をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オスとメスのあいだ ~雄化を探る~

今回は写真ではなく、文字の羅列による記事となります。
青字に関しては私自身の推論によります。

雄化を考える上で、まず考えられるのはホルモン、つまり内分泌異常でしょう。
「男と女のあいだぁには♪ 深くて暗い川があるぅ♪」 黒の舟歌は、そう歌う
しかし、生物全般で見てみれば我々の感覚を飛び越えて、オスからメスへ、
メスからオスへ容易に変容してしまうものも珍しくないし、そもそも単為生殖に
よって増殖し、オス・メスの明確な役割をもたないものも少なくない。

【ヒトと鳥類の性染色体とホルモン】

ヒト(哺乳類) 男(オス)XY、 女(メス)XX
鳥類         オスZZ、    メスZW
哺乳類と鳥類ではホモ、ヘテロの関係が雌雄で逆転している

哺乳類では精子が鳥類では卵子が性決定の鍵を握っていると
考えてよいだろう

また、鳥類の雌性生殖腺は多くの場合、飛翔に備えての軽量化
の意味合いからか左右不斉発育となり右側卵管、卵巣の発達は
発生の早い時期で停止し、左側卵巣・卵管のみが発達する
翼を持たない鳥、キウィでは両側の雌性生殖腺が発達する事実
はこれを裏付ける

鳥類は卵巣先熟による雌性ホルモン・・・エストロゲンによって
本来の性である雄化を抑制していると考えることもできる
つまり卵巣の退縮や卵巣の損傷は、たったひとつしかない雌性
ホルモン、エストロゲン産生能を低下させ、本来性の隠蔽作用を
失った結果、オス様外観を呈するようになる。

また、このような考えから性ホルモンの増減は様々な部位に
外観上の特徴を形成する。羽衣の形状、色、嘴の色として
表現される。エクリプスや雌の換羽、幼鳥の外観もホルモン
作用の一環として説明されても、何ら不思議はない。

従来から報告されているカモの雄化個体はマガモ属に多く
一定の外観上の特徴を有する。

○ 嘴の外観はメスの特徴を有する
○ 頭部はオスそのものかよく似た外観
○ 体部の羽衣は雌雄折衷ながらメスの影響が強い
  または、波状紋の羽縁が粗く太く黒くなったりする
  ものの、外観は個体差が大きい
○ 属の異なるオシドリでは、その外観から雄化個体
  との呼称は用いられず、雌雄中間個体との表現が
  用いられているようだが、オスの外観の嘴・雌頭部
  以外に明瞭に雄化を否定する要素は見られない。
  嘴の赤いカモのグループはやや特殊な傾向にあり
  他種との交雑がないなど、マガモ属とは単純に
  比較できない要素をもつものと考える。
  ちなみに雌化したカモの正式な報告は耳にした事
  がなく、雑誌 Birder 2007年11月号の叶内氏
  の「オシドリの雌化?」個体の記事くらいなので、
  その根拠が知りたいところだ。

以上の外観上の特徴に加え、性染色体W上の遺伝子
がヒドリガモ、ホシハジロの部分白化と強い結びつきが
あるものと考えられ、頭部周辺の部分白化個体を見る
と、これらの発現はメスに特異的に起こる。
逆に言えば白いアイリング、眼後方の部分的白化、喉
の白化は非繁殖期における雌雄判断に有用となる。

【雄化の原因】
1.狩猟による致命傷とならない卵巣の損傷による性腺機能喪失及び低下
実際に性腺切除で雄化することが確認されている。

2.老齢化によるホルモンバランスの崩れ
ネット上で参照できる瓢湖捕獲雄化オナガガモの剖検結果から、年齢差に
よるホルモンバランスの崩れは否定できるようだ。(年齢に関係なく発現)

3.内分泌攪乱環境の影響
a..一部の化学物質は性ホルモン類似物質として作用する

b.単位面積当たりの生活空間の過密によるストレス
 個人的にはこれらの影響が最も強いものと考える。
 ヒトにおいてもストレスはテストステロン産生を抑制し、
 精子数の減少やインポテンツの原因たりうることが
 報告されている。企業コンプライアンスの低下や役人
 の不正が従業員の立場を過度の不安やストレスに
 晒し、結果うつや一時的凶暴性を示す若年層が増加
 していることとも無関係でない。これらの改善が少子
 高齢化の改善に寄与することを認識してほしい。
 カモの場合、海ガモの淡水域への進出、ため池埋立
 等の理由による内陸水面の面積減少、大量餌付けに
 よる狭水域への集中飛来が多数派の陸ガモ生息に
 必要な個々の生活水面域の減少を引き起こしストレス
 となって、エストロゲンの分泌抑制、卵巣退縮に関係
 している事が強く疑われる。
 事実、雄化個体が多く見出される水域は瓢湖・不忍池
 など餌付け・餌やりの顕著であったところが多く含まれ
 この点では餌やり禁止に一理があると言える。カモ種
 においてはその存在個体数、集中飛来する傾向の強い
 ものに雄化が多いことも、これを裏付けるものと見て良い。



スポンサーサイト

PageTop

変かもヒドリ、変化も気取り

変カモ
このカモは一体?





変かも-前面
これ、実はメスのヒドリガモ雄化個体なんです・・・個人的独断で断定
このカモを見た途端昨年の疑問の多くが霧が晴れたように解消しました。
まるでパネルクイズでキーパネルをゲットしたかのように、漠然と頭の中
にあった知識が、まるでシナプスが見えるかのように、点と線で繋がった
そんな気がしました。

変かも-斜め後方
いつか、この目で、明白なカモの雄化個体が見たい・・・そんな夢が叶ったのは数日前。
ところが、本当は既に目撃していました→「カモの疑問 2.」
いつもの芦ヶ池でカモを見ていると、子供さんを抱いたお母さんがパン切れを投げた。
すぐに多数のヒドリやハシビロ、アイガモが寄ってきたが、その中に混じっていた。
残念なことに、換羽などを見たいと思っていたにも関わらず3日で抜けてしまった。
カモの雄化個体についてはネット検索でオナガガモ(有名)、コガモ、マガモなど
がすぐにヒットするがコガモの画像は知人が撮影したものだった。
意外にも多くの種で雄化は見られるようだが、外観には一定の規則性が見出せた。
それら、気づいたことは後日紹介するとして、このカモに生殖能力はないのではと
考えている・・・そんな理由の一端をトンボで見てみる。

シオカラ雄タイプ連結
これは最近公園で偶然居合わせた方に教えてもらい撮影したシオカラトンボ連結の画像。
ムギワラトンボと呼ばれるベージュ色がオス色に変化したメスとの連結シーン。

シオカラ雄タイプ連結解除
連結を解除したオス型メスは連結・解除を繰り返してはヒメガマの茎で休息。
オスは産卵に誘導しようとしてか、周囲を飛び回るが、メスはなかなか応じない。
メスの尾毛は白くて大きくよく目立ったが、オスの腹端黒色部は薄く身体も小さかった。

シオカラ雄タイプ打水産卵
とうとうヒメガマの根元でオスに見守られ、オス型メスの打水産卵が始まった。
一連の行動から生殖能力があるようには見受けられた。
どちらも雄化と言えそうだが、発生の仕組みは違うように思えた。

PageTop

今期のカモ 2.

私がカモ観察している場所の第二報

メインフィールドの百舌鳥古墳群から
以前から思っていることだが・・・
「百舌鳥古墳群」は世界遺産の登録に向けて広くアピールしている
はずなのに、その名前自体、市民ですら「中百舌鳥古墳群」だと
勘違いされている方は多い。 地下鉄と南海高野線の駅名が存在
するとは言っても、中百舌鳥は百舌鳥の一部に過ぎない。
驚くべきことには大阪府立大学の学部PRにもこの名称が登場する
くらいだから、やっと実地調査の始まったことと言いなんだか不安。

【履中陵】
なんと例年のオシドリ・トモエガモの越冬ポイントの葛や下草が刈り
取られ、つくり出し部分が坊主状態になってしまった。 唯一遊歩道
の設置された陵北西角のセイタカアワダチソウはそのまんま放置され
視界はまるで無い。まるで観客席だけの劇場のよう。
堺市の公園の一部にはこうして何の前触れも説明もなく放置や撤去
されているところがいくつか存在する。
おかげでオシドリは水位の低い水際に出ず、樫の木の奥に上陸して
おり、観察は例年にもまして困難。マガモがずいぶん増えた。

【大仙公園】
途中立ち寄った大仙公園のグワショウボウ古墳の傍の木にはエナガ
の群れが忙しく飛び回っていた。カモのはなしではないが、いっしょに
いた幼鳥がとても愛らしく手の届きそうなその場所から、連れて帰り
たくなったほどだった。

【いたすけ古墳】
コガモの数は更に増え、一部はもうはっきりとオスであることが判断
できる外観になっていた。タヌキは2-3頭ほどしか見えない。

【御廟山古墳】
居付きのアオクビアヒルが他のカモの来ない岸辺で淋しそうにガーガー
鳴いていた。墳丘周辺の表層3カ所と一部墳丘にトレンチが掘られ黄色
ヘルメットの調査員が表土の取り除き作業をしているのが見えた。

【ニサンザイ古墳】
オシドリは20羽前後でほぼ安定。先日のオナガガモはすぐに居なくなり
マガモやコガモも多数が入ったが通過が多く安定しない。キンクロハジロ
も珍しく入ったがすぐに抜けた。ホシハジロやや増加。オオタカ他猛禽も
よく上空を飛び出した。

【白鷺公園】
ここの池は但馬池というのだが、しばしばヒドリガモが陸上で青草を食べて
いるので池の名を使っていない。ヒドリはペアがひとつとあとはコガモそれに
以前大仙公園日本庭園にいたはずの飛べないマガモがここに居た。

【芦ヶ池】
カモの総数は先日来100羽を超えている。 ヨシガモも5羽程度が例年の
夾竹桃下で休息していることが多い。 ハシビロガモは群れで連続潜水
して緑藻を採餌。特徴のあるヒドリが多数いて、例年ここへ飛来している
常連グループが見分けやすい。珍カモも入ったがすぐに抜けたようだ。
この時期、通過でひとときの休息をとっていく者も多い。


次にサブフィールドの【久米田池】

入るシギも最終盤を迎えこの秋のトリはオオハシシギ幼鳥か?
oohasi
後列、右のヒドリガモの右

やっとオカヨシガモを初認したが、エクリプスは全ての個体で抜けていた。
幼鳥オスの換羽もあと少し。10数羽いた。
後列左で首が後ろ向きなのがオス成鳥。真ん中がオス幼鳥、右がメス。
okayosi

シマアジもメスの成鳥 幼鳥が2羽入っていた。画像はそのうちの一羽。
simaaji
カモの総数は約2000羽。
ヒドリガモ>コガモ>ハシビロガモ>マガモ>カルガモ>オナガガモ>ヨシガモ>
キンクロハジロ>ホシハジロ>オカヨシガモ>シマアジ


PageTop

へんてこシロは生きてゆく 久米田池HS.3

今日は趣向を変えて仮想対話方式で・・・

シロは9月に出合ったバフ変カイツブリの幼鳥に私がつけた名前
おっちゃんは私のことです。 雌雄の判断もなしに勝手にオス幼鳥
としたりしてストーリーを展開していますが、特段の意図はありません。

陸で休息するシロ

おっちゃん: おーい、ぼん! 陸に揚がって何してるん?
シロ: ぼん?って、オイラのこと?
    見たら分かるやろ!ひなたぼっこやん。
おっちゃん: カイツブリって潜って餌採って、ずっと水の中にいるやん。
シロ: 見たら分かる思うけど、オイラ色白やろ。
    ほんで、日焼けしたろ思てんねん。
    もひとつ理由があって、ようカモの赤ちゃんって言われんねん!
    ほな、いっそカルガモさんの真似したろか、思ってね。
    こないだも、幼稚園のせんせに「ほら、カモの赤ちゃん!」言われて
    頭にきたさかい、そこんとこ誤解のないようにおっちゃんから言うといてや!

シロと兄弟の羽繕い

おっちゃん: わかった、わかった。それにしても兄弟よりさらに色白やな。
        これからは、シロくんと呼ばしてもらうわ。
シロ: おいらの兄弟は8羽ほどやけど、父さん・母さんとは生まれてから
    しばらくして逢えなくなったんや・・・事故だったみたいやけど・・・。
おっちゃん: そうか、つらい目に遭うたんや!
        羽繕いの格好が道理でカモみたいやと思ったわ。
シロ: そやから、ここでこうして羽繕いしてんのもカルガモさんの真似や。
    オイラの兄弟は皆、水に濡れるのがイヤやから、この目印石から
    上陸して、陸で休息すんねん。 地面はしっとり冷やこいしフカフカ
    で居心地満点やで。
おっちゃん: そんなんしてて潜って餌、採れるんかいな?

シロと兄弟

シロ: 失礼なこと言わんといてや!
    歌舞伎役者の隈取りみたいな模様が顔にないから言うて
    ヒトをいやトリを見くびったらアカンよ。

カイツブリ-魚食

おっちゃん: ああやって、潜って魚を採って食べるのが普通やろ。

潜水開始

シロ: ほな、今から潜ってみせるから、よー見ときや。

泳ぎ-引き寄せ

シロ: 脚の引き寄せは水の抵抗が少なくなるように、グローブのような
    足ヒレは閉じて身体の横まで引き寄せるんや。
    この引き寄せとひざから下のキックが大きな推進力を生むわけ。

泳ぎ-キック

シロ: コレがキックの時の脚の様子や。
    どや!今度は水の抵抗を最大にするため足ヒレは開いてるやろ。
おっちゃん: うーん、ホンマにカエルも真っ青の脚のでっかさや。

泳ぎ-流し

シロ: このキックのあとの脱力時の足も見てみぃ。
    先祖がこのワザを伝授したから北島選手がオリンピックで2連覇できたんや。
おっちゃん: ほぅ、なかなかうまいもんや。
        えっ、デッキをくぐったらもう浮上かいな、えらい早いな。

泳ぎ-戻り

おっちゃん: あれ、あそこで小魚つついてんのは、シロくんの兄弟ちゃう?
シロ: あ、バレたか!水路の出口で小魚を捕ったら、潜る必要ないねん。
    ゴリやスジエビがうじゃうじゃいてるさかい。

水路-餌摂り

おっちゃん: なーんや、そら、インチキやがな。
シロ: おっちゃん、ええ歳こいて青臭いこと言うてたらあかんで。
    生きていくちゅうことは、楽できる時には楽しとかなあかんのや。
おっちゃん: ・・・。
へんてこシロ兄弟の生態はもう少し続きます。

つづきを表示

PageTop

今期の古墳エリアのカモたち

なかなかに記事をアップしないので、カモたちは既に第2陣が到着。
トモエ、オカヨシ、ミコアイサの第3陣を待つのみとなった。

百舌鳥古墳群に最初に入ったカモはハシビロガモ3羽-9月初旬。
途中いなくなったり、戻ったりを繰り返し、芦ヶ池には20+滞在中。
それでは各場所のカモの飛来状況。

【仁徳陵内濠】
先日来マガモが時折見かけられたが、12日の日曜日にオシドリらしき
姿を見かける。コレを機に古墳のカモ見物に出かける。
内濠はアオコの発生が目立ち、ここを経由して観察したと思われるカモ
の腋羽は緑色に着色していた。また、外濠の浮き草もおびただしい。

【履中陵】
同じく12日に数羽のオシドリを見かけたのみで、あとはマガモ、コガモ
ハシビロガモが少数とホシハジロオス1羽。
堤のセイタカアワダチソウ他雑草が伸び放題で数少ない観察ポイント
の足場も雑草と植裁樹木のせいで限られ、観察は至難。今期の観察
は他の場所も含めて多難だと思える。

【いたすけ古墳】
既にコガモの飛来は50羽を越えており、永らくのコガモの飛来地で
あるためか、全個体数に占める成鳥の割合が高い。他にマガモなど。
芦ヶ池のアイガモ♀が一部、おそらく公園課の手により、移動している。

肩羽付近に波状紋の換羽が見られるコガモエクリプス
コガモエクリプス

【御廟山古墳】
大仙公園内の古墳も含め、なにやら周辺を掘り返しての市と宮内庁の調査中。
まるで盆栽のように樹木の張り出しがなくなった墳丘部と杭だらけの工事により
今シーズンもカモの姿は期待できず。それにしても大事な観察場所が3カ所も
理由不明、世界遺産登録の何に関わるかも説明なく現状改変されるのは?!

【ニサンザイ古墳】
こちらも12日頃3羽ほどのオシドリが飛来。
現在は15羽、コガモ、オナガガモ、ホシハジロ各1羽。

墳丘北側の倒木で休むオシドリたち
オシドリ

【白鷺公園】
コガモのみ20羽-、ヒドリガモはまだ見られず、幼鳥が多い。

コガモオス幼鳥
コガモ♂幼鳥

【芦ヶ池】
ここ数年カモの飛来が安定して早くなった。(9月、久米田池への飛来とほぼ同期)
餌付けの影響か貯水の井戸水の影響かよく分からない。
飛来後しばらく警戒心の強かったカモたちも今は間近に来る。

最初虹彩の色だけでは判別しにくかったハシビロガモ♂も換羽が進行したものがいる。
ハシビロガモ♂

マガモ♂幼羽~第1回繁殖羽、色づき始めた櫨の木の下で
マガモ♂幼鳥
嘴峯に黒い部分があって黄色はくすんだ色、体側にV字状の羽が並び、三列風切が尖っている
ことなどがその判断根拠。

10日頃に飛来したと思われるヨシガモメス
ヨシガモメス
三列風切が幅広で灰色部分が多く、喉は白く、胸はうろこ模様などからオス
と考えていました

最近合流したと思われるヨシガモメス
ヨシガモメス
三列風切が黒っぽく、やや過眼線状の顔模様があり、胸の羽がうろこ状でも縦斑状でもない点。

観察地点中最も狭い池ながら、ヒドリガモ20+、ハシビロガモ20+、カルガモ3、
マガモ3、コガモ1、ヨシガモ2と種・数で他を圧倒している。
この池で繁殖しているカイツブリ、バン、アイガモやゴイサギが安心の源なのか?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。