をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

南部漁港ふたたび

一昨日、PM2.5に霞む大阪南部を再び訪れた。
南端のまち岬町は海のにおいが漂い、かつての大阪にタイムスリップしたかの
ような、ゆったりした時間の流れるようなまちに思えるのは私だけではないはず。
山が海にせまり、南海本線より海側にほとんどビル群や工場がないのがその原因
かも知れないが、関西電力多奈川発電所だけはどこからも大きく見える。

前回の出発地点は和歌山よりの漁港を出発したが、今回はひとつ大阪よりの漁港
から出発することにした。が、しかし漁港内には巨大UFOキャッチャーのような
台船が稼働中で大きな音をあげて浚渫?していたのでカモメはわずか10羽ほど。
そこからみさき公園の海側を通って目的の漁港に到着するまでにオオセグロカモメ
を見ただけだった。

schistisagus
オオセグロカモメ成鳥夏羽 セグロカモメよりも換羽が早いオオセグロカモメでは
一足先に夏羽になる個体が多い。これはワシカモメが成鳥が夏羽になっている個体
がいるのと同様。嘴の黒斑は成鳥ながらもやや若いことを示している。

vegae
2月10日東大阪市、セグロカモメ成鳥 オオセグロカモメに比べると換羽が遅い
ために頭部の斑は依然として多く冬羽の状態。これから先セグロカモメの頭部も
夏羽への移行により白くなってくるが大阪近辺を渡去するまでに完全な夏羽になる
ことはまずないと思う。
一般にセグロカモメとオオセグロカモメの背の色で両者を区別しがちだが、体型や
嘴形状、脚の色がやや異なり、初列風切が尾羽より大きく突出するセグロカモメが
Jizz上でも認識できる。
また冬季大阪湾奥部更に河川遡上による内陸侵入性が強いカモメにユリカモメと
セグロカモメ、カモメが挙げられる。夏季は逆に日本周辺で繁殖するウミネコや
オオセグロカモメの成鳥を除く若鳥が内陸で見られるケースが多い。

crassirostris
2010年3月初旬、貝塚市 ウミネコ成鳥(第4回夏羽)成鳥になりたてなので
初列風切先端の白斑はごく小さい
同じ中型カモメの亜種カモメがしばしば内陸の池・河川で見られるのにウミネコを
内陸で見た記憶がない。枚方市の山田池公園で2005年7月にウミネコの珍しい
観察記録があるようだが、おそらく若鳥(第3回夏羽より弱齢)だったのだろうと
推測する。

schistisagus-young-flock
昨年5月中旬大和川・堺市、 大和川で8羽のまとまったオオセグロカモメを観察す
ることは難しい(湾奥部ではオオセグロカモメが少ない)がこの日は成鳥を含まない
第4回夏羽以下の若鳥の小群が滞在した。通例この時期はユリカモメの渡去期に相当
まだ多くの夏羽ユリカモメ、少数のウミネコ若鳥と共に見られたが大型カモメが渡去
してしばらくしてのことでした。

3s-crassirostris-schistisagus
2011年7月初旬、ウミネコ若鳥の群れとオオセグロカモメ第3回夏羽
大和川や淀川等大阪湾奥部の河川付近で見られる夏の大型カモメは見なくとも大抵は
オオセグロカモメ若鳥。理由はウミネコ同様繁殖に参加しない個体。

1s-3s-crassirostris
2013年5月中旬、ウミネコ第1回夏羽2羽に挟まれる第3回夏羽雌雄
飛来後長時間ミューコール、魚を吐き戻しての求愛給餌と熱い時間が続いた
この2羽は一見成鳥に見えるが足・嘴の色、羽色、初列の白斑から亜成鳥。

canus
2010年3月初旬、貝塚市 亜種カモメ成鳥
カモメの渡来時期は他のカモメ類に比べて遅く、換羽進行も遅い。

hyperboreus-fly
シロカモメ第1回冬羽、翼端の濃色部がなく尾羽も白い。嘴はピンク色で先端部分だけが
くっきりと黒い。これらのことから紛らわしいオオセグロカモメとシロカモメ雑種である
可能性はない。摩耗したオオセグロカモメ第1回夏羽にはかなり白いものがいるが大きさ
やパーツの特徴を見ることで区別できる。

hyperboreus
前回訪問時には不在だったシロカモメ。今回も到着時カモメ類が50羽ほどしかおらず
ハズレ!と思ったが、ワシカモメ若鳥を探索中に飛来した。

mongolicus
モンゴルカモメ?成鳥夏羽 今回到着後すぐに目に飛び込んできたこの個体。
頭部や後頸に斑がなくやや間の抜けたような頭部外観、目が小さく嘴から離れているなど
外観的にはモンゴルセグロカモメ(キアシセグロカモメ)成鳥の外観を有する。
長くこの個体の羽ばたきを待ったことがシロカモメとの遭遇に繋がった。結果は初列風切
外側から6枚目まで黒く、典型的ではなかったが、これまでに見たモンゴルカモメの特徴
を備えた個体でした。これがモンゴルカモメであればカモメ観察会で8種のカモメ観察の
可能性があり楽しみが増えました。左下アウトフォーカスの白鷺は亜種ダイサギです。

スポンサーサイト

PageTop

雪負い鴨

昨日未明から降り出した雪は正午を過ぎても止まず、前回の積雪が夜間のみであったのと
違って、日中の降雪の割にはかなり積もった。 近畿のみならず広く本州付近太平洋側に
大雪をもたらした今回の降雪は記録的なものとなり、各地で被害を出した。

snowing-nintoku
雪化粧した仁徳稜。正午ごろ

mallard-female
マガモ雌

mallard-male
マガモ雄

mallard-pair
マガモ雌雄

intersex-spotbill
雄化?カルガモ

mandarin
濃い雪とばりの奥のオシドリ、まだ100羽以上滞在中。樹上からずり落ちる雪の音を警戒してか
普段潜んでいる樹下にはおらず、ずっと開水面に出ていた。

misago
お馴染みのミサゴも雪の中を飛ぶ

shoveler-1w
ハシビロガモ第1回繁殖羽移行中、手前雄

shoveler-pair
ハシビロガモ成鳥雌雄

wigeon-pair
ヒドリガモ成鳥雄と第1回繁殖羽移行中の雌

falcated-pair
ヨシガモ成鳥雌雄

falcate-1ws
ヨシガモ雄第1回繁殖羽2羽

雪の中のカモ達はいつになく楽しそうに見えるから不思議だ

PageTop

野鳥の理解と理想の図鑑

今日は京都まで戸籍謄本を取りに行ってきた。
母の年金請求に必要なので、母を一人にすると火の不始末をしでかさないか、心配である
とともに、ずっと監視しているような自分を解放する意味もあって出かけた。
生前、父に確認することはなかったが、戸籍というのはどこにでも設定できる。皇居の中
東京タワー申告はどこでもできる。うちの本籍も誰かが意図的に京都醍醐寺のど真ん中に
設定したのではないかと、現在では考えている。

comparison-hybridbaikal
今日の画像の縮尺がやや大きめだが、1ヶ月経っても肩羽の褐色味等以外あまり変化なし

帰りに寄り道して、最初に観察してほぼ1ヵ月経ったトモエガモ雑種を見てきた。
私はいつの頃からか、このように個体識別しやすい個体の経時変化を追うことで、カモ
そのものを先生として羽衣の変化を勉強してきた。どの図鑑のどこに書いてあったとか
論文のどこにそういう記載があったということは、参考でしかない。

ferina-flock
11月中旬履中陵で撮影したホシハジロの群れの一部、10羽中2羽だけが雌

例年行われるガンカモ調査に付加して、今年は雌雄の性比調査も実施されたようだ。
調査自体は意義あることだけれど、私は従来からその報告カウント数はあまり過度の
信頼を置いていない。調査者によるバラツキ、同じ調査者でも別日のカウント再現性
が大して高いと感じていないからです。
しかし、今回のように大規模広範囲に実施される調査では、地区毎の性比の偏りが
緯度に依存する(ヨーロッパの調査では緯度依存性の性比があって、北ほど雄比率が
高い)のか否かが判断できる。決して目の前の現実のみが真実ではないことを知る
手段となりうるからです。我々はしばしば百聞は一見に如かずの感覚でものを見がち
ですが、ホシハジロや他のスズガモ属のカモに見られやすい性比の偏り(一見雄が
断然多い)理由が国内の分布で確かめられる可能性があるということです。
このような調査はバードリサーチが関与してから顕著になったようにも思います。
性比の偏りについて1:1に近づくと最初に紹介したのは「種の起源」で有名な
チャールズ・ダーウィンでしたが後の版で削除したため、この理論を統計学的に証明
したロナルド・フィッシャーがフィッシャーの原理・ランナウェイ説で有名。
私自身は3月のため池で50羽を超える群れ全てが雌という状態を見たことがあり、
移動期に南の雌ばかりの群れが入ったと考えれば合点がいく。ただ、同じ地域でも
淡水域と汽水域、異なる淡水域では性比のバラツキが多いのも確か。
ガンカモ調査はある種に関して単純に数を数えることが多い。ここに性比や成幼比
など付加情報を加味するとそれだけ煩雑となり、数え直しも多くなり、大群の計数を
している方には敬遠されがちなのを、光線状態・カモまでの距離を考慮していかに
正確に数える方法をとるかが問題となってくるだろう。

鳥類目録改訂第7版が出ても、それに準拠する図鑑が一例を除いてなかなか出なかった
けれど年末から最近にかけて主要な 山渓ハンディ図鑑新版 日本の野鳥 それに
平凡社 日本の野鳥650が相次いで出版された。
日本の野鳥650ではカモ分野の画像チェックにお声かけ頂き、大西氏には巻末に
氏名記載もしていただいているようだが、私は全ての画像チェックをしたわけでも
疑問を感じた画像の異なるアングル、翼パターンを参照できたわけでもないので、
私にできたことはかなり限定的だと思う。売りが真木広造氏自身による画像のみで
構成されていることなのだが、それが逆に適当な画像がないことにも繋がる。
思うに私がもし図鑑をつくる機会に恵まれたら、最初から鳥類目録には準拠しない。
参考として記載はするが、そこにこだわると世界のトレンドを見失う。 また、
フィールド版には雌雄成幼の秋・真冬・渡去期の画像を並べて比較できるようにし
過去に記録のある雑種・雄化・色素変異個体も併載する。資料版では総論や背景文化
等カモを理解する上で必要な項目は網羅し、フィールド版より詳細な比較識別解説を
盛り込む。Web版で誤植や誤った記載を逐一掲載、最新知見を更新するなど3段構え
の体制をとりたい。けれど、おそらく究極の図鑑というのは、人それぞれに違うので
自分自身で作り上げていくのがベストかもしれない。
そんな意味もあって、私の生活レベルでは著者割引があっても高額な図鑑をおいそれと
購入するわけにもいかず、本日大型書店で立ち読み、後日図書館に配本されたら詳細に
読んでみることにします。

PageTop

救いようのない隠し癖

一昨日、実印、現金、健康保険証がなくなったと記した。
その後、考えられる場所を探して洗濯物の引き出しから実印は見つけた。
本人は何の記憶もないので、そんなところにはない、盗られたと騒ぐばかり。
いつも、第三者が侵入して盗ったというが、常に被害妄想が優位で自分が移動
させた物の位置は皆目覚えていない。そこにない…盗られたという論理を押し
つけようとしてくる。これはある意味レビー小体型認知症とも判断できる。
本日、見つけ出してわかりやすい場所に置いていた実印をまたどこかに隠して
わからなくなったようだ。これからもこんなことは延々と続くだろう。

※レビー小体型認知症
アルツハイマー型認知症と初期時点では誤認されることもある認知症。他に
脳血管性認知症があって、複合型の場合もある。
レビー小体型認知症は幻視、妄想を特徴としたかなりはっきりとした幻覚を
伴うとされ、同時にパーキンソニズム(パーキンソン症様症状)…手足の振え、
筋固縮などが認められる。また睡眠中大きな声で寝言を言う、手足の動揺、
うつ症状、便秘、大汗をかくなどの症状が見られ、このような内容は全て
当てはまっている。これまで、母に起きた病名は的確に判断できてきた自分に
とって、この疑いだけが取り越し苦労だとは到底思えない。すでに最初の傾向
を感じてから3年が経過しているため、自発性を損ねるような言動は控えて
いるが、そろそろ拒否せず専門医の診断を受けてもらいたいと思っている。
ここ数年、父が意思疎通のための言語を発しなくなってからは独り言が顕著に
増え、最近は一人で家にいる時間の大半をボヤきや語りかけのような独り言が
占めている。

PageTop

久しぶりの雪化粧

外は現在、久しぶりの雪景色。車の通行も少なく、雪の消音効果でとても静か。
母の盗られた騒ぎはおさまらず。誰も留守中に侵入した形跡はなく、盗られたと
思う事自体が異常。もうすでに何度もこういう騒ぎを起こしているのにこんな事
は初めてだと毎回言い張る。健康保険証と現金数万円は依然として行方不明。
母を問い詰めるのは逆効果だし、いつまでも目的なく探し続けるのにも疲れる。
父の亡くなる数日前からの風邪が完治しない。体調の不調に加えて母の認知症悪化、
自治会の問い合わせが多くて、ええ加減にしてほしいと正直思ってしまう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。