をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

惨禍の記憶

新型インフルエンザについて感じたこと

一般人の私が今回のインフルエンザについて思うことを鳥や植物を見るように綴ります。

新型インフルエンザは本当に新型か・・・違う
国内の基準では法律上も従来の季節性インフルエンザと区別されているが、現状の動向を
見る限り、交差免疫を示唆する所見が多数公開されており、新型とは言えない。

厚生労働省の過去のHIV対策、C型肝炎対策、アスベスト対策等、日本の医療行政は患者
の方を向いていない。一部で強硬に新型を主張する専門家は単純に感染症の何たるかや
現場医療スタッフの混乱を理解していない。

【免疫とは】 自己と非自己を認識すること
要するに病気を引き起こす病原体(抗原)と自身の組織を区別できること。結果、抗体ができる。
または免疫系システムが作動する。

【感染とは】 病原体が体内に侵入すること
感染と発症(発病)は似て非なるもの。当初、政府が実施した機内検疫はこれを混同対処した。
いわゆる国民を安心させるパフォーマンスだったと、内部からも批判された。
この時点で遺伝子検査の予備調査、迅速な病原体検出システムは未整備だった。
少なくとも腸管出血性大腸菌O-157の惨禍を経験した堺市民には感染症の実態を正しく理解
してほしい。

【交差免疫】 本来病原体AにはA抗体、病原体BにはB抗体が1:1の関係で出現するように
理解されがちだが、実際はより適応性の広いA’抗体、B’抗体が産生される。
血中薬物濃度測定などで構造のよく似た薬剤がある程度の率で検出される例はよくある。
これは鍵と鍵穴で説明されることも多い酵素反応でも見られる、生体反応の寛容のひとつ。

ただ、この交差免疫は同じ亜型のAソ連型インフルエンザの局地的流行によるスペイン風邪
の継代免疫なのか母子の移行免疫による過去の惨禍に対する備えなのか理解不能。

【感染の地域差・世代間差】
今回予め騒がれていた鳥インフルエンザの高い病原性と新たに流行し始めた新型インフル
エンザがごちゃまぜに議論されている感があった。 なりゆきから先進国は実際の影響度
以上の過大報道を余儀なくされたのではないだろうか?
メキシコでの感染者・死亡者の報告以来、あっという間に世界中に拡大した感のある今回の
インフルエンザは季節性インフルエンザと同等かそれ以下の致死率であること。若年層中心
に特定世代に広い発症者を出すこと。都市化された大都市圏をもつ国々に発症者が多いこと。
寒冷な気候でない地域でも多くの発症者を出すなど耐湿熱特性に変化が見られること。
一般に生物はその種が存続・繁栄するための潜在能力を秘めている。都市化された地域で
よく言われるアレルギー症状や過度の衛生観念、年中エアコン・空気清浄機(機能差大)に
囲まれて生活している我々に来るべくして来たインフルエンザの変異型では?

【新型インフルエンザへの対処】
これから発生しうる未知の感染症においても基本的な対応は変わらない。
流行期には過労を避け、規則正しい生活習慣、十分な栄養を摂取し、閉鎖された空間での
集会を避けること。 学校・企業等では小分けの授業・仕事の遂行を実施し、一度に大量の
感染者を出すこから来る機能麻痺を避ける管理者判断が必要。
過去の感染症の事実から考えて、いかに強力な病原体でも人類全体が短期間に全滅する
ような事例はあり得ない。 それは彼ら病原体が生存・繁栄していくためには生きた細胞を
必要としているからに他ならない。生き残った者は免疫を獲得して生命を繋げる。

【国がとるべき対応】
現在医療従事者へのワクチン接種が始まっているが、必要量の確保・ワクチンの開発に
多大な経費がかかっている。安全を見越した対処と言えば美談だが、通常の季節性インフル
エンザのワクチンはさほど大量にも接種の義務付けもないので、同等の扱いがベター。
免疫の低下している妊婦や病人などハイリスクグループ優先の体制が望ましいと思う。
いずれにしても、既に相当数の発症者が出ていて、自然抗体の保有者も多いことから国民
全員分を準備、すべてに2回接種する必要はないと思われる。
今後発生しうるインフルエンザ多重感染による変異型の発生には最大限の注意を要する
が、今後のインフルエンザ対策用資金に温存した方が賢明な対処だろう。

どうもマスクの着用といいワクチン接種といい、財政見直しを真剣に考えている国の対応
ではないように思える。鳥や植物の世界でもそうだが、専門家と言われる方々が事実と
異なる情報を流布するこの国の、自然治癒力をおろそかに、殺菌・消毒、抗生剤依存の
医療体制をそろそろ見直してもいいのではないだろうか。
個別の技術レベルで見れば、突出した技量の持ち主も多いだけに残念です。

スポンサーサイト

PageTop

秋空に環天頂アーク

昨日21日は一日中券雲が広がってハロ日和となった。
一般にハロの出現は天候悪化の兆しととらえられているが、この時期
ハロが出現してもやや曇りがちになったり、さっと一雨くるだけで天候
が持ち直すことも多い。 そんなときはハロ観察には好機となる。

環天頂アーク
環天頂アーク

環天頂アークと上部タンジェントアーク
環天頂アークと上部タンジェントアーク

渦巻く券雲と環天頂アーク
渦巻く券雲と環天頂アーク

右幻日
右幻日

天頂環の出現時間帯が早くなり、うっかりしていると見過ごすことが多くなった。
日没にはわずかな太陽柱をともない、本日22日には見事な太陽柱となった。

オマケ
10月4日の月暈
10月4日の月暈

先日の百舌鳥八幡宮の宮出は梅北町の太鼓台を残して帰宅した。
それは月の珍しいハロが出現しているのを知っていたからでした。
帰途、手持ち高感度設定で撮影しましたが、残念ながら見れる状態の写真
ではなかったので、帰宅後の月暈のみ。
月の上部タンジェントアーク(鮮明)、天頂環、幻月、幻月環がはっきり見えました。

PageTop

ヨシガモ飛来

待望のヨシガモが芦ヶ池に飛来。
台風18号の通過を待って、他のカモも一気に増加、40羽超に。
例年、岸和田市の久米田池にヨシガモが飛来後、丁度一か月程度で芦ヶ池へ。
今期は珍しく大阪城でのヨシガモ初認が先行したようで、都市部に飛来場所を
拡大しつつあるように感じる。

ヨシガモ、ペア
飛来直後にして仲睦まじいヨシガモのメス2羽
カモは例年番の相手を変えるという説が極めて有力らしいが、今期もこのペアを
確認できたことで、この説の例外は意外に多いと感じている。
なぜなら、このメスは昨年も飛来し、オスは春先に最大7羽のメスから求愛の
ディスプレイを受けたオスだからである
。なんか随分な思い違いでした。
また、現在飛来中のカモ成鳥はすべて過去芦ヶ池に飛来歴のあるカモ達です。
前でボケて写っているハシビロガモのメス、三列風切の長さを覚えておいて欲しい。

3羽のヨシガモ
3羽のヨシガモ、後方はオス・エクリプス
コガモ同様、尾筒両サイドに白線部分が見られる

ヨシガモメス成鳥
ヨシガモメス成鳥

このメス画像を見て「何か変だな?」と感じられる方はいらっしゃるだろうか。
実は初列及び三列風切があるはずのところにありません。
そのため尾筒が異様に露出して見えて不自然なのです。
前回記事にも書きましたが、繁殖羽から非繁殖羽へは完全換羽でメスの
それはオスより通常遅いのです。
ですから風切羽は換羽中です。
換羽は繁殖地で終了したのちに飛来するとお考えではありませんでしょうか?
海ガモも含めて越冬地である日本に来てから換羽するものもメスには多い
のかも知れません。

アイガモ、メス
繁殖に失敗したアイガモのメスも現在は同様の外観です。

カルガモ、メス
4羽の繁殖に成功したカルガモ母さんも風切はまだ不完全です。
冒頭で紹介したハシビロガモのメスもそうです。

マガモ、エクリプス
前回紹介したマガモ・エクリプスの現在の外観・・・結構換羽が進行しました
三列風切は幼羽の紡錘形状から角の取れたひし形になり、嘴の色も黄色が鮮やか

マガモ、昨年
こちらは昨年のマガモ同一個体、幼羽であるため肩羽や三列風切が尖り気味

昨年・今年の比較画像3枚に続きます

つづきを表示

PageTop

未見カモを推認する

以下の記事内容は記載当時の推測で書きましたので、大変な思い違いであることが判明
しました。
参照した画像のキャプションが間違いであると判断したものが正しく、正しいと考えた
ものが実は誤りであるらしいことが後日判明しました。お騒がせしました。


本日は画像なしの記事ですし、理屈っぽいと言われそうなのですが、興味のある
方はお付き合いください。

ビロードキンクロは私には未見のカモなのである。
このところ、あちこちで見かけるようになった三重のビロードキンクロ画像。
情報源が同じだからなのだろうが、メスのビロードキンクロということらしい。

初見画像の印象は次列の白帯がはっきりしていて暗色なことからパッと見
はなんとなくオスの印象があり意外だった。
その後いろいろ個人的に検討した結果第二回繁殖羽移行中のオスと判断した。

そこで今回はカモの識別プロセスのナゼ?を追ってみた。

【オス繁殖羽でなければ、エクリプスかメスなのか?】
この問題は過去ヒメハジロに絡んでアイポイントでも述べたのだがなぜカモを見るに際し
シギチやカモメで問題にならない雌雄判断が頭をもたげるのか?という点だ。
確かにカモは性的二形がはっきりしている種が多く、そのどちらかに結論を導きたくなる
気持ちもわかるが、鳥全般における観察手順としては幼いのか成鳥なのかだろう。
このプロセスの傾向は初心者のみならず、ベテランバーダーにも言えることなので、
ひとつにはシギチ、カモメほど詳しい識別ガイドが存在しないことも見逃せない要因だ。

【該当ビロードキンクロの画像収集】
当然のことながら羽ばたき画像を含めた多方向からの個体画像が閲覧できた。
今年の8月6日から一昨日までの2か月余りの画像が多数閲覧できる。

【参考ビロードキンクロの画像収集】

撮影時期   場所      雌雄成幼      備考

2006.09   三重県沿岸   オス成鳥      目周囲の三日月白斑なし、瘤小さい
2005.07   三重県沿岸   オス若鳥       アラナミキンクロ?の表示

2008.08   千葉県沿岸   オス成鳥      目周囲の三日月白斑左右不斉、瘤極小
2009.03   千葉県沿岸   オス若鳥      目周囲の三日月白斑なし、白斑小さい

2008.02   北海道浦河   オス成鳥      完全な繁殖羽
2008.04   北海道浦河   オス若鳥      目周囲の三日月白斑なし、褐色味強い
2009.09   北海道浦河   オス若鳥      瘤あり、メスの表示

2007.12   海外  仏    メス成鳥      褐色味が強く、白斑面積が大きい
2008.03   海外  米    オス若鳥      次列風切の白帯が小さく、黒・褐色混じる

上記参考画像から導き出せる外観上の特徴は

・多くの海ガモがそうであるように初年の冬、オス若鳥は外観的にメスに似る
 しかし嘴にやや赤味のある部分が見られたり、頭部白斑が辺縁不明の小さいもので
 黒っぽい褐色の体色。
・若鳥、エクリプスの嘴上の瘤はツクシガモに見られるように大きくない、見られない。
・オス成鳥の次列風切白帯は太く、初列側に広い台形状。上縁が鋸歯状に見える。

総合的に外観を矛盾なく満たす要素は上掲のオス若鳥とした。
淡水ガモのように半年程度で成鳥と変わりなく見えるものもあれば、海ガモ類のように
外観上成鳥と同じ羽衣に達するのに2年以上を要する場合がある。
これらを幼鳥・若鳥と区別する場合もあるが、今回は区別なく使った。
翼上面のパターンが完成するには海ガモ・陸ガモに関わらず一年程度の期間を
必要とし、これらの変化がはっきり出てくるのは生後翌年の3月頃からの場合が多い。
一部の方の記述ではアイサ族の外観による生後一年未満の雌雄判断はできないと
書かれているが、私にはそうは思えない。

【初列風切のボロ羽の意味】

判別要素もさることながら、気になる点が一点。
それは、このビロードキンクロの左翼初列風切のみのボロさ加減。

同じようなボロさ加減が浦河の若鳥でも観察報告されている。
また、個人的に大和川河口の砂州でホシハジロの同様現象に一昨年遭遇した。

今夏、カルガモの幼鳥、メス親、オスの換羽時期を極力観察し続けた。
文献記述の通り、幼鳥、オス、メスの順で換羽が終了した。
そのなかで、風切の換羽は決して左右均等には進行しているようには見えなかった。
風切羽は内側つまり三列、次列、初列の順に換羽する。
しかしいくらかのカモでは右優先の状態で換羽するのが確認できた。
千葉沿岸のオス成鳥の繁殖羽から非繁殖羽への移行では右側三日月斑が左側
に先行して消失、虹彩も灰色になっているのが見てとれる。
多くの記述にあるように傷病でなくとも、このような換羽パターンは存在するのでは?

PageTop

今宵は満月

前回記事の画像1はオス幼鳥、画像2はメス幼鳥、画像3奥はオス幼鳥で
手前がメス幼鳥です。最初の飛び立ち画像の先頭を飛ぶのもオス幼鳥です。


一昨日撮影の布団太鼓、百舌鳥八幡宮の秋祭りの模様

百舌鳥八幡宮はわが鳥見の中心地点にして、中秋には布団太鼓の秋祭りで賑わう。
暦の上の中秋の名月は前日の土曜日だが、日没からの様子が見たくて宮出を見に
行った次第。
中学時代に子供布団太鼓を担がせてもらった。校区の関係で小学校区はだんじり、
中学校区はだんじり、布団太鼓混合圏に住んでいた。
だんじり、布団太鼓どちらがいいとは言えないが、祭りの喧噪・出店の匂いどれも
幼い頃からの記憶に焼きついていて、いいものだ。
見物人の中の肩車された子供たちも、やがて大人になって同じ光景を見るのかも。
写真はすべてハイポイント撮影、リア・スローシンクロ、マニュアル露光で撮影

まずは中百舌鳥町、担ぎ出し
中百舌鳥ー担ぎ出し

百舌鳥八幡の大樟の下を行く
大樟の下で

紙吹雪舞う
紙吹雪舞う

ヨーイヤセー
ヨーイヤセー

練り歩く
練り歩く

飾り房揺れる
飾り房揺れる
続きは時間を遡って、赤畑町、西之町の6画像へ

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。