をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

盗っ鳥ベニアジサシ

スイッチング シーズンで紹介したアジサシの群れ、実はある意図を持っていました。
多くの鳥が飛来する場所には、必ずと言っていいほど近縁の別種が混じることがあります。
群れの紹介、例年飛来する事実とともに伝えたかったことは、よく似たそういうアジサシの
仲間を見つけてくれる人がでてこないかと期待したわけです。

その結果、脚の赤いアジサシに混じってベニアジサシが見られるのではないかという情報が
5月20日を過ぎたあたりから聞かれるようになった。私自身、大阪に隣接する尼崎埋立地や
関空島ポートターミナル等で観察経験があったが、一般人が自由に立ち入りできる場所での
観察例は少ないので、以後注意深く観察することにした。

【ベニアジサシとは】
かつては沖縄・奄美周辺に夏鳥として飛来することが知られ、エリグロアジサシと共に南方で
繁殖、青い海をバックに飛び交う姿を思い起こす方も少なくないはず。
近年は繁殖地の北上に伴い本州でも関東以南では夏鳥として見られるようになってきた。

1994年7月福岡県大牟田市三池島で繁殖が確認され200羽程度の成鳥が観察された。
以上「福岡県三池島におけるベニアジサシの新繁殖地の発見」  武下雅文. 1994
                                          Strix 13: 250-253

一方大阪湾での繁殖記録の正式な確認は2007年夏、岸和田市の埋立地で確認された
もので、この時の記録の一部、雛画像等がN氏のブログ検索で確認できる。
また、昨年2013年夏には泉大津市の埋立地での繁殖を知人のふーさん他が報告して
いる。 
「観察Report  ベニアジサシの繁殖 泉大津市初記録」 むくどり通信2013年9月P.21
                 小海渡銀次郎  納家 仁  福田幸充

気をつけたい外観特徴 5・6月の嘴は黒い 
大きさはアジサシとほぼ同大だがやや小さく細身に見え、背も体下面の白味も強い。
嘴と脚は鮮やかな朱色で、他の亜種アカアシアジサシ、キョクアジサシ、クロハラアジサシ
等のやや黒味を感じる赤色とは明瞭に異なる。ただ、嘴の色は求愛期までの夏羽前期で
黒く、繁殖中は先端側の大部分が黒く基部のみ朱色のものから先端のみ黒いものが殆ど
で、嘴全体が朱色で先端のみ白色になるようなものは夏羽後期にあたる。 また胸~腹
がバラ色にほんのり色づくのは夏羽の繁殖中のみで前期・後期では見られない。
また、嘴と共に第1回夏羽の脚は黒く、額は白い。 口角に朱色が見え口内は朱い

beni-pair
ベニアジサシ雌雄、6月中旬 以後の画像はすべて中旬撮影

beni-pair2
ベニアジサシ雌雄、左が雄

beni-male
ベニアジサシ雄

観察できたのは最大で6羽見られたうちの最後の一組雌雄のみです。他の雌雄判別に
適用できない部分もあるかも知れません。
・ 雄がやや大きい
・ 雄の嘴がやや鋭く長い、雌雄共にわずかに下方に湾曲する
・ 雄の体色がやや薄く明るい印象を受ける
・ 雄の外側尾羽は長く、一枚内側の尾羽の2倍程度長い。雌はやや長い程度。
・ 雄の頭頂は高く黒い帽子が深いように見える
 なお上記特徴は求愛・交尾行動によって確認した上で記載した

【ベニアジサシのcleptoparasitism】
cleptoparasitism(kleptoparasitismとも表記)クレプトパラサイティズムとは労働寄生、盗み
寄生とも訳される他種が得た餌を奪い取るような採餌形態をいう。グンカンドリがカツオドリ
やトビの餌を横取りしたり、オオバンが咥えて浮上した水草を水面採餌ガモが横取りする
のもこれに当たる。

雄単独で横取り
beni-1chase
目ぼしい大きさのキビナゴを咥えたコアジサシを追い回す

beni-1rob-release
執拗な追跡にキビナゴを放棄したコアジサシ

beni-surface-catch
海面に落下したキビナゴをすくい取る

beni-1rob
反転・追跡が迅速な場合は空中でキャッチした

雌雄協力しての横取り
beni-2chase
雌がコアジサシを追い立て、雄が急接近して奪い取るケースもある
ただし、直接嘴から奪い取ることはなく、放棄した小魚を横取りする

beni-f
飛翔中の雌、尾羽はさほど長くなく、この個体は左外側尾羽がやや短い
初列翼端の灰黒色はカモメ同様種によりパターンが異なるが、翼先での見え方は
光線状態、翼の上・下面で異なる

beni-present-forf
オイルフェンス上はアジサシ類の求愛・休息場所になっていた
雄の帰還を待ちわびた雌は頸を伸ばし、翼を下げ尾羽をピンと上げる
V字状に反る体勢は雌雄共に求愛時に見られ、雄が餌を差し出した
時には頻繁に見られた。
ただし、餌の小魚が雑魚だったり、小さなキビナゴの場合は反応せず
雄が自身で食べた。雌雄協力して餌を得た場合は雄が食べることが
多かったが、一旦メスに差し出すプロセスを省略することはなかった。

【本州での繁殖のカギを握るコアジサシ?】
従来観察されている沖縄周辺、九州周辺でも周辺でコアジサシの繁殖が確認されて
いる。また、ベニアジサシの採餌方法はコアジサシ同様垂直飛びこみ型のようで、
同じ採食方法・同じ場所で営巣を繰り返すうちにコアジサシの餌を奪い、営巣地の
集団警戒網を利用することが繁殖域拡大のためのコスト削減に寄与している可能性
があって、沖縄等の南方海域より水温の低い本州域で生活していく上でコアジサシ
が一定規模以上に生息していることが必要なのではないかと思える。
また、繁殖場所として選択されていたサンゴ礁由来の岩礁域で営巣する性質を引き
継ぎ、コアジサシが平坦な裸地を利用するのに対し、色瓦や陶器片の混じったような
段差やデコボコのある傾斜地を好むように感じる。雛の幼綿羽の色合いもコアジサシ
と比べて黒っぽいが本州繁殖世代が代を重ねると淡色化する可能性がある。
いずれにしろ、現状コアジサシの繁殖域北限を超えてベニアジサシの繁殖地が北上
する可能性はないだろう。大阪湾全ての繁殖場所の詳細情報を知りうる立場には
ないので、これらすべての情報や他の場所での繁殖情報から更に盗み寄生の事実
が積み重ねられることを期待したい。

スポンサーサイト

PageTop

カラシラサギ別個体

昨日の干潟から、今日は別場所に移動したはず・・・
そう考えて、母の病院送迎のあと現地に移動してみると、予想通り。

eulophotes-sakai
カラシラサギ - 堺市、脚は黒く足指もそれほど黄色くない

eulophotes-osaka
カラシラサギ - 大阪市、脚も足指も全体的に黄色く、コサギ幼鳥のような脚

本日は異なる場所で2羽を観察。昨日干潟で見られた個体は堺個体のようです。

※ 干潟のサギと表現してほぼ問題のないカラシラサギ、同所的にコサギ・ダイサギ
(亜種チュウダイサギ)やアオサギが見られ、シギチではシロチドリ、オバシギ、チュウシャク
シギなどが見られる。5月以降ではオオソリハシシギ、トウネン、キアシシギ、イソシギ、
ダイシャクシギ、ハマシギ、メダイチドリが他に見られているが、これはこの干潟が造成される
前にも見られた種。タカでは干潟のやや盛り上がった裸地や流木上にミサゴが普通に休息、
獲物を採餌するのが見られ、チョウゲンボウ、ハヤブサも後背地の小鳥等を狙って訪れる。
後背地の緑地ではムクドリ、カワラヒワ、ヒバリ、セッカ、オオヨシキリが常時観察できる。
少し前に紹介したアジサシは随分と数が減り、見られない日もあるが、コアジサシが付近で
繁殖、縄張り宣言するケリもしばしば浜に水浴びに訪れる。
大阪市のカラシラサギはその後見られなくなったようだが、堺市の個体は常時干潟にいる。
                                         6月11日追記

PageTop

カラシラサギ

カラシラサギ Chinese Egret Egretta eulophotes(エグレッタ エウロポテス)
図鑑にはコサギよりやや大きいと表記されているが、野外観察でコサギより大きく見えた例がなく
大きさの根拠には疑問が残る。(個人観察、およびコサギと並んだWeb画像等)
国内では現在の大阪南港にあたる場所で観察・標本採取されたのが初めての記録。
以来、毎年大阪で記録されているかは不明ながら、ここ数年は南部・淀川付近で記録がある。
6月の野鳥としてイメージするのは、ハシボソミズナギドリ、ハジロクロハラアジサシ、カラシラサギ
が思い浮かぶ。それほどに大阪での記録は6月が多い。

karasira110614
初めて南部で観察したカラシラサギ、鳥友の連絡により阪南市で観察 2011年6月14日

karasira120623
自力で発見したカラシラサギ、独特の姿勢で獲物を狙う 2012年6月23日 泉大津市

karasira120623-2
夏羽の嘴は黄色で目先は緑色味を帯び、足指は黄色っぽくコサギに似るが顔つきが違う
個人的には精悍なこの夏羽のしかも婚姻色個体に出合いたい

karasira120623-3
飛翔姿勢から考えてもコサギより大きい計測値が得られるとは考えにくい

karasira140608
本日人工干潟で見かけたカラシラサギ ここの干潟は設計にも問題ありで超遠い 堺市

karasira140608
遠いが爆発したような冠羽が見える、ここでは小魚を主体として採餌

amasagi140608
草地部分では亜麻色のないアマサギもいた、アマサギは昆虫・カエルなどを採餌し田んぼ等で
見られ、カラシラサギは海に近い干潟でハゼ類等の小魚、エビを採餌することが多いが稀に
両者が農耕地付近で見られることもある。

PageTop

雌雄同色を考える

図鑑の記述にある、雌雄同色や留鳥が意味するところを考えてみたい

4月を過ぎると多くの野鳥が繁殖を開始する。中にはカワウやアオサギ、
一部の水鳥のように冬場にはや繁殖に入る鳥たちもいる

hiyo-1
5月1日、堺港から大和川河口部を遡上していくヒヨドリの群れ
群れが接近する時点で気付いたが、それからカメラを取り出し撮影したので全景のみ
湾上及び河口では水面スレスレを球状からひも状に飛行したが、道路・ビル群を避ける
目的で撮影時には高度が上昇した

hiyo-2
上と同じヒヨドリの群れ、推定総数千羽超、これほどのヒヨドリ群れを見るのは初めて
仁徳陵周辺や山地高所から数十羽~百羽程度の群れを見た経験はあるが、大和川が
ヒヨドリの渡りルート、しかも春の渡りルートになっているとは知らなかった。
以前からそうなのか、神戸空港や南港沖処分場が造成された結果なのかわからない
春の移動時期のピークは石川県でヒヨドリの渡りを観察されている方の期間に一致する

ヒヨドリの雌雄判断は野外識別できないものと思われる。翼開長その他大きさは雄が
やや大きく、計測値を元に判断できるという報告があるが、特徴的な羽や模様等性決定
の判断指標となるようなものは知らない。ヒヨドリはかつて冬鳥と認識されていたものが
次第に留鳥あるいは漂鳥と認識されるような状況に変化したもので、現在では年中同じ
場所に留まる真正留鳥、通過鳥、低地と高地・北と南の個体群が季節によって交替する
漂鳥が見掛け上留鳥として捉えられている可能性が高い。この辺はカルガモにも似た様
なことが言えるものと思う。
このような漂行は帰化鳥と考えられる大阪府内のハッカチョウでもしばしば観察でき、
サクランボ(多くはソメイヨシノ等が多い並木街より、多種の桜しかも交配種と純粋種、
あるいは純粋種のさくらにできる)が実る時期には、府内のあちこちで観察できる。
ただし、繁殖している場所は局地的で、どの場所も河川下流付近で緑の多い場所に
限られるように思う。

土曜日は鳥がさえずる美声に目を覚ました。ここ3年ほど近所でよく見かけるようになった
イソヒヨドリの雄のさえずりで、ベランダやよその家の高所玄関先にいることが多い。
 また、午後は昨年8月に南港野鳥園で開催されるはずだった、上田恵介氏の講演
「鳥類学事始め」を聞きにでかけた。 聴講費千円を失念していたため、手持ちの財布
中身を総ざらえしてしまい、帰路の交通費が足りなくなり、経路を変更し多くの部分を
徒歩で賄う事で帰宅できた。

内容は本邦における鳥類学の歴史に始まるのかと思いきや、なんと大阪出身の上田氏
自身が鳥類学を研究するようになったいきさつに始まり、最近の福島原発に絡む放射能
汚染が鳥類に与える影響までの調査にまつわるお話でした。
聴講ができなかった方は以下のバードリサーチ内10周年記念集会プログラム内容紹介
ページに多くの重複がある、動画記録があります。

基調講演 「野外で鳥を研究することとアマチュアの役割」
※ 内容は大半が重複しますが、当日の大阪時代の回想話は長く、それだけで講演の
半分の時間が費やされました。またスライド資料中、オシドリ画像に鳥類=一夫一妻が
多いとされている画像の右半分、オシドリとアメリカオシ部分の画像は今回割愛され、
冬のセッカ画像中のキャプション、冬は尾羽が2センチ短いとあるのは今回訂正済みの
2センチ長いの誤りです。

セッカと言えば、上田氏の研究が有名で、そのフィールド調査をかつてわたしがトンボを
観察していた場所のひとつ、信太山丘陵で実施されたことは知っていました。鳥学会の
前会長の江崎氏も大阪出身の方ですし、山階鳥研名誉会長の山岸氏も大阪市立大学
で上田氏を指導され、堺市大泉緑地でモズのフィールドワークを著作に残しておられる
ので鳥研究分野で大阪に所縁のある方は多いですね。
上田氏の講演の中で、繁殖中の雄夏羽は目先から口角、会合線にかけて黒く口内も
黒いので見分けられるというお話がありました。夏羽の口内が黒いことは山階図鑑に
記述が見られますし、写真図鑑となった現在では多くの図鑑でその違いが解説されて
いますが初版が刊行されて久しいフィールドガイド日本の野鳥等では触れられず、また
私の所有する写真図鑑では最新版でも雌雄同色、説明が追加され夏羽の口内は黒い
と書かれていますが、説明は雄に限定してないため雌も黒いと誤解されかねません。

sekka0508
5月8日 シギチ観察の干潟草地で
上で書いた内容通り、目先や嘴に黒い部分が見える

sekka0512
5月12日 スイバにとまるセッカ、多分上と同一個体

kochi0508
5月8日 干潟周辺で毎年営巣するコチドリ、左が雄で右が雌
チドリ類は比較的雌雄判断が容易で、雄は多数派の雌より少し大きいのが普通
しかし、一般的には雌雄同色とされることが多い

medai0508
5月8日 メダイチドリ 左が雌で右が雄、両方雄かもしれない

tounen-MandF
5月8日 トウネン、左が雄で右が雌と推定している

kiasi-MandF
5月8日 キアシシギ、左が雄で右が雌と推定している
確たる雌雄判別法が確立していないシギ、シギは雌が大きいものが意外に多い
カルガモ雌に見る羽縁淡色、嘴の形状・色 行動などから推測するが、国内で
交尾・繁殖が観察できない一部シギの雌雄判断は容易ではないが夏羽や行動
から雌雄外観の違いを見つける糸口がつかめるのではないかと思う。

PageTop

同じことができない

つづきを表示

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。