をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

池のズグロカモメ

まずは10月下旬より飛来しているズグロカモメ成鳥冬羽

gullwing-saundersi

front-saundersi

patrol2-saundersi

underwing-saundersi
以上いずれも11月中旬撮影

同所に10羽程度飛来しているユリカモメはすべて第1回冬羽で尾羽に黒い横斑が明瞭ではばたきが
早いのに対してズグロカモメは成鳥のため翼上面に褐色斑がなく尾羽も白くはばたきも緩やかなため
よく見れば肉眼でも容易に識別可能であった。
また探餌のための哨戒飛行においてユリカモメが池水面上に限るのに対し、ズグロカモメは干上がった
池のほぼ全面水溜まりに及んだ。


patrol-saundersi

qturn-saundersi

catchfish-saundersi

fishcatch2-saundersi

fishcatch3-saundersi

採餌法は哨戒飛行から小魚を水面に見つけ次第、急反転してきりもみ状に降下、水面近くで餌のみ
銜え捕ってユリカモメのように完全に水上にとどまることはなかった。この採餌法はクロハラアジサシの
それに似ている感じだった。

2-saundersi
2012年12月29日 左成鳥 右第1回冬羽

昨日の観察では3羽に増えており、成鳥2羽、第1回冬羽が確認できた

flagged-saundersi
あとで飛来した成鳥、中国遼寧省双台河口国家級自然保護区で標識放鳥された赤色フラッグが左足に
装着されたT2と読める文字入りの個体でした

1w-saudersi
第1回冬羽個体

彼らはこの池に採餌に訪れるだけでねぐらは泉大津方向の大阪湾上にあるらしく、夕方になると
ユリカモメ同様姿を消し、夜から早朝にかけては一度も確認できなかったが、ほぼ毎日飛来した。
なぜ彼らが淡水の小魚を目当てに飛来して、それほど熱心に採餌する様子もなくよく休息し、
夜はねぐらに帰って行くのか不明だが、内陸への探餌飛行の距離は種によって差がありもっとも
内陸奥深くまで進出するユリカモメに比べれば短距離で、この程度の距離であれば他の大型カモメ
にも前例のあることながら、干潟でカニを採って食べているズグロカモメのイメージからは少し
意外に思えるものでした。
ハマシギほかシギ・チドリ類も夜間は別にねぐらをとっておりクロツラヘラサギや多くのサギ類を
除くとねぐらと採餌場が同一なのはむしろ少数派であると思われた。

この池には昨日7年ぶりのナベヅルが飛来し、日本野鳥の会大阪支部発行のむくどり通信11月号
で取り上げられているコウノトリの飛行ルートはショートカットコースをとっているものの2009年に
貝塚市飛来ナベヅルとその他紀伊半島飛来ナベヅル群が飛行した経路に近似する。
この池に飛来する鳥たちの動向に注意していると目に見えない鳥たちのフライウェイが見えてくる
気がするから不思議だ。
また、常日頃抱いている意識の中に上町断層帯と鳥相濃密区域は良好な一致を見ること。
千里、服部緑地、淀川十三付近、大阪城、長居公園、大和川カモメ観察地、百舌鳥古墳群、
信太山丘陵、久米田池はほぼすべてこの断層帯あるいは分岐褶曲上に存在する。
海岸線は人間でいう表皮、断層帯は内臓と筋肉、大阪をとりまく山地は背骨つまりは骨格に相当する
鳥相濃密区域であると考えられるのではないだろうか、もちろん気候要素も含めて。
その最南端にこの池が存在し、多くの希少動物のゆりかごになっているのは生き物にとって好都合な
要素がこの池付近に集中している結果ではないかと思えるので、大事にしたいものだ。

PageTop

奈良と堺のメジロガモ

昨年に続き関西にメジロガモが来ている。

昨年の大阪個体に関してはその画像詳細を見ていないので、おおよそ間違いないだろうと
いう推定で書いている。

nyroca-nara
11月20日 奈良県 メジロガモ雄成鳥 繁殖羽移行中

以前に出現した奈良個体より、頭部形状、脇腹の色等明らかにメジロガモの特徴を示す
ただ、虹彩がやや黄色味を帯び、嘴先端黒色部がやや広いのが個体差といえ少し気になる
この個体は3日ほど見られたのち一旦姿を消し、数日後また出現したがすぐにいなくなった
続けて観察できることもあれば、すぐにいなくなることもあって変化を追うのは難しい。

nyroca-sakai
12月16日 堺市 メジロガモ雄幼鳥 第1回繁殖羽移行中

観察に行ったこの時点で、ときどきお会いするEKHさんの話では飛来後3日程度経過している
とのことだった。連絡をもらって観察に出た際には以前鶴見緑地や大阪城で見た幼鳥と外観が
やや異なることから、明らかにF1雑種ではないもののホシハジロの血統を受け継ぐ雑種とした。
しかし、氏原氏の「氏原巨雄の雑記鳥」の最新記事に雑種ではないと記述されている。

1、上背付近と腹部に幼羽が残るのは明らかであるが、換羽進行度が鶴見緑地個体より3か月
  以上早く、金茶色の幼羽が既に見られない。
2、嘴先端黒色部が嘴爪より明瞭に大きくキンクロハジロ的パターンを有する。また幼鳥時には
  嘴が相対的に大きく見えるのが普通ながら嘴爪後部の明色部範囲がホシハジロとの中間的な
  大きさに見え、明色部以外の黒色味が低い。
  鶴見緑地個体も出生年中はやや広い嘴先端黒色部を有していましたが、それより広い
3、虹彩の色が鈍く黄色味を帯びておりこれは虹彩の赤いホシハジロと白いメジロガモの中間色
  を示すのではないかと考える
4、脇腹から羽繕いで抜けた羽毛に微細な小斑点列が見られ、ホシハジロに由来すると考えられる
  これまでに見たカルガモXマガモ、アカハジロXホシハジロの脇羽に似たパターンでした

・・・ということで、個人的には答えを聞いたからすぐに納得できるものでもなく、周囲には既に
純粋メジロガモの可能性を伝えてあるので、幸いにもまだ滞在中であることから今後の変化を待つ
こととしたい。ただ、メジロガモとなると普段カモ観察しない方たちまでもがドッと押し寄せ、
近寄るカモに容赦なく接近するので以前より警戒心が増していて、今後も観察継続できるか微妙な
状態です。
実はこのメジロガモ観察に出かけた際にカメラが壊れ、新規に購入する余裕もなく、また、少し
前にスコープも失くしているので、今後は観察らしい観察もできません。
以前触れましたが、機材が更新不能になったらこのブログも終わりますと書いたとおり、若干の
ストック記事をアップした時点で更新を停止する予定です。
父の調子も今回の胃ろう定期交換後芳しくなく、それに伴い母の精神状態も落ち着きがなく不調の
連続ですから、個人的な趣味に時間を費やすのは既に不可能な状態にあります。

堺の公園に飛来したメジロガモも25日以降姿が見られず、抜けたと考えられます。
また、これまでの記事で誤った判断に関連すると思われるメジロガモ関係記事を非公開化

PageTop

白鷺と黒面箆鷺

white-herons

white-herons-h
白いサギたちの群れ

white-herons-day

herons-againstlight
逆光の中でサギたちを見ていると、採餌の際の波紋が浮かび上がり、水滴が光る

modesta-starttofly
逆光で飛び立つ亜種チュウダイサギ

cattle-egrets
9月中旬堺市の田園地帯で撮影したアマサギの群れ、コサギ、チュウサギも少しいる

続きでそれぞれの白鷺たちへ

つづきを表示

PageTop

コガモのディスプレイ始まる

最近のいたすけ古墳のコガモから

male-juv
オス幼鳥繁殖羽移行初期


male1
オス成鳥1

male2
オス成鳥2

male3
オス成鳥3

male4
オス成鳥4

どれも繁殖羽移行終了間際の画像ながら4の画像には体側に一文字白線(縦線)が出現、この
白色部出現でほぼ繁殖羽への移行が終了する。
この繁殖羽移行が終盤に差しかかると、あちこちでピィッとかピリッとかいう鳴き声が頻繁に
聞こえるようになりオスの求愛ディスプレイが活発になる。

male-drinking
一見、このコガモ雄も繁殖羽への移行が終わっているかのように見えるが、体側に
白縦線が出現していない。羽繕い中。


bow
お辞儀をしているかのように見える水はね鳴き

shortend
反り縮みする
これらはマガモ属のカモに見られる一連の求愛儀式の一部です
ところで、前に非繁殖羽の状態でもペアを形成しているものも少なからず見られると書いた。
コガモも例外ではなく、繁殖羽に移行する前に一通りペアになって休息する姿が見られる。
ここでペアの再組み合わせが行われ、新たに参加した若い個体にも機会が与えられる気がする。
一般に老熟個体ほど換羽終了が早いため、繁殖羽への移行が早いほど有利なのであれば若い
個体がメスを獲得する機会は少ないように思えるが、実際はそのような差はなさそうだ。

また、繁殖羽への移行がマガモやオシドリより平均的に遅いことから、雌雄の性比調査で
面白い結果が出ている。
日頃から、私は同一エリアでカモを観察し、ミコアイサを長年調査・観察されている方のカウント
に疑問を投げかけているが、長年同一の基準で観察を続けていることには敬意を表する。
そのため飛来初期のコガモやミコアイサの性比に問題があろうと、現在の基準で長く観察を継続
してもらいたいと思っている。途中で理由なく補正するとデータの価値に変化が生ずるからです。
この方はバードリサーチの性比調査のデータ提供もされているのだが、換羽終了の早いマガモ・
オシドリでは雌雄比に大きな狂いが生じていない。 コガモは年内の換羽終了が遅いので通期の
雌雄性比が実際よりメスに傾いてしまっている。コガモより換羽終了の遅いミコアイサでは更に
その傾向が大きく出て、年度ごとの雌雄比がオス1に対してメスが5を超えるシーズンもある。
飛来初期にカモのオスをメスにカウントすることは往々にしてありうるが、その逆のメスをオス
としてカウントするのは雄化等の稀な状況しか想定できず、事実さえ解析済みならば今後もこの
ような性比調査は有意義だと考えられる。

PageTop

カルガモ

e-spotbill-pair
カルガモのペア Anas zonorhyncha   Eastern Spot-billed Duck
第6版の亜種カルガモAnas poeciloryhncha zonorhyncha から独立種扱いになった
ならば、この傾向が全てに及んでアメリカコガモも同様に独立種扱いになったかというと
亜種のままでよくわからない。

昨日のカワアイサがよくわからない理由に環境省のフライウェイサイト内の
ラムサール条約湿地選定基準6に用いる日本の水鳥の個体群推定と1%基準値一覧にある
orientalis は 旧comatus として分類されることもあるという内容。
今回 orientalis は別亜種として記載されているのだから???
他にもスズガモの国内亜種の学名が変更になるなど、実際に今回の鳥類目録は購入しては
いないが、より便利に分類解説されたH.Hiraizumi's BIRDING PAGEにある特集ページを
参考にさせて頂いた。
学会員や野鳥の会で新たにリストが作成されたりしてはいるが、分類だけが新しくて学名は
そのままだったりするものが多い中で信頼性の高い便利なものです。
一般のバーダーに分布・記録・種名・学名・英名の羅列リストが必要かと問われれば、まず
使うことのないものだとしか言いようがない。ただ、より正確な記録の原著という意味での
存在感は大きいので第6版は3回ほど遠方の所蔵図書館に出かけて閲覧、その後古書店で
購入したので、あっさり購入した場合の3倍ほどのコストをかけてしまった。 今回は内容
から考えて鳥学会100周年を意識した記念出版的傾向が強く感じられ、種々のイベントが
先行したのか分子生物学的内容も取り入れてとかいう事前アピールからは少々失望する内容
なのでおそらく購入しないだろう。
カモの分野だけでなく、いろいろな鳥種で同様の問題が起きている背景には、初代会頭の
飯島魁氏が学会誌「鳥」巻頭で述べた「本邦鳥類の研究について」の内容に沿った研究が
尽くされている状況ではないからではないだろうか?
第6版の序文に担当執筆者である委員の遅筆や代行のことが書かれているが、会の運営上
恥ずべきことが記されているわけで、会の収入源としての目録発行という意味合いがある
なら尚更定期発行や最新知見の盛り込みは不可欠でアマチュアの足を引っ張るような時代
錯誤の部分はあってほしくない。
素人考えでこの問題を打開する方策は目録専門の常任委員会を設け、逐一ウェブ討議など
をしながら目録を最新の状態にしておくことだろう。編集権限のある委員を複数設定する
ことで共有ファイルを最新のファイルに維持し閲覧権限のある会員等に公開すればいい。
そうした中で一定期間(例えば5年毎)にその時点での活字印刷版を発行すれば清む。
観察機材や調査機材もデジタル化したのだから、目録だってそれなりの変化が必要では?
ま、もっとも私はどの団体にも属さないアウトサイダーですから、一意見ですけど。

e-spotbill1
カルガモの潜水採餌、当地付近では秋から冬にかけて当たり前の光景

e-spotbill2
他所で報告されている潜水方法の多くは開翼潜水だが、カルガモは閉翼潜水も行う

e-spotbill3
潜水時、飛沫が上がるが開翼潜水ほど派手ではない

e-spotbill4
右手前のオスが潜水を開始しているところ 潜水採餌ガモほどジャンプしないし前方から
静かに足の力による回転のみで潜行する

e-spotbill5
連続潜水時は手前側メスのように雨覆は露出したままとなることが多い
潜水して何を食べるかは、多くの場合どんぐりであると言える。
ウバメガシやアラカシの木の直下で潜水する場合が多いからで、同一エリアで
観察する方が魚食としているのには違和感を覚える。
また、潜水して採餌するのはある種文化と言えるもので、南大阪と北大阪では
採餌法が異なる。北大阪の場合、オオバンに寄生的採餌をするものが多い。

PageTop