をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カルガモの順位闘争

カモの嘴先端は丸く、喧嘩をしても血を流しているのを見たことがない。
恐らく、大半の方は喧嘩をしている場面すらご覧になったことがないという方が
多いのではないかと思う。
その理由として大きさや食性・環境選好性が異なることにより、無駄な争いを避け
なおかつ一定の社会性をもつことで互いの争いを回避していると考えられる
同種・あるいは異種の争いも大抵はその前にどちらかが譲歩することで、巧妙に
争いを避けている。過去、私はこれをカモのパーソナル・スペースとして取り上げ
記事にもしている。 しかし、同種間の順位争いと思われる闘争ではしばしば水面
を大きく掻き回す勢いで激しい取っ組み合いが続くこともある。
多くは雄の順位争いと見ているが、若い雌を雄成鳥が振り回すこともあるようだ。
これらの闘争は営巣時期が迫った春先に見ることが多く、このところカルガモの
闘争を頻繁に見るので何点か紹介しておく。

コンラート・ローレンツの動物行動学等で紹介されているカモ類の行動はその日常
動作が高度に様式化されて特別の意味をもつものが少なくない。
次に挙げる画像も静止画では交尾と誤認されかねない画像であるが、オス同士での
行動であることが異なる。後頭部に噛みついて背に乗る行動は交尾のシーンでよく
見られるが、他にニホンザルにおけるマウンティング同様後頭部を噛まれた者が
背に乗る者に服従する意味合いをもつものと考える。

karu-battle
まるでレスリング選手が背後を取りにグルグル回るように、翼をばたつかせ水面を
クルクル回り、隙をついて逆回転。この動作が5分ほども続いた。 本日近所で撮影。

karu-battle1
奥側のカルガモが手前のカルガモの後頭部を噛んでいる。 雨覆等から双方オス。

karu-battle2
交尾時ほど頭部真後ろを噛んではいないが、常に後頭部に噛みついている。
敗北を認めたオスは直後に隙を見て飛んで逃げた。

karu-battle-ho1
こちらはもっと複雑でSLの三重連のように3羽が重なる。3月28日 東大阪市

karu-battle-ho2
飛来直後は四重連状態にもなった

karu-battle-ho3
この4羽も見たところオスばかりに見えた。
カモは水上で交尾をするためファルスと呼ばれる、ペニス様器官をもつ鳥類でもやや特異な
仲間です。稀ですがオスがオスに乗って交尾姿勢をとることがあり、大抵上に乗るのは体格に
勝る大柄なオスなのでやはり従属関係の誇示という意味合いがあるのでしょう。
かつてアイガモの観察で兄弟のアイガモが1羽の雌アイガモを複数で奪い合い、頻回の強制的
交尾で後頭部の羽毛が脱落した雌を見ていますが、雌がいなくなった後一番体格に劣るオスの
アイガモが強制交尾の対象になっていたことがあります。

asi323shoveler
一般に頭部を交互に上下動させるポンピング動作は交尾前の前触れ行動として知られている。
ところがこの画像のハシビロガモ雌はその動作中の静止画像なのです。
タンチョウが着地後すぐに行う挨拶行動にも似て見えるため、こちらは親愛の感情を示す
行動の一部ではないかと思う。 他に異なる複数の個体がゆっくり頭を下げ、サッと戻す姿勢は
飛び立ちを催促する手段と考えられ、静止画で同一に見えても意味は大きく異なる。

スポンサーサイト

PageTop

春色のすみれ

noji-h
ノジスミレ 東大阪市 3月29日

noji-v
これが今年初のすみれではないけれど、やっぱり春の陽射しにすみれはよく似合う

monshiro
羽化したてのモンシロチョウ 今が盛りの河川敷きのセイヨウカラシナ
多分そこに産卵されて育った青虫が護岸柵を這い上って、土台コンクリートに
辿り着いて羽化したのだろう。右側にはさなぎの抜け殻が見える。 3月19日 東大阪市

hashibiro
池中央のハシビロガモの群れ数十羽 周囲にはツバメが飛ぶ 3月21日 岸和田市
3月には移動途中のハシビロガモの大きな群れを見ることが多くなる。
キンクロハジロもおなじような動きをするし、アカハジロ雑種もホシハジロも既に渡去

tsubame
ここはツバメのねぐらが形成される池なのでその時期には珍しくもない光景。
飛来間もない乱舞には、ショウドウツバメ乱舞のような錯覚を覚える。 岸和田市 同上

kochidori
コチドリ雌成鳥かな 大和川 3月29日

isoshigi
常連のイソシギ第1回冬羽 肩羽にごくわずか夏羽が見える 尾羽先端の白斑が第1回の証
春はどこから見ても間違いなくやって来た

PageTop

春の陽気包む大和川

一気に春が来た感じで、先日よりすみれ、ソメイヨシノが開花して
水辺では1週間ほど前からツバメが飛び交い、今日は暑いくらい。ただ蜃気楼は
大気の透明度がよくないので望み薄な様子。

common-gull
カモメ第1回冬羽

mongolian-sol
モンゴルセグロカモメ(亜種キアシセグロカモメ)第1回冬羽後期

vega-mongolian
尾羽の黒帯の幅や色味がセグロカモメと随分違いますよね
本日は砂州に八百数十羽のカモメが集合していましたから、オオセグロカモメも3羽ほど、
モンゴルセグロカモメも第1回冬羽含めて3羽見つかりました。

gulls-play
ボールのようなものを咥えて追いかけ合うカモメとウミネコ若鳥。
とにかく何も食べずにじっとしてるか、遊んでばかりのカモメは他の鳥とは少し違う

cheekspotted-vega
オオセグロカモメの左横にいるのは先日紹介した黒耳セグロカモメ。
黒耳が随分薄くなって、これは外部から付着した黒色と断定できる。
左右対称だから、内部要素に由来する頭部部分黒化としたのはお恥ずかしい限り。

schistisagus
オオセグロカモメ第4回夏羽、尾羽にはやや黒色の残存が見られる

taimyrensis-call
タイミルセグロカモメ、天に向かって吠えている。3月頃には結構普通にいる。

taimyrensis-starttofly
吠えたと思ったらしばらくして飛び立ったり、超高空からストンと仲間が降りてくることが
あって、コールは相当遠方まで届いているのかも知れない。

black-headed
頭部が黒くなったユリカモメ成鳥はまだ1割ほど、第1回冬羽の個体数と変わらない

black-headed-gulls
頭部が黒くなりつつあるユリカモメたち。一番右のユリカモメは第1回冬羽のため黒くならない。

flock-gulls
潮が満ちてきて、大形カモメがねぐらに飛び立ったあとも、ユリカモメは少し上流の砂州に
移動して滞在した。点々と黒っぽく見えるのはカモメ。

commongull-darkhead
その少し上流の砂州で見つけたえらく頭部の斑が濃く黒っぽいカモメ。見慣れないと違和感が
強いが長く見ていると、こんなのもいるよレベルになるんだろうな!先日のカナダカモメを
疑ったセグロカモメも過去に同じような経験をした方が淡路島におられたようです。

PageTop

海苔養殖バリカン症とカモ

朝日放送の報道番組キャストのニュースで、海苔養殖バリカン症の原因判明という
ニュースが放送された。
そもそもバリカン症というのは収穫が近い海苔が一夜から数日で消失してしまう、
これまでは奇病と考えられていた現象・・・え、なんで病気と考えられていたの?
ニュースの映像にあったヒドリガモは特に海苔養殖で食害を与えることが既知の
事実であるし、このことは昨年秋に既に報告のあったこと。
50年来の奇病とか、昨秋まで原因が判明していなかったなんて、信じられない。
内湾に生息するマガモ属の主たる採餌物は海辺の構造物等に付着した海藻類のはず。
にわかに信じがたい、こんなこと・・・調査とか学問の連携とかないんですかね。
2月3日に記事にした競技場の糞被害といい、ただただ唖然とするばかり。

PageTop

初カナダ?

カモメだけでなく、過去遭遇したことのない鳥を正確に判断するのは難しい。
種々の要素や識別点を頭に入れていても、具体的イメージを思い描き、照合する、
そんな作業がふと頭をよぎった別の視点から打ち消されることもしばしば。

以下の画像は昨年2月和歌山県紀の川河川敷に出たカラムクドリ撮影の帰途、
大阪南部漁港で水浴びする一群のカモメを撮影した中の数枚です。
当時は頭部の斑の濃さからアメリカセグロカモメを疑っていて、どうもそうでは
なさそうだったので、お蔵入りしてしまっていた画像です。
これまで、カナダカモメの南限記録は三重県のものが知られており、先頃の雑誌
でも取り上げられていました。大和川でも目撃されたとかいう情報が一時流れて
何度か観察に行きましたが、発見できずでした。 しかし、昨年よりワシカモメ
やシロカモメが観察されている大阪南部の方が条件的に可能性が高いのではないか
と考えていたので、今年も数度じっくり観察しました。

gulls
2013年2月1日、大阪南部
左から、ウミネコ第3回冬羽、カナダカモメ成鳥冬羽?、セグロカモメ成鳥冬羽、
オオセグロカモメ成鳥冬羽、セグロカモメ成鳥冬羽。右手前2羽はオオセグロカモメ
第1回冬羽。

thayer1
カナダカモメ成鳥冬羽? 頭部の丸みや華奢な嘴はカナダカモメ的

thayer2
カナダカモメ成鳥冬羽? 初列の突出はカナダカモメとして矛盾しない

thayer3
カナダカモメ成鳥冬羽? 大きさもこの程度でいいと思う

thayer-wing1
カナダカモメ成鳥冬羽?P9の舌状斑は見えないが、内弁淡色が確認できる

thayer-wing2
カナダカモメ成鳥冬羽? 翼下面黒色部が濃く見えるが顔つきはカナダ的

thayer-wing3
カナダカモメ成鳥冬羽?P9の内弁淡色部がこれ以上確認できる画像はなかった

頭部の斑がくっきりし過ぎている、翼裏面黒色が濃すぎる、脚の長さが確認できない…
何点か納得いかない部分があるが、これまで一度もカナダカモメを観察したことのない
自分にはこのカモメがカナダカモメもしくはその系統のカモメに見えてしまうのです。

※ このカモメの翼先パターンの詳細が知りたくて、同時に観察したお二人に画像を
 送って頂き、よりはっきりと確認できる画像を見ても、P9のミラーと舌状部は融合
 しておらず、ぼんやりと薄い舌状部が繋がりかけているようにも見えます。
 少なくとも舌状部はミラーひとつ分手前で途切れていて、カナダカモメとするよりは
 Vegaの翼先パターンに近く、頭頸部から胸にかけて見える斑の出方もぼんやりと
 せず、かなり明瞭ですから、純粋なカナダカモメではありません。
 それでは、何かの雑種かというと、翼先パターンがカナダカモメに似て見える雑種の
 シロセグロ(セグロカモメとシロカモメの雑種)では通例セグロカモメと同大か大きい
 のが普通で、過去に3度ほど観察経験がありますが、初列の突出も短いはずです。
 現時点ではカナダカモメの雰囲気を感じるセグロカモメとしか言えません。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。