいにとどまるようだ。体側を横に貫く
(実際には縦になるが)焦げ茶色の帯が明瞭。背と胸この帯、尾筒以外に暗色部はない。

アオクビアヒルとアイガモ
アオクビアヒルとアイガモ
マガモとほぼ同時期に撮影のアオクビアヒルとアイガモ。
元々、食肉や繁殖用の家禽なのでかなり大形なものからマガモ大までサイズは色々。
模様や色も様々ながら、大形のマガモの印象を受ける。
尾羽は天を向く傾向にあり、お尻が大きい。体羽にも褐色部の多い・少ないが様々だが
マガモのようなすっきりした焦げ茶色の帯は明瞭でないことが多い。

芦ヶ池のアイガモ
芦ヶ池のアイガモ
一昨年のアイガモ夫婦。マガモより少し大きいだけだが、首・頭部が太い。
メスの嘴の色もこのような肉色~黒、マガモメスタイプと幅広い。

マガモ似の雑種
マガモ似の雑種
最近見たやや暗色に見えるマガモ。嘴の黄色部分が広めのカルガモタイプの嘴。
画像処理すれば過眼線などが浮かび上がるが、緑色光沢に隠れて判然としない。
頭央線に光沢はなく、中央尾羽もややカールしている程度。

中間型雑種
中間型雑種
頭部に緑色光沢のあるカルガモ様の頭部、胸はマガモの影響を受けた赤味があり、
羽衣は中間タイプ。尾羽のカールは少ない。嘴の黄色部分は大きい。

カルガモ似の雑種
カルガモ似の雑種
かなりカルガモに似ているように思えるが、角度により後頭部に緑色光沢が出ること、
嘴の黄色部分が広いこと、中央尾羽がややカールしていることなどで雑種とわかる。

交雑の疑いのあるカルガモ(左)とカルガモ
交雑の疑いのあるカルガモ(左)とカルガモ
左のオスは中央尾羽がややカールしており、顔から胸が赤味を帯びる。
雑種の孫世代以降であるかも知れない。

カモの交雑を取り上げてきたが、一般によく言われるように雑種が頻繁に誕生している
訳ではないと思う。マガモベースの雑種は色々報告されているが、とりわけカルガモは
国内で繁殖し、一部繁殖しているマガモと生活の場を共有している事が多い。
一方他種との交雑となると目撃頻度は格段に低下する。その一因として考えられること
はカモが母系社会を中心に成立していることにあるように思われる。繁殖地で母カモに
育てられたヒナはやがてその種の群れに入って暮らすことになる。仮に母カモがオナガ
ガモであればオナガガモの群れに入って渡りをすることとなるだろう。そう考えると、「件
の雑種ができやすい」という理由はかなり矛盾した屁理屈であることが分かる。

また種によっては潜水採餌ガモと水面採餌ガモが交雑したり、属の異なるホオジロガモ
とミコアイサの交雑といったものまで存在するようだ。しかしオシドリなどに代表される
ように他種との交雑例がまず見られないものもいる。交雑しやすい比較的近縁の種だけ
に目を向け、その下層世代までひっくるめて多いと感じているのはある種「偏見」じみて
いるのではないか。種は違う分類だが、人間界の有色人種と白色人種ほどの違いでは
ないのか・・・そうも思えてくる。一部のカモが交雑しやすいのを全てのカモが乱交の末
次々に雑種を誕生させていると考えるのはあまりにも飛躍した結論だろう。
事実迷鳥のメジロガモや稀なアカハジロに遭遇する方が特定の既知の交雑種を観察
するよりずっと簡単であることが情報の面からも納得できる。

この一年なにやら分からぬ記事にお付き合い下さった皆様、ありがとうございました。
来年も懲りずに既成概念に束縛されず、かと言って独断ではない記事を心がける
つもりでおりますので、どうぞ宜しくお願いします。 良いお年をお迎え下さい。


PageTop

カモの疑問4.雑種の水面採餌ガモ ~アメリカヒドリ

今回の記事はどうまとめようか思案しましたが、説明は少なく
写真をとりあえず見比べていただくことにしましょう。


まずは純系と判断したアメリカヒドリの画像。
アメリカヒドリ 枚方市2006年2月初旬
アメリカヒドリ 枚方市2006年2月初旬
アメリカヒドリ 大阪市2007年11月初旬
アメリカヒドリ 大阪市2007年11月初旬
アメリカヒドリ 兵庫県2006年2月下旬
アメリカヒドリ 兵庫県2006年2月下旬

次に頭部のアップ画像、上とは別個体。
アメリカヒドリ 頭部 2006年2月大阪市
アメリカヒドリ 頭部 2006年2月大阪市
アメリカヒドリ・オスの外見的特徴はヒドリガモでは灰色に見える体部の殆どがブドウ色と
表現される色から褐色に見える微細な波状紋で覆われていること。
頭部には勾玉状の緑色光沢部があり額から後頭に至る薄い黄白色帯があり、頬は黒点を
散らしたようなゴマ斑が黄白色~薄い褐色の地に散在。体型・嘴はヒドリガモに酷似。
ただし嘴基部には頭部と接する部分に黒い縁取りが見られるのも特徴のひとつ。
ヒドリガモの腋羽が灰色であるのに対し本種は雌雄共に白いとされる。 実際のところ
多数が見られる本来の生息地での観察経験がないので「多分」ということになる。

アメリカヒドリ型雑種
アメリカヒドリ型雑種 2006年2月兵庫県
アメリカヒドリ型雑種 2006年2月兵庫県

中間型雑種
中間型雑種 2007年1月中旬白鷺公園
中間型雑種 2007年1月中旬白鷺公園

ヒドリガモ型雑種
ヒドリガモ型雑種 2007年3月大阪市
ヒドリガモ型雑種 2007年3月大阪市

上記雑種は体部のブドウ色が全体に及び頭部がどちらの色似かで便宜上分けたものです。

これらアメリカヒドリ系交雑種には明らかに観察場所により
多い・少ないが明瞭に分かれる。
外観上雑種の疑いが濃い個体の一群には純系アメリカヒドリ
あるいは一見してその雑種であると判断される個体の混在
が目立つ。

ヒドリガモ
ヒドリガモ 2007年12月下旬芦ヶ池
ヒドリガモ 2007年12月下旬芦ヶ池
正直言って純粋のヒドリガモというのも、良く見てみると少ないのではないか?
個体変異とか個体差もあるのだろうが、クリーム色の帯が頬にはみ出す個体や
異様にに黒斑の多い個体(頭頂、喉、胸に多い)、喉が黒い個体、クリーム色帯
のない個体や濃色・淡色の個体など千差万別でどれが一体標準なのか悩める。
ここに挙げた個体もそういう意味で典型的かどうかはわからない。

次に体部がヒドリガモ型の雑種について、つづきであと少し。

つづきを表示

PageTop

今シーズンの百舌鳥古墳域のカモ事情

私の観察しているカモたちは百舌鳥八幡宮を中心にほぼ2km半径区域内
の古墳や池に飛来している鳥を対象にしています。
とは言っても頻繁に見ることのできる近所とその周辺域では自ずと観察頻度
が異なっており、今シーズンたった一度だけの場所も含まれます。

概観
今シーズンを特徴づける出来事は3つ。

一つ目はコガモが多くの場所に進出する兆しが見受けられること。
東京の都市公園で発生している事情と逆行しているようだが、暫く様子見が必要。

二つ目はヨシガモの目撃される場所・個体数が著増したこと。
従来より飛来している芦ヶ池には例年12月がもっとも早期、数羽程度の飛来で
あったものが10月中旬飛来、平均7羽程度が常時滞在。最大飛来時12羽。
またこの池を昨春より水源とする仁徳陵外濠にもヨシガモの群れが滞在中。

三つ目は仁徳陵外濠のカモの種類が増えたこと。
これは工業用水の導水から芦ヶ池貯留の深層井戸水導水に切り替えた影響と
考えられる。この変化は試験導水を始めた直後から現れ、過去にはほぼカルガモ
のみであった外濠にはマガモ、ホシハジロ、コガモ、ハシビロガモ、ヒドリガモ、
トモエガモ、ヨシガモなどが姿を現すようになった。
元々古墳域では給餌地域に多いオナガガモ・キンクロハジロは少数種。



大津池-ただ一度のみの観察
例年に比べカモの数が少ないように思える。ここで確実に見られるオナガガモも
見かけなかった。ただもっと観察頻度の高い狭山池にもまだ飛来していない様
なので、まだ先のことかも知れない。

白鷺公園-数度の観察
カモが飛来しはじめた10月に入って観察し始める。例年飛来する交雑アメリカヒドリ
が見られず、ヨシガモも飛来が遅れたが11月に入ってニサンザイ-芦ヶ池経由と
履中陵-芦ヶ池ルートで成鳥・若鳥オスの2羽が滞在中。パンに馴れているため、
ヒドリガモと競って至近まで来る。なかなか聞くことのできないオスの鳴き声だが、
近くではしっかり「ピュルル、ピュルル」と聞こえる。ユリカモメが混じるときには接近
を避ける傾向にあり、観察のタイミングを計るのが良い。ゴイサギのコロニーのある
小さな芦の小島付近でマガモと共に休息している。
白鷺公園のヨシガモオス第一回繁殖羽
白鷺公園のヨシガモオス第一回繁殖羽
白鷺公園のヨシガモオス成鳥
白鷺公園のヨシガモオス成鳥

成鳥と若鳥の頭部の光沢・三列風切の長さを見比べて欲しい。
今年じっくりヨシガモを見る機会に恵まれ、エクリプスとメスまたその他変化を観察
できたのが大きな収穫。成鳥は例年の個体と推定できるので3年以上経過している。

大阪府立大学構内園池-一回のみの観察
白鷺公園からニサンザイ古墳へのルートをショートカットする際に使用する構内道路。
園池はやや縦断道路からそれるためこれまでも殆ど立ち寄ったことがない。
ただ以前は葦の海と化していた池の葦が刈り取られてまばらになり、これではカモ
の身を隠す場所がないなぁと実感。この中に潜んでいたカモたちが今期周辺部に
場所を移した可能性も否定できず。

ニサンザイ古墳-今期は10月以降7回程度
オシドリは例年通り飛来しており、定住組が安定して30羽あまりが滞在中。
ミコアイサのオス若鳥を含む数羽が飛来。一羽は継続滞在中。
例年の種、マガモ・ハシビロガモ・ホシハジロ・ヒドリガモに混じって結構多くの
コガモが墳丘周辺に滞在中。一過性の出来事と考えたが飛去せず。
ニサンザイ古墳のコガモ
ニサンザイ古墳のコガモ
マガモ・オシドリは頻繁にドングリを食べるのに潜水するが、コガモは潜水しない

御廟山古墳-数回の観察
従来半々程度の勢力であったカルガモ・マガモの比が崩れカルガモかなり減る。
昨期なにやら水質実験や葦の植え込みなどをして水位も下げているようだが、
もひとつ目的がわからない。オシドリのいなくなったここはなにやら寂しい。

芦ヶ池-頻回の観察
他の場所に比べて早期(9月中頃)からカモの飛来が始まり、10月末にはピーク
に達した。一時200羽を越えるカモで池全体が狭そうに見え、そんな中にヨシガモ
も飛来してくれたのは幸運だった。他所までヨシガモのエクリプスを見にでかけた
のに、結局近所で全て観察できた。これらカモの早期飛来にはアイガモファミリー
の存在が影響したのではないかと考えている。というのはこの池は中島を持つ池
ながら規模が小さく、中継地点としての役割が大きいと考えられるから。ヨシガモ
も飛去・飛来を繰り返し現在も7羽程度滞在中。

仁徳陵-数回の観察
例年観察できる種を越えて、カルガモ・マガモ・ホシハジロ・コガモ・ハシビロガモ
ヨシガモが滞在中。ヨシガモは旧白菊高校、現大仙高等聾学校横水路上の濠で
最も広くなった部分で観察できる。1週間より少し前から最大でオス4メス5の群れ
が見られた。
仁徳陵樋の谷古墳付近のヨシガモ
仁徳陵樋の谷古墳付近のヨシガモ
2羽のほぼ換羽終了間際の若オスと1羽のエクリプス4羽のメスが見られる。
後方はホシハジロ。

木っ端で休むコガモ
木っ端で休むコガモ
同じ場所の木っ端には並んで休むコガモが5羽。

イタスケ古墳-数回の観察
種は例年と変わらずコガモが大多数で次いでカルガモ、マガモ。
墳丘周囲で休息していたコガモは上野芝寄りの住宅境界部に密集。

境界ブロック上段で休むコガモ
境界ブロック上段で休むコガモ
境界ブロック下部水際で休むコガモ
境界ブロック下部水際で休むコガモ

履中陵-10日程前から頻回の観察
奈良及び周辺の飛来状況、仁徳陵東内濠のオシドリ状況からトモエガモの飛来が近い
ことを予測していたら3日後の約1週間前から4羽のトモエガモを確認。昨年は妙に人馴れ
したメスが一羽のみの飛来だったので期待していた。10羽を越えるミコアイサもおり、オス
も多く見応えがある。トモエガモは前回飛来時同様飛翔能力の高い40羽程度のオシドリ
の群れと共に行動している。ただ警戒網を利用しているだけで、採餌行動は別。マガモ、
カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、ミコアイサを巻き込んだ一斉潜水による採餌行動
は一見の価値アリ。黒い実、多分ドングリを食べているように見える。
水面採餌中のトモエガモ
水面採餌中のトモエガモ
風で水面に散ったアキニレの実をマガモと食べるトモエガモオス成鳥

トモエガモオス2羽
トモエガモ オス2羽
西側くびれ部分のブッシュが例年のオシドリ・トモエガモ飛来地。
西側水面を行き来することはあっても、多数飛来がない限り、他のカモのように濠の別
場所に移動することはせず、狭い範囲の移動にとどまる。
左のほぼエクリプス状態のオスを含むオス3、メス1が滞在中。
メスの目より下から喉にかけては色が白い。オスは全体に暗色、顔も黒く、目の下に
薄く下へ伸びる黒線があり肩羽がやや長く、尾羽両サイドなどに橙褐色の線が出て
いることが確認できる。


12/29追記
昨日28日の雨の影響か
芦ヶ池に永らくとどまったヨシガモは全数一時飛去しました。
周辺部の草刈りが実施され、見通しが利くようになったのも理由?

履中陵には28日雨が降る前にトモエガモのオス1エクリプス1追加飛来。
合計6羽で従来から10日ほど安定滞在している4羽と共に今後が楽しみ。
6羽になったトモエガモ

6羽になったトモエガモ

PageTop

カモの疑問3.雑種の潜水採餌カモ ~アカハジロ

カモの交雑種に関する疑問を種毎に3~4回に分けて記事にする。
連続してアップするかは書きかけの他記事もあるので未定です。

雑種のカモをテーマとする上で押さえておくべき事項は多い。
先行する他のサイトの記事を批判、訂正をせまるのでなく持論です。

●エクリプスを含むカモ説明用語をかなり知っていないとハナシにならない。
●換羽にまつわる羽衣変化を雑種と思いこんでいる方は結構多い。
●マルガモといった特殊な言葉を用いながら、実はアヒル系交雑カルガモだ
といった観察不足に由来する思いこみミスはベテランも含めて見受けられる。
●雑種を云々する際、繁殖地での混在がしばしば言われるが、越冬地である
日本において繁殖(交尾)は始まっている。したがって、越冬地である日本で
の混在状況も少なからず考慮すべきものと考える。
●移動経路や種毎の交雑し易さには歴然とした相違がある。これらを踏まえた
上で孫世代以降の存在の可能性も視野に入れあらゆる可能性を探るべき。
●形態学的分類には所詮限界がある。限界を見極めながら推理を巡らすのも
また楽しい。
●一般的にカモはカモ科のガン類、白鳥類と違い家族単位での行動はないと
されるが、身近なアイガモを観察する限り、家族内の小単位で移動する。
当該雑種以外にも十分周囲を観察すべきだと思う。
●雑種の表現形は両親のどちらかに似るタイプと中間型を考慮すべき。


初回はアカハジロ系交雑種。
とはいってももう一方はメジロガモ・ホシハジロだと推定している。
どういうわけか大和川を挟む支流およびその先の池ではアカハジロ観察事例
が多い。メジロガモはやや北の淀川水系近くにも過去に飛来しているが、
ことアカハジロ及びその交雑種は奈良~大阪大和川周辺での記録が多い。

アカハジロ交雑種-大阪の頭部
アカハジロ交雑種-大阪、2005年12月下旬
アカハジロ交雑種-奈良の頭部
アカハジロ交雑種-奈良、2007年11月下旬
ホシハジロ-堺の頭部
ホシハジロ-堺、2007年12月初旬

以上の画像は片親のアカハジロ、ホシハジロ似の交雑種を欠いたオスの頭部画像です。

大阪の交雑種-2007年ガンカモ調査ではアカハジロとして記録
虹彩の色は純系と同じく白、頭部は尖頭形(三角オニギリ形)。
赤褐色の地色に後頭部から襟足にかけて緑色光沢。
嘴の配色は純系と同じ嘴爪のみ黒色周囲を取り囲むように白色部があり、
その他は鉛色。注目すべきは頭部と嘴の大きさとバランス。アカハジロの
画像がないので判りにくいが厚みがなく、頭部に比べて小さい。
嘴と虹彩の色、全体の雰囲気からするとメジロガモとの交雑も濃厚。
ただし、どちらの種も希なのでケージ内飼育下交雑など人為的要因も
考慮する必要が考えられる。
その後のネット情報によればアカハジロXメジロガモの組み合わせが確認され
多くはないが、この種の自然交雑種の存在が確信できた。2009年6月追記


奈良の交雑種-2007年11月奈良野鳥の会公開探鳥会で記録
虹彩の色は白と濃橙色の中間の薄橙色。この中間色の成因は
アカハジロの白色虹彩上にフェオメラニン粒子が粗に分布している
ものと考える。同様の変化はゴイサギの婚姻色時期の虹彩と幼鳥
であるホシゴイに類似変化を見ることができる。遺伝と虹彩の色の
変化については多くのサイトで具体例が記されているので、興味の
ある方はご覧になってください。
キリヤ化学 Q&A http://www.kiriya-chem.co.jp/q&a/q51.html
理科ねっとわーく コンテンツ
http://rikanet2.jst.go.jp/contents/cp0040f/contents/high/eye_02/relat03.html

チョコレート色の地色に後頭部緑色光沢。頭部は大阪個体同様尖頭形。
嘴の形状は厚みがあって大きいアカハジロのもの。配色は見事に折衷タイプ
で嘴爪より横に大きく広がった先端黒色部、ただ境界線が斜めに切れている
のと接する白色部がやや不明瞭な点でアメリカホシハジロの嘴と同パターン
ではない。また嘴基部側にも鉛色とは言えない不明瞭な暗色部がありこの
範囲はホシハジロの嘴基部の黒色部と概ね一致する。

ホシハジロの群れに混じって行動する交雑種
ホシハジロの群れに混じって行動するアカハジロ交雑種
遠目にはホシハジロメスのトーンによく似ているが、頭胸部のチョコレート色が目印。


大阪個体の羽ばたき
大阪個体の羽ばたき-2005年12月下旬
奈良個体の羽ばたき
奈良個体の羽ばたき-2007年12月初旬
ホシハジロ-奈良の羽ばたき
ホシハジロ-奈良の羽ばたき2007年12月初旬

大阪・奈良の交雑個体にはアカハジロ譲りの翼の白帯があります。
ホシハジロには一様なパターンで白帯はありません。
嘴下の腮の白斑については奈良個体、ホシハジロが点状に確認できる。
大阪個体を若鳥と判断している方がいらっしゃるが、この写真時点で既に
2シーズン目、3シーズン連続飛来しており腹部の褐色度合いを見ても
若鳥であることは明白に否定できる。奈良個体にはやや褐色味があり
2年目程度の個体ではないかと推定できる。
詳細は続きでご覧下さい。


つづきを表示

PageTop

今後の方向

シマアジの記事をアップした時点でハッキリさせておくべきでした。
経験の浅いアマチュアの鳥見人が扱う内容としては荷の重い記事になります。
ブログで扱うより専門サイトで扱う記事のようにも思えます。
これまでも、これからも多分タイムリーなというより、自身の知識の整理の場
としてこのブログ記事をゆっくり書いていくことと思います。
計画的に毎日更新することはまずないと思いますが、残り少ない年の瀬、外は冷雨
「また、ややこしいことを!」と思いながらでもつき合って下さる方がいると幸せです。

東京、不忍池で「餌やり防止キャンペーン」なるものが井の頭公園から飛び火して
都の旗振りの下メディアを巻き込んで展開されたらしい。一部では関西のニュース
でも流れ、「カモの名前すら知らないオジサンが東京のカモは太って飛べん!」とか
言って話しかけてくる。みだりに野生生物に餌を与えることに関しては弊害あっても
利はなしと考える方が大多数であろうから、冬季といえど節度ある行動は必要だ。
しかし、その理由がいかにも胡散臭い。メタボなカモは飛べません。繁殖地に行かず
カルガモ等との雑種をつくる。など・・・聞き捨てならない理由が並ぶ。これらに反論
して自ブログでこの件に異論を唱えているのは鳥類画家の氏原氏親子他数えるほど
でしかない。これまで都市開発で水鳥たちの生息場所を奪い、戦後の精神安定剤的
に水鳥ほか動物に率先給餌してきた公の立場の人たちが税金を使って遂行すべき
作業とは到底思えない。そもそもが井の頭公園の自然観察の該当ページの自然に
対する視点の未熟さ、掲示板の投稿徹底削除といった行動が多くの方にどう見られ
ているか考えての行動なのだろうか。結果とは観察の上にヒトの数だけ徐々に構築
されていくものであって、ある特定のヒトたちの理念を他人に強制する運動ではない。
今年は食品の世界で「偽」が大流行した。しかしそのことがバレた経営者たちは全て
大きな痛手を受けた。このキャンペーンが耳元に届くたび、当の彼らは処分されない
のか、事実の検証なくデマを流布したメディアは「あるある~」のようになくならないの
だろうか? イヤイヤ懲りない面々は依然多方面に存在する。

PageTop