をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ビロキン、やはりオスでした

多くの方に愛想を振りまいた甲子園浜のビロードキンクロ。
やはり当初よりの予想通りオス幼鳥の判断で問題なさそうです。

今後オスの片鱗を漂わせた嘴の色変化、虹彩の淡色化、アイリング出現、
頭部の白斑縮小等の外観変化が期待できます。
まだご覧になっていない方やどの辺がオスの前兆なのか?といった疑問をお持ちの方は
大阪湾北部の波の穏やかな日で、なるべく午前中の早い時間帯に観察されることをお薦め
します。 波が強いと消波ブロックとの衝突を避けるためあまり近づきません。また午後
は逆光のため細部の観察がし難くなります。 なにより好天の日は観察者も気持ちいい
ですからね。

カモは生後最初に見た動くものを親だと判断して追随する性質があります。
これを刷り込みと言いますが、我々も似たような先入観にとらわれることがよくあります。
今回見られたビロードキンクロも多くの方がその外見からメスと判断しているため、メス
としていない私などはどちらかというと変人、異端の部類です。
図鑑にはメスの頭部には目先と頬に2つの白斑が存在し、嘴は黒いと記されています。
本当にそうでしょうか?
スズガモ属の幼鳥を見た経験や雌雄の頭部骨格差を目にしてきた私にはこの記述がとても
気がかりでした。
それで図鑑の記述を全く無視して、オス成鳥繁殖羽以外の画像の特徴をある観点から二分
してみることにしました。 雌雄推定で当たる確率は1/2などとポケモンいやアテモン
(当て物)の世界ではないのですから(^^ゞ。

その結果外観から成鳥羽と判断できるメスの嘴は黒一色ではなく、時には頭部無斑である
ことも判明しました。明瞭な白斑を有する個体は雌雄共に未成鳥でした。
また、甲子園浜で見られるビロードキンクロの近い将来の画像が北海道海鳥センターの
ブログに掲載されていることがわかりました。
海鳥日記  2009-11-19 にある保護鳥がそれです。
北海道海鳥センター 学芸員Hさんは保護時の画像や個体の雌雄判定の根拠について親切
に返信いただき、最終判断に重要な情報を提供いただきました。(直接に雌雄判定を依頼
したわけではなく、保護鳥の雌雄について教えて頂いただけです。)

以下の画像及び説明は1月31日に追記したものです。

birokin
27日午前に撮影した最近のビロードキンクロ、その後近くへ来ず沖で採餌とのこと
嘴前方部がやや淡色になり、嘴爪後部の縁取りが増加した他、背の黒色羽部分も増加。
足色も暗灰色から黒味を帯びたピンクの足になりつつある。


explain

上で記述したある観点とは頭部形状それに額と嘴端を結ぶラインに着目したもの。
その結果オス幼羽から翌々年の夏の羽(非繁殖羽)程度まではオスの嘴には瘤がないことを
確認できた。また瘤が将来的に出来る場所にはV字形の平坦部があるのに気づいた。
以前コメントで瘤の存在がオスの証と指摘頂いたMさんの石川県撮影?ビロードキンクロは
他の方の画像も参照できるが、メス第1回繁殖羽ではなく羽衣外観からメス第2回以降繁殖羽
のように思える。同様に北海道野付で撮影されたメス死体も第2回以降個体でしょう。
メス幼羽から第1回繁殖羽の腹部は意外に暗褐色をしている。
頭部形状はスズガモ等、頭部形状に明瞭な雌雄差のあるカモでは嘴基部に左右に分離した白斑
を持つことが多く、その経験を応用した。 オスでは目の真上かやや前に頭頂部が存在するが
メスでは明らかに目の後方にピークがある。オスの頭部は角張っているため頚を伸ばした際に
頭頂部が直線状に見える場合もある。それに比べメスの頭は丸味があり額前の延長線からは
嘴前半部が突き出て見えるが、オスの延長線は嘴爪方向に直線的で嘴はそのラインを超えない。

juv-1w
「日本の鳥550」の3画像目♀はメス1W、2画像目♂幼鳥はメス成鳥だと思われる。メス成鳥は
摩耗により羽縁が淡色となりかなりバフ色味を帯びる。非繁殖羽の摩耗も同様で顔の白斑が出現する。
新羽時には白斑は目立たずほぼ黒く見える。この画像はデーライトフィルムで朝か夕方に撮影された
ために黄色っぽく写っているのだろう。メスの嘴にも赤や黄色が出現し瘤が小さくあり、時に虹彩も
灰白色であると黒田長禮氏の「雁と鴨」及び「鳥類原色大図説」にある。
現在福岡市に出現しているビロードキンクロも換羽進行が甲子園浜個体より進んだ1Wでしょう。

2w
山渓ハンディ図鑑7「日本の野鳥」の成鳥♂は問題なく3W♂。2枚目の若鳥♂は2W♂。3枚目の
若鳥♀は1W♂でこのページに♀の写真はない。1月に八丈島で記録されたビロードキンクロは
♀2Wでしょう。

fa-1wmale
注意すべきオス幼鳥と成鳥メスの混同。頭部形状や嘴形状・鼻孔位置から嘴の色だけで雌雄を
判断すべきではない。 2月4日画像再編集。

以上が私が考えるビロードキンクロ雌雄の外観推定図です。
私がビロードキンクロを実際に見たのはこれが初めてです。なのになぜこんな判断になるのか?
疑問に思われる方も少なくないはず。 実のところ私の想像図通りの雌雄外観であるなら国内・
海外を問わず雌雄の判定を誤っているものが大半です。普段よく見ている北海道のサイトの
アラナミキンクロのメスや黒田長禮氏の「雁と鴨」のしんびろうどきんくろとあめりかびろうど
きんくろのメス幼鳥写真も誤りということになり、まるでビロードキンクロ属の見方が変わる
可能性のあることです。最初は背筋が寒くなりました。 単純に私の判断が間違っている・・・
そう思うほうがずっと気が楽です。

今回は一応自分の中で雌雄判断が終了したということだけで、直接の根拠となった海鳥センターの
保護鳥がオスと解剖学的に同定されたわけではありません。
ですので、この記事をご覧になって雌雄の確定しているビロードキンクロの頭部形状や額ラインが
私の判断と異なると確信の持てる方はぜひコメント頂きたく思います。

スポンサーサイト

PageTop

ODD MALLARDS

最近の画像から、変なマガモ

【intersex】

intersex-mallard
an adult intersex female mallard 25th December 2011, Nara Prefecture
マガモ成鳥 メスの雄化 2011年12月25日 奈良県

【hybrid】

spot-billed-hybrid2
an adult male hybrid prsumed chinese spot-billed duck X mallard 26th February 2010, Osaka Prefecture
交雑種オス成鳥 推定カルガモXマガモ 2010年2月26日 大阪府

spot-billed-hybrid1
an adult male hybrid prsumed chinese spot-billed duck X mallard 23rd February 2010, Osaka Prefecture
交雑種オス成鳥 推定カルガモXマガモ 2010年2月23日 大阪府

spot-billed-hybrid3
a young male hybrid prsumed chinese spot-billed duck X mallard 2nd January 2012, Nara Prefecture
交雑種オス第1回繁殖羽 推定カルガモXマガモ 2012年1月2日 奈良県


dm-mallard-blooded1
an adult male hybrid presumed domestic mallard X mallard 21st January 2012, Osaka Prefecture
交雑種オス成鳥 推定家禽系マガモXマガモ 2012年1月21日 大阪府

dm-mallard-blooded2
an adult female hybrid presumed domestic mallard X mallard 21st January 2012, Osaka Prefecture
交雑種メス成鳥 推定家禽系マガモXマガモ 2012年1月21日 大阪府

dm-mallard-blooded3
an adult female hybrid presumed domestic mallard X mallard 21st January 2012, Osaka Prefecture
交雑種メス成鳥 推定家禽系マガモXマガモ 2012年1月21日 大阪府

PageTop

いけすず、いけあいさ、いけほおじろ

通常の生息域は海上沿岸域ながら、状況によって内陸部で見られるカモがいる。
ヤマ・・・、ウミ・・・、カワ・・・と名のつく鳥名は多いが、どういうわけか
標準和名にイケ・・・と名の付く鳥を知らない。 英名であれば Pond Heron
アカガシラサギ属のサギなどに用いられているのだが。

今回取り上げるカモはスズガモ、ウミアイサ、ホオジロガモにカワアイサを加えた
通常は内陸部の池で見られることのないカモ達の池生活から見えるものをご紹介。
この冬は内陸の池で見られる海のカモ、川のカモが多いように感じるから。

【スズガモ編】
スズガモが時として内陸の水辺で観察されるのは、関東や信州等地域によっては
珍しくはないが、我がフィールド近辺では数年に一度程度の珍事です。
そのため、カモ観察を始めた当初は内陸域のスズガモ観察記録はほとんどが誤認
つまりはキンクロハジロの冠羽が見えないもの、嘴基部白斑の目立つメスの誤認
記録だと考えていた。 しかし、長く観察していると特定の水辺や環境によっては
特に幼鳥の記録が内陸池でもあることがわかってきた。

juv-scaups
スズガモ幼鳥の群れ、多い時には50羽弱いた。大阪南部河口域 2012年1月初旬

4-g-scaups
左奥のホシハジロのメス以外はスズガモ幼鳥の雌雄各2羽 大阪南部池 2012年1月初旬
左側2羽がメス、右2羽がオス。 下の画像より換羽が進行して虹彩も明るくなっている。

3-pond-scaups
スズガモ幼羽3羽、左オス、中・右メス 岸和田市久米田池 2010年10月下旬
オスの背には波状斑が出現しつつあり、耳羽上と嘴基部両側に淡色斑が見える
メスの頭部はオスより丸味があり、嘴基部の淡色斑は嘴基部上でつながる。虹彩は暗色。

3-g-scaups
左メス、中・右オス。 中のオスは嘴基部の淡色斑が消え、耳羽上斑が薄く残る。
大阪南部池 2012年1月初旬 右のオスは嘴峰の黒色が残存し、先端黒色部はメス同様広い 

female-g-scaup-juv
メス幼羽から第1回繁殖羽移行中 大阪南部池 2012年1月初旬
腹部のパターンは白味が増しているものの、幼羽の特徴を示している、嘴基部白斑も明瞭に

male-g-scaup-juv
オス幼羽から第1回繁殖羽移行中 大阪南部池 2012年1月初旬
頭部の角ばった形状はオスの特徴。 多くの鳥でオスの頭部形状はメスより丸味に欠ける。
嘴基部の白斑が消えると頭部は黒味を増し、やがて緑色の金属光沢を帯びる。 羽衣も徐々に
オス成鳥の外観に近づくがやや褐色味が残る。嘴の黒色部、虹彩の金色味はオス成鳥と異なる。
雌雄繁殖羽は図鑑に掲載されているので割愛した。
キンクロハジロと似ていると思われがちだが、大きさや各部の色・形、換羽過程はかなり違う。
よく観察して誤認のないようにしてもらいたい。

【アイサ編】
琵琶湖などの大形湖には毎年多くのアイサ類が見られるが、内陸の池で通常よく観察されるのは
ミコアイサぐらいでカワアイサ、ウミアイサの飛来は稀だろう。少なくとも近辺では珍事なのです。

気をつけなければいけないのは、下のようなオス成鳥繁殖羽でなく、メスと思われるアイサが飛来
した場合です。
図鑑や観察記録にはオス幼鳥をメスと誤認している例が多数見られます。
近年は世界的希少種と言われるコウライアイサの観察報告が各地で相次いでいます。
2010年12月に神奈川県SAG川で観察されたコウライアイサはメスと考えられた。
写真を見るかぎり背が黒い、初列風切が黒い、雨覆の白色部が広い(コウライアイサの白色部は
他のアイサと異なり成鳥では雌雄ともに小・中雨覆に及ぶが幼鳥ではその部分が痕跡程度)など
からオスではないのかと考えていたところ、翌年の神奈川野鳥の会支部報でオスとの報告があった。
そして、昨年また神奈川SAK川に出現したコウライアイサはオスであったが前年と同一個体と
考えられ、体側の肩羽に見られる太い白縦線~翼基部が灰色で成鳥の黒色と異なり、嘴先端の黄色
も見られないなど2Wと考えるのが妥当な外観であった。
ネットの画像のみで簡単に判別できるほど迅速に細部が見られるようになったのだから、なんと
2年続けてメスとオスが見られたなどと勘違いするのは苦笑するしかないが、こんな人が実に多い。
2008年2月の佐賀県出現コウライアイサや山渓ハンディー図鑑7「日本の野鳥」2版の宮崎県
撮影2月個体は同様にオス幼鳥と判断できる。 せめて先行する観察事例に学んでもらいたい。

goosander-start-to-fly
カワアイサ オスの飛び立ち 国産アイサ最大種で潜水採餌ガモということで軽いコガモとは離水に
要する時間が大きく違う。 奈良県の公園内池 2012年1月初旬
奈良県は海に面していない県ではあるが、ホオジロガモ始め、この公園の池や古墳濠にはアイサの
飛来記録がある。

rb-merganser-male-juv
ウミアイサ オス幼鳥 2005年12月下旬 大阪狭山市
このウミアイサとの遭遇が私にとっての初アイサだった。当時は野鳥の会掲示板でカワアイサ♀2羽
との書き込みがあった。

rb-merganser-juv
上と同日・同個体の羽ばたき デジタル非対応のレンズ・逆光のためかなりソフト補正しています
小・中雨覆にも白色帯が出現しておりオス幼鳥と判断できる
「カモ ハンドブック」文一総合出版のウミアイサ♀画像もオス幼鳥です。 体側後部に波状斑出現。
背が黒っぽい、冠羽が後頭部に及び長め、顔側面の目より上がこげ茶色っぽい個体はオス幼鳥を疑う
必要があります。

goosander-juv-male
カワアイサ オス幼鳥 2006年1月下旬 大阪狭山市
ウミアイサ オス幼鳥と一時は同所で見られたカワアイサ。これも最近になってオスだったと見直しで
判明した。
肩羽中央付近に黒色羽が出現し、喫水線辺りに白色羽が見られ、目先から顔上部がこげ茶色味を帯びる

goosander-flap
上と同日・同個体の羽ばたき ウミアイサに同じく小・中雨覆にも白色帯が出現している
ピントの合っている右翼よりアウトフォーカスの左翼の変化がそれとわかり易い
「カモ ハンドブック」文一総合出版のカワアイサ♀画像もオス幼鳥です 理由は同じ。
実に♀アイサ3種の画像すべてがオス幼鳥画像と考えられます。

ホオジロガモ編に続きます

つづきを表示

PageTop

天鵞絨は1年にして成らず

昨年末、淀川の底力で取り上げたビロードキンクロがしばらくして兵庫県の内湾に出現した。
ほどなく、その真偽を確認にいったところ、それはまさしく淀川に出現した個体と同一であった。
隣県ではあるが、ここは淀川河口に出現した鳥種と関わりが深く、従来から同一と考えられる鳥類
が往来したことが知られている。

ところで、このビロードキンクロ下の画像の通り腹部の羽衣や種々の特徴から幼羽から第1回
繁殖羽に移行中であることは確かです。
wingflap
腹部は淡色でカモ類の幼羽に共通する点状縦斑が密に並ぶ。

では雌雄はどうであろうか? 淀川で見た際はそれきりになってしまっただろうと追跡を断念
していたが、俄然性別追求に可能性が見出せるようになって、腰砕け的に撤回していたオスの
可能性説が有望となってきた。
外国の有識者判断で嘴瘤の有無が雌雄判断要素として重要ということで何となくメス判断とした。
しかし、未見カモを推認する羽抜けと換羽時期で紹介した内容に一旦実物を見た感覚が
加味されて具体的なオスでは?疑惑へと変化しつつある。
キンクロハジロやスズガモのオス幼羽にも嘴基部に白斑があり、幼羽時点では雌雄判断が困難と
いう点では共通しているが、こちらは換羽の過程が経験的に判明している。
その換羽過程や嘴の色変化を見てみると、似ている部分もあるが、ビロードキンクロのオス幼羽
からの換羽は遅く、また一般的に知られるオス成鳥繁殖羽の外観を獲得するには3年程度の期間
が必要と判断される。これはキンクロハジロ等でも冠羽の長さや脇の白くなる時期を加味すれば
同様の表現となるが、目の下に三日月状白斑が出現し虹彩が青白くなるのに3年程度かかるんだ
というふうに考えてもらっていいでしょう。

bill-top
6M機なのでピクセル等倍でもあまり見栄えのする画像ではないですか、嘴爪下縁部を見て下さい。
赤・黄色が見えませんか?これはメスの嘴に黄色しか存在しないとすると、オスと判断できます。

また頭部の黒色部や体部の幼羽が黒い第1回繁殖羽に急速に置き換わっていることがその理由です。

前回出現時にも書きましたが、オス成鳥の次列風切の白帯は初列側で大雨覆に達し翼幅の半分程
になるのですが、その兆候も見えます。

写真図鑑によっては嘴の瘤と嘴先の赤・黄色出現した茶色っぽい個体が第1回繁殖羽とされている
ようですが、この判断を覆す画像が北海道を始め多くの場所で撮影されたものに認められます。
初年の冬日本近海の亜種M. d. stejnegeriのオスは瘤が目立たないはずだ。
該当画像の肩羽や瘤の大きさ等から2年目のオスであっても嘴基部や耳羽上に白斑があったり
茶色っぽい個体は年末頃まで存在すると考える方が妥当だろう。年が改まればかなり黒くなって
いくものと思われる。

【閉翼潜水の驚き】
このビロードキンクロを2日間に渡って観察したが本日ここに示す画像はすべて12月28日に
撮影したものです。海面は凪いで、とても暖かい日でした。

別の日と違って、この日のビロキンは撮影全画像で閉翼潜水をしました。潜水する鳥たちのその
方法には3種類が知られていて、

A、閉翼潜水・・・多くのスズガモ属等の潜水ガモ、カイツブリに見られる。
         水中の推進力は水掻きのある足で行う。跳躍の後に潜る。

B、半開翼潜水・・・ビロードキンクロやシノリガモ、コオリガモ、ケワタガモ等。
         翼と水掻きを推進力として併用。 わずかに跳躍後潜水するものもいる。

C、半開翼、水掻き突出潜水・・・ウミスズメ類等。
               翼主体の推進力で潜水する。潜水時水掻きは水上に出る。

ビロードキンクロはBの方法で潜水し、跳躍なしで潜水するところがクロガモと大きく異なる。
コリンズのバードガイドでは図入りで説明されている。

ところがである・・・海面の凪いだこの日ビロキンはAの方法のみで潜水採餌したのだから
実に我が目を疑った。つまりクロガモと同様潜水することもあるということで、その差は
海面が静かであること。翼をスタビライザーとして使う必要がない時に限られるのでは?

starttodive-front
潜水開始・・・尾羽が扇状に開き海面に押し付けられることで、海水面に表面張力による隆起が
発生します。その隆起した海水を効率よく水掻きでカエル足状に蹴っています。
この尾羽の使い方はキツツキ類が木に穴を開ける時の尾羽の状態にも似て見えます。

starttodive1.
閉翼で潜水していくのがわかるでしょう。

starttodive2
側面から見るとこんな状態です。

diveintodeep
潜水していく過程や採餌中、浮上時にも波がなかったので姿が確認できましたが、翼が使用
されるのは見ませんでした。これはこれまでに紹介したキンクロハジロやカイツブリの潜水と
跳躍の高さがわずかに低い程度で同一でした。

wwscoter-stand
単なる伸びなんでしょうか? 真実はひとつ!そう囁いているいるようにも見えました。

先日、ある方からヒドリガモ雄化老齢個体の画像がオカヨシガモXヒドリガモではないかとの
指摘を頂いた。同一個体について関心があって外国の著名な方に問い合わせるとそのような回答
があったとのこと。繁殖実験を元に雑種の推定をされている方らしいので、飼育個体には雌の
雄化が発生しやすい、その雑種の画像はこのようなものですと具体的画像を提示即刻返答した。
物事を判断するのはたやすい。 けれど文献にはこう書いてある、著名な研究家がそう判断したと
いうのではなく、その後も観察を続け、必要ならば訂正するのが正しい方向だと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。