をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

ヒドリガモの変化

池の様子は昨日とほとんど変化なし。羽数もほぼそのまま。
ここ数日大きく変化しつつあるのはヒドリガモ総数に占める幼鳥の割合。
カウントを始めた日に1割程度だった幼鳥がここ2日ほど半数近い。
例年、飛来後ひと月ほどで、このような変化を感じていたが、カウントに
よってその結果がはっきりとわかる。今年は猛暑によりどこもカモの飛来が
遅れたため、幼鳥が成鳥に続いて増加傾向を示すまでの日差が少ない。

pond-wigeon
狭い池にひしめくカモたちの換羽で抜けた羽が池一面に浮かぶ。

wigeon-juv-m
ヒドリガモ雄幼羽から第1回繁殖羽に移行中。脇に波状斑が出る前からはっきり
雄とわかっていた個体。

wigeon-juv-f
こちらはヒドリガモ雌幼羽から第1回繁殖羽に移行中。雄とは異なり中島付近をうろうろ
するだけで池の辺縁に寄りつかず、やっと近くに来た個体。
例年大きな池でもヒドリガモ幼鳥を多数見るが、スズメの巣立ち雛が多数寄り添って
幼鳥ねぐらを形成するように、幼鳥ばかりが池辺縁に多く集まる傾向がある。

aix
ホームエリアの古墳濠に昨日辺りから飛来しているオシドリの小さな群れ。
9月末にここで目撃以来1か月ぶりの観察。 隣接市に飛来していることから様子を
見に行って見つける。雄13羽、雌6羽。中に雄幼羽からわずかに第1回繁殖羽に
移行途中の嘴だけが赤い雌に見えるような個体が1羽。
一番左にいるのはカルガモ雄第1回繁殖羽。例年留まる枝に乗るから留鳥、他のカモ
と行動を共にしているから渡りのカルガモだなどと奇妙な推定には同意できない。
今年、ここで生まれてはいないカルガモなわけで、漂行してきたことは明らか。
その他にホシハジロ成鳥雄2、雌1。どれも潜水ガモ特有の換羽進行の遅さで繁殖羽
への移行はまだ途中で褐色味が強い。ほぼエクリプスが抜けているという表現は該当
しないと思う。あとマガモ雄成鳥5羽、反対側に雄成鳥3羽、雌2羽。
潜水ガモのシーズンはこれから。 昨年同様メジロガモはまず出現するだろうが、
観察が難しくなっているアカハジロとも是非出合いたい。

PageTop

ヨシガモの三列風切

鳥たちを見ていると、いろいろな違いに気づく。

ところがA鳥とB鳥が同じ種か、あるいは同一個体かを判断できる能力は人によって
異なる。 母などはこの区別が最近特に苦手で、もともとよく似た商品や人は区別の
できない人だったのでダブり買いや買い忘れ、人違いで振り回される。
そんなことで私自身は、過去の同級生や職場の人間、病院職員などは、一度も言葉を
交わしていなくとも全て名前を覚えている。

今日の話題もそんな中のひとつ、ヨシガモが三列風切を換羽する時期についてです。

falcated-1028
昨年に続いて観察池に飛来した、池のナンバー2のヨシガモ雄 10/28

falcated-1029
先に飛来した7年目の池ナンバー1 ヨシガモ雄(左)と順位・体格は歴然
としている。 右の雄が上と同一個体で三列風切が少なくなっている 10/29

falcated-1030
こちらも最初の画像のヨシガモ雄と同一個体 10/30
三列風切は完全に脱落しているが、初列・次列風切は残存している

実はここで観察しているヨシガモの雄は10年ほど前から例外なく、越冬地である
ここに到着してから三列風切を換羽する。ただ個体によってストレートタイプの
三列風切を有する個体と、この雄のように鎌状にカーブした三列風切を有する個体
に分かれる。 また、雌に関しては若い雌が到着後換羽すると考えられるが例数は
かなり少なく、雄と違い初列を含むすべての風切羽を換羽したのち完全換羽に至る
ようです。 「羽抜けと換羽時期」を御参照ください。

本日の池のカモはアイガモを除く総数140羽、ヨシガモの数に変化はありませんでした。

PageTop

100羽越え

隣接市の池のカモが昨年に続き期待をもって臨んだが、猛暑の名残と年々水落とし
時期が遅くなって、シギチもカモも不作気味。

いつもの池は、今期やっとカモ総数100羽を超えた。
大きな池や湖、大河川、内湾でご覧になっている方には微々たる数だろうが、住宅街の
ど真ん中にある小さな池にこれだけのカモが飛来するのは異例なんです。
しかも大きな古墳の濠や都市公園の池と行き来する個体もいて、小さな池には珍しく
希少種も時折見つかります。
そんな池でカウントしだしてまだ少し、1日1羽ペースで増加してきたヨシガモの数が
今日は雌成鳥非繁殖羽が一気に3羽増えて7羽となった。例年この池で越冬するカモ中
で3番目に数が多いヨシガモだが7羽は11月~翌年3月に見られる平均的羽数。
最低3羽で最大が14羽。ピークは1~2月で渡去は例年3月末から4月中旬で総数に
占める雌の割合は極めて高く、雄は雌が増えても通例3羽留まり。
アイガモ5羽以外に優占種のヒドリガモが86羽うち幼鳥が14羽で成鳥雄が38羽、
成鳥雌が34羽、幼鳥は雄が10羽で雌が4羽。ハシビロガモは雄成鳥が5羽、雌成鳥
が3羽で雄幼鳥が1羽。  これ以降、ヒドリ幼鳥が増え、ハシビロも少し数が増える
程度にマガモやカルガモが時折混じる感じだろうと思う。

wigeon-nb-pair
昨日撮影のヒドリガモ成鳥雌雄ペア。 ヒドリガモ成鳥は飛来したその日からペアで
行動する個体がほぼ全て。したがって、雌雄比は幼鳥の雌雄比が崩れない限りほぼ1:1
特別に数の少ない場所や小さな池等、サンプル数の少ない場所以外では雌雄比がほぼ同数
から雄がやや多いのが普通で、この比が飛来初期に極端に雌に偏る観察結果や報告には
注意した方がいいように思う。これはヒドリガモ以外のカモでも大体言えることのように
思う。 昨日の記事の雌繁殖羽の期間に対する扱いは、それが妥当なのかといった疑問も
あるが、雌の3月頃の羽衣は10月頃まで持続する換羽サイクルがあるのは、ほぼ間違い
ないところなので、どちらの羽衣を繁殖羽とするかで考えが違ってくる。

ところで、本日カモのカウント観察中に中年の男性が話しかけてきて、「ええ写真撮れた
か?」と聞くので、「ええまぁ写真というよりカモを見に来てるんです。」と答え「最初
6羽やったカモが今日は60羽いる。」というので100羽超えてますよと返事をして
6羽というのは5羽でアイガモですねと更に返答すると「わしは4年前からボランティア
でカモの世話をしてるんや!」と言って後方のベンチに腰掛けた。
しばらくして、急に「なんでそんな上から目線でわかったようなことを言うんや!」と
身の危険を感じるような剣幕で因縁をつけてきて、「カモに餌をやって世話もせんといて
写真だけ撮って、実践が伴ってないやないか。」と捲し立て、「下手な写真撮ってさらせ」
「アホ、ボケ、カス!」というセリフを残して高級スポーツサイクルで去っていきました。
むかつく一場面でしたが、餌やりが世話やないでと言ってあとは相手にしませんでした。
過去にこの手の人間に顔面陥没骨折を負わされた経験があり、一瞬背筋が凍りました。

PageTop

瞳を閉じて~羽は語る

Fermer les yeux フェルム レ・ジュー 昔の仏シャンソン歌手
リュシエンヌ・ドリールが歌った曲です。「眼を閉じて」という邦題だった
かも知れません。   私の家にはステレオシステムやレコードプレーヤが
なかったのでレコード盤は何枚か持っていても、本格的に聴くようになったの
は浪人時代にアルバイトしてステレオシステムを購入してからでした。
当時はフォークソングやクラシック(チェンバロ)やシャンソンをよく聴いていました。
ピアフの伝記映画を見たことがキッカケで歌手別の廉価版アルバムを手当たり
次第に買っては聴いていたものの中で、特に気に入っていた歌手です。
「Luna Rossa(皆既月食の夜)」記事も彼女の歌のタイトルです
本日の記事内容はこの歌の内容とは関係ありません。

瞳を閉じて 静かに大きく深呼吸して 耳を澄ませなさい
聞こえてくるでしょう 鳥たちの 羽の語らいが
遠すぎて 聞こえない(研究者の小難しい論文)こともあれば
近くの騒音で遮られて(先輩や友人の教え)聞こえないことや
虫の鳴き声に埋もれて(図鑑の説明)聴きとり難いこともある
かもしれません
必ず羽が語ると信じていれば、やがてその声は聞こえてきます


何も鳥たちの風切が空を切る羽音のことではありません。
世の中には信じて疑わない事柄が、実はとんでもない虚偽であるということが
少なくありません。最近では有名ホテルの高級食材にまつわる表示、警察による
犯人誤認長期拘留、医師の処置ミスとその虚偽説明…挙げればキリがありません。
鳥や野草や自然の中の出来事を見ていて、「どうして」とか「何これ?」とか
思うことはよくあります。図鑑や専門書を読むと、それらの疑問が解決したり、
更に謎が深まることは、誰でも経験することです。鳥のことなら鳥類学者や
研究者、図鑑著者や鳥類標識者(バンダー)の方なら、さぞかし豊富な知識を
お持ちで、鳥に関する疑問なんて持っていない方達だと昔は思っていました。
ところが、こんな方達ほど何がわかっていなくて、何が既にわかっていることだ
とはっきり区別して認識しています。私自身、ひとつの疑問が解消すればみっつ
の疑問が湧いてくるようで、自然に対する疑問は深まるばかりです。

【カモの雌にも繁殖羽は存在する】
多くの方は、雄にエクリプスや幼羽の時期があって、外観が冬~春とそうでない
時期で異なることを知っています。
ところが雌にも非繁殖羽と繁殖羽があって、幼羽とも異なることを知っていないか、
知っていても区別できないと思っているようです。
私が雌の非繁殖羽と繁殖羽を意識するようになったのは随分前のことで、外国に
お住まいの日本人の方がマガモの雄と雌の換羽サイクルを分けてグラフにされて
いるのを見たときからです。
しかし、その違いがはっきり意識できるようになったのは、まだ最近のことで、
カルガモの換羽・雌雄差に着目してからでした。
では具体的に雌の繁殖羽は雄と比べてどのくらい遅くなり、どんな外観でいつ頃
まで見られるのか一緒に考えてみましょう。

鳥全般にほぼ共通する外観は、雌雄幼鳥は雌成鳥に似るというものがあります。
ほぼと書いたのは雄が子育てするタマシギなどは、この逆になるからです。
物事を考える際の手順として、分類のより上位の階層に共通する特徴を元に論理
を組み立てる必要があります。次に頭部に見られる頭央線や過眼線などは雌のみ
に顕著で繁殖羽の雄には見られにくくなります。 アマチュアが観察から断定を
することができる内容は結構限られています。そこで、研究者が標本や解剖等の
精査から得られた知見や調査器具によるデータ解析からはじき出された結果と
観察から得られた事柄を擦り合わせて結果を得るくらいが関の山です。
A=B、B=Cは結果A=Cと言えるというような、結構遠回りな方法ですが、
証明する方法があるならば、それは遠回りしてでもやる価値があります。
学生時代は数学が苦手で、教師と目を合わせることを極力避け、少しでも早く
苦痛な時間が過ぎ去るのを待ったものです。ですから定理や法則を駆使して、
何かを証明するのは向いていないのかも知れません。

wigeon-1wpair
2011年3月19日撮影 芦ヶ池 第1回繁殖羽雌雄ペア
このヒドリガモの雌は三列風切伸長中で、三列に模様はありません

wigeon-2wfemale
こちらはおそらく第2回繁殖羽のヒドリガモ雌成鳥、上と同所同日
外側三列風切にグラデーションをかけたような濃淡模様が見えますね。肩羽も同じです。

falketed-brfemale
今度は2010年10月10日同所撮影のヨシガモ雌成鳥。

ボロボロになった三列風切は模様があって、上背付近の肩羽も繁殖羽のままです。
以前、越冬地に到着してから三列風切を換羽するのは若い雌としたことがあります。
ところが状況によって、雄でも雌でも越冬地到着後に三列風切を換羽する個体が
いて、換羽の順序は個体差があるようです。

上に挙げた画像の内容から推測できることは、雌の繁殖羽は雄よりかなり遅い2・3月
に完成し、中には10月になってもその一部を残す個体がいるようだということです。
これは雄の場合、エクリプスの期間が短いことと逆の傾向を示し、雄では冬季~春にかけ
鮮やかな繁殖羽となることから、一般の鳥類とは繁殖羽の時期が異なるとされますが、
雌に注目してみると、そうとも言えないことになります。

karuhina100530
2010年5月30日 堺市西区  子育て中のカルガモ雌親

karuhina-yamatogawa110703
2010年7月3日 堺市大和川下流 子育て中のカルガモ雌親

上に挙げたカルガモの雌にも三列風切に濃淡のある模様のようなものがあります。
実はこれまでに観察した子育て中のカルガモ雌の三列風切には9割程度の個体に
このような模様があります。
この模様について、かつて雑誌「採集と飼育 第50巻7号」で「鳥たちにとっての
1970年代」のコラムとしてカルガモの記事を書いた中村一恵氏が雑種に現れる
虫食い斑として、純粋なカルガモには見られないと記述している。
中村一恵氏は元千葉県の学芸員さんで館長も経験された、哺乳類が専門の方らしい。
氏がこの記述をしたのは1988年のことで、翌年山階鳥研報で今村・杉森両氏に
より「羽色に基づく繁殖期のカルガモの雌雄判別」が報告され、その中で両氏はこの
虫食い斑をsubmarginal marksと呼んで非繁殖期の雌幼鳥4羽に見られたと報告し
ているが、採集されたのは栃木県下5月であるから第1回繁殖羽期に相当する。
また報告の中で両氏は中村氏の記述に触れ、調査内容からこのsubmarginal marks
が齢の違いによるものか、雑種によるものか判断できないとしている。
カルガモだけの調査からは明らかにできなかったであろうが、ここで鳥類の専門機関
たる山階鳥類研究所が中村氏の雑種説を否定しなかったことは、以後に響くことになり
現在もこのsubmarginal marksが雑種の根拠としている方が多い?
実はマガモ属の雌繁殖羽では高い確率でこのsubmarginal marksが見られ、一部明瞭
でない種もいるが、雌の羽の変化を知っているカモ観察家なら、雑種由来ではなく時季
つまりホルモン変化と換羽が鍵
であることは容易に推定できる。
因みにsubmarginal marksとはシギチでよくお目にかかるsubterminal band同様
羽のへり付近にある濃褐色の模様というような意味。中村氏の記述では虫食い斑として
いるが、マガモ属の多くやスズガモ雌雄等の体羽に出現する波状斑と混同するおそれが
あって呼称をspotやfringeと併せて変更したものと考えられる。
中村氏は外来種の影響等の研究をされたので、さしたる確実な根拠がなくとも冬場に
見るカルガモの雌には見られない羽ということで、雑種由来説を唱えたのだと思う。
この辺はアマチュアが科学的根拠を提示せよと求められるのに対して、学芸員としての
立場を利用した暴論と言わざるを得ない。氏にとっては外来種と同様に飼養マガモや
アイガモとカルガモの交雑という、自身にとって好都合な題材となり得たからです。
氏がコラムの中で使用している写真はアイガモ雌との体長差から考えて、明らかに
雑種カルガモですが、その三列風切の虫食い斑は雑種が原因ではありません。
こののち、1995年11月に鳥類画家の氏原氏は雑誌Birderにカモの季節がやって
来た「雄・エクリプスと雌の見分け方」を書いて、なぜか、雄エクリプスの時期に
比較できない雌繁殖羽の写真を多数使用し、p.43のハシビロガモの欄で上述した三列
風切の変化に触れている。インターネットが普及していなかった当時、数年の時間差は
あっても中村氏の記述と山階鳥研報の下敷きがあって暗にこれらを否定したものだった
のでは?と昨年雑誌Birderの古い巻号を読んでいて驚いたものでした。

アマチュアの声はいくら大声で叫んでも記録には残りません。組織に入らなければ
その世界の人間として認められません。しかし組織の上下関係に左右されず、正しいと
信じたことを追求するのにはアマチュアほど自由な存在はありません。 多分これから
先もどこにも属さないアウトサイダーで居続ける気がします。

vermiculation
最後に波状斑水色円の拡大が右上 2010年3月下旬 芦ヶ池
英語のvermiculationの訳が虫食い斑、波状斑ということになりますが
今回のようなこともあるので、分けて表現した方がいいですよね。
秋の夜長、久しぶりにシャンソンを聴いたら泣けてきます。

PageTop

カモの調査と真実と

これまでいろいろカモや野鳥や自然について書いてきた。
図鑑や論文にも誤りは多いと書いてきた。
その中で科学的事実に基づいて、論じられなければ、それは
意味がないとも書きながら、数値や図表データを使わなかった。

鳥を観察しはじめた初期の頃は、撮影もしましたが、スズメや
モズやカワセミ、カラスといった鳥の繁殖とその巣間距離や
給餌内容、給餌間隔などをデジカメのタイムスタンプ機能を
利用して逐一記録していました。
今でも繁殖の様子を観察することはありますが、詳細な調査が
目的ではなく、撮影画像も一切公開しません。

私のホームエリアは長年にわたってカモ観察記録を公開している
方がいて、普段継続的に観察している池は大阪のガンカモ調査を
とりまとめしている方の担当池です。残念ながら私が継続的に観察
記録したカモの数・種はこれらのどちらの方とも明らかに異なります。
そのため、最も経験年数の少ない私はそのカウントデータを公開せず
問題点だけを指摘してきました。
もちろん、理由はそれだけではなく、私は一切実名を公表しての活動
をしていない、敢えて公式な記録に残すことに大した意味を感じて
いなかったということもあります。

ところが、最近になって論文の書き方や調査の方法について学び、
なんとか正式な記録を残そうという欲が出てきて、その講座に参加
したりしていますが、経費や実名公表しないという制約から実現は
かなり厳しい上に、一定の形式に則った報告書作成は難しいと感じ
ています。

とは言っても、これまで観察してきた内容を数値化することは至極
簡単で、カウント自体はその都度機械的に行うので100羽程度の
観察なら互いに重なっているとか、木の陰に隠れているとか以外は
10分程度で終わることができる。双眼鏡の視野に現れたカモの種
年齢・性別で迷うことはいまのところない。
現在のカウント内容は種・雌雄・成幼・非繁殖羽・移行羽・繁殖羽
の別について記録し、そのときにどのような行動をしていたかを
記録するもの。

wigeon-am-br
早くも完全に繁殖羽に換羽終了したヒドリガモ雄成鳥繁殖羽

wigeon-am-almostnb
こちらは非繁殖羽からわずかに繁殖羽に換羽したヒドリガモ雄成鳥移行羽

wigeon-am-tr
非繁殖羽から繁殖羽に換羽中のヒドリガモ雄成鳥移行羽

shoveler-nb-pair
雌雄共にほぼ非繁殖羽のハシビロガモ成鳥

shoveler-af-nb
非繁殖羽のハシビロガモ雌成鳥

shoveler-tr-pair
非繁殖羽から繁殖羽移行中のハシビロガモ成鳥雌雄(雌の脇が肌色味を帯びる)

ハシビロガモ幼鳥については「ハシビロガモ幼鳥」にあります

他にマガモ・ヨシガモの飛来がありますが雄は繁殖羽移行中、雌は非繁殖羽の成鳥です

PageTop