をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

経年劣化2

母は遺族年金が思ったより少ないので、父の障害の過給がない、それという
のも私が主治医の障害に関する診断書を提出しなかったからだと、毎日の
ように年金事務所に交渉するよう迫ってくる。死亡した父の障害年金がないの
は当然だと言っても聞く耳をもたない。病院に直接電話して、診断書を書いて
欲しいと伝えるも、意図が伝わらず相手にされない。
そもそも年金と健康保険の違いも判別できなくなっている母に残っているのは
金額の大小を比べることができるくらいで、次第に社会から相手にされなくなる
母の状態が気がかりだ。

 足のマメは東京に行く前日、履きなれないローファーを履いて出勤したのが
原因でできたもの。ひもやストラップでフィット感を調節できる靴と違い靴のサイズ
調整がシビアなローファーはスリッポンの中でもかかとにマメができ易い靴だ。
常日頃この手の靴の履き下ろしには十分な時間と革の伸ばし調整をかけて臨む
が今回は久しぶりのことで油断した。履きなれない靴を遠出に履いていくほど
愚か者ではないと思うので、翌日にはすっかり傷痕の治癒した経過報告と共に
お伝えしておく。

前に保管していた靴のポリウレタン加水分解による劣化をお伝えした。
その後もスニーカー、革靴をチェックしたところ再利用できないもの、一部劣化が
見られるものの、部品さえ入手できれば補修可能なものが見つかった。

スニーカーは製造ブランドに関わらず、ミッドソールに使用されたポリウレタン
(PU)はまるで砕けた凍り豆腐のようになり、併せて用いられたエチレン・
ビニル・アセテート(EVA)部分は原形を保っているものが多かった。
革靴に関しては使用部材の化学合成品が少ないものの、次のようなひどい
製品も保管していたことが判明した。
お断りしておくが、私はポリウレタン製品を真っ向から否定しているわけではなく、
用途、経済性、質感にはそれなりに有用な部分があるものと考えている。
ただ、靴工業会などが製品に添付している説明書には通り一遍の材料特性が
書かれているだけで、製品のどこにその部材が使用され、いつ生産され、もし
それが劣化した場合どのようなダメージを負うものか具体的には記されていない。
生鮮食料品でも2次加工品ならば消費期限や産地を明らかにしなくても違法では
ないが、この辺は衣料品やアウトドア用品メーカーも含めた製造者側が消費者に
対してもっと良心的対応をとるべきではないかと思う。

broken-shoe
いつ頃、この靴を購入したのかはっきりとした記憶がない。
見ての通りアッパーの革に見える部分が白い粉を吹いているかのように見えたので、
カビでも生やしてしまったか?と思いきやポリウレタンを布地にコーティングした人工
皮革だったことが判明。当時英国製ダイナイトソール底(ラバー)の革靴が欲しかった
ので価格が安いこともあって飛びついたのだろうが、とんでもない製品だ。
前にマッケイ製法に見せかけたソールが剥がれて接着補修した靴の踵をカットして
ビジネスサンダルにした靴メーカーと同じだから、企業姿勢に疑問を感じる。
一度も履かずに保管していたことを考えると、あまり履く気が起きなかったものだと
思うのだが・・・。
製法や外観は英国伝統の外観だが、靴底のダイナイトソールもなんちゃって製品、
アッパー素材も然り。この仕様なら5千円も出せないが、もっと高かったような。

かつて通勤に使用していた合成ソールのリーガル靴にも一部ポリウレタンが使用
されていることが判明しました。

shoes-regal
それは15年ほど前の製品のソックシート(靴の踵側インソール)、左側茶色の靴に
REGALのロゴとトレードマークが消えているのが見えます。
薄い革の表面にウレタンがコーティングされ、劣化によって挿入していたシュー・
ツリーにくっついてしまったもの。真中の黒い靴にはプラスチック製のキーパーを
使用していたので、キーパーが接触していた部分だけ引っ掻いたように見えます。
右の赤茶のスクエア・トゥのシートはつま先半分のみが木製バネ式ツリーを使用
していたので一見ダメージがないように見えますが、表面がネバついています。

sock-sheet
隣接市の靴材料卸店で入手できた革製半敷き(右、こげ茶の製品)
一般の靴店には置いてない製品なので、ネットで探したお店で小売りしてもらえるか
訊ねたところ可能だというので、こげ茶1足、ベージュ2足と靴底用ゴムシート等を
譲ってもらった。
プロ用の接着材は大容量のものしかないので、一般ゴム用の接着剤を溶剤で延ばし
元々シート下に張られていた発泡スチレンシートの代わりに1mm厚コルクを入れて
接着補修する予定。同時にコバの染色、革の栄養剤補給、靴ひも先端のほつれ留め
を実施する。

つづきで部品交換・補修を終えた靴

つづきを表示

スポンサーサイト

PageTop

痛い!東京

今年の鳥学会は国際鳥学会議に重点があるようなので・・・
10日ほど前まではパスしようと考えていたが、母との関係に悩む毎日を
リフレッシュしようとの思いから東京行きを決めた。
実に7年ぶりの東京、毎年1・2度は訪れていたのだから、いかに長期の
外出が困難になっていたかが、わかって頂けるかと思う。
単に物理的な問題だけでなく、経済的な理由もあってとても遠くなっていた
東京行きは当日の勤務を交代してもらったことから始まる。

夜行バスでの移動は費用を安くするためには必須だが、繁忙期か閑散期
かで利用料金が変動する。事実ネット予約での往路は予約人数が多く、
スタンダードシート利用でも、帰路のデラックスシート利用より高額となった。
更に移動時間が飛行機や新幹線と比べて長く、移動中に寝付けない方に
とってはかなりの疲労を伴うことも考慮しなければならない。もっともどこで
でも寝られる方は結構いるようで、環境が変わると寝られない私などは少数
派の一部なのかも知れない。

【痛い その1】
往路のバスはトイレなし4列シートの一般日帰りクラスの車両で、しかも割当
座席が最前列通路側。乗車するすべての方が、着座する私に接触しながら
乗・下車する。隣の若者は真面目で遠慮がちな方で不快な点はなかった。
予想していなかったことが、冷房の効きすぎ。座席用の送風口だけでなく、
昇降口通路にも助手用送風口があって、双方が私を直撃しており、送風口
の向きを変えたくらいでは寒さは和らがなかった。前方乗車の多くが咳き込み
していたので、かなり寒かったものと思う。真夏なので暑さ対策の団扇や飲料
は準備したが、上着は持参しなかったのが痛い。 それでも疲れが出たのか、
生涯初めて、夜行バスの中で短時間眠りについた。
バスの構造上、前席の影に隠れず露出しているシートは物置等に転用され
助手仮眠席の隣は空けられていることが多いので最悪の席でした。

【痛い その2】
勤務を交代してもらった勤務が夜行バス出発当日の休日日勤。 トラブルも
なく勤務終了したが、履いて出た靴が昔馴らしかけの足に馴染んでいない靴
で、足入れした感じからは1km程度の歩行なら、マメもつくらずにすむだろう
と感じたものでした。ところが履いてない長期の間に新品靴の履き下ろし同様
きつくマメができやすい状態になっていて、通勤の往復で少し履いただけで
大きなマメが両足かかとにできてしまいました。この時点では表皮の手当てを
して、傷パットで覆いその上で履きなれた革靴を履いて行けばそれほど痛みが
出ないと考えました。ところが出来たマメの大きさが500円硬貨を一回り大きく
した大きさで両足にできたものですから、過去に経験のない大きさのマメとなり
半端な傷手当では及びませんでした。褥創治療にも使うパッドとテープ、はさみ
を携行して到着時と学会終了時にはパッドを取り替えましたが、痛みで歩幅が
短くなりやや前傾したペンギンのような歩き方しかできません。
おまけにバスは池袋駅西口に早朝到着したので、朝食後に会場の大学に到着
しても午前7時前。足早に職員にまぎれて通用口から構内に入ったものの、案
の定警備員に呼び止められ、構外で待機。小雨がぱらつくので、警備員に付近
の雨宿りできる場所で待機させてくれと交渉、原則一点張りの警備員からやっと
雨宿りの許可をもらったら、ほどなく講義棟には立ち入れないが、入場は可能と
返答をもらい、木の下のベンチでやっとの休息。
マメの痛みと雨宿りできない痛み、ここでは2つの痛みがありました。

【痛い その3】
東京到着と同時に捜したのは朝食が摂れるファーストフード店。バスを降車した
地点からほどなくしてマクドナルドを見つけたので朝食セットをオーダー。商品を
受け取って2階席で食べだしたら、店員がお飲物を間違えましたと言ってサイズ
違いの飲み物を持ってきて、元あった飲み物を近くのトレー置き場に廃棄して去っ
ていきました。一口飲んでコーラでなくアイスコーヒーと判明したので受付カウンタ
で交換を申し出ました。サイズも間違ってるけど、肝心の商品も間違ってますよ!

【痛い その4】
鳥学会は早朝到着で待ち時間が長かったものの、いろいろ聴けて良かったです。
ただ、疲れのせいで、しょっちゅう居眠りしてました。靴も24時間以上連続で履き
続けたのは初めてでした。マメの痛みで足指にも力が入って親指の先端付近に
新たなマメができたような感覚でした。鳥類目録第6版が千円、第7版が三千円
で販売されてたので購入。正規の価格と送料は負担できませんが、この価格なら
迷わず購入します。

【痛い その5】
今回の東京行きは学会の発表を聴くのが半分、ネットで調べて購入できそうな
中古靴の試着が半分の目的でした。最近はスーパーで買った二千円ほどの靴
を自分で修理しながら履くのが普通でしたが、以前はスニーカーから火が点いた
靴好きでもありました。幽霊でもない限り誰でも足はあるし、服を着るにも足元
が決まらなければ、何を着ていいかわかりません。
そのような事情でリーズナブルな価格で購入でき、かつ品質の良い価格帯の
中古靴が試着できるお店を1店決めて、予約を入れていました。直前までマメの
痛みでキャンセルしようかと迷いましたが、予約時刻に余裕があったので文字
通り足を引きずってでも行くことにしました。帰りのバスターミナルからもそれほど
離れていないことも一因でしたが、正直普段の自分なら20km先の目的地に
徒歩で行くほどの距離感がありました。お店が坂道の上り坂の途中にあったのも
心理的に苦痛から距離を感じさせたものでしょう。 でも、到着時に候補の2点を
試着させて頂き、ハーフサイズ小さい方が合えばラッキーと思い、実際に履いて
小さいと感じた出来の良い品のいい靴が手に入れられず残念でしたが、残りの
無難な候補が合ったので思いがけずセール期間に入り、当初の金額より安くて
購入できたのはラッキーでした。

【痛い その6】
マメの痛みはかかとだけにとどまらず、足全体に及び、ふくらはぎ等にも筋肉痛
を感じるようになってきました。それに帰りのバスの出発ビルが他の高速バスと
違う位置にあると認識していたものの、足の痛みに気をとられてなかなか見つけ
出せず、無用な移動を繰り返し、もはやお土産を買う店をを探す体力もありません。
ひたすらにバスの待合所に向かい、4時間以上帰りのバスを待ちました。
帰りのバスは車内温度も適温、シートは前から2列目の窓側、デラックスシート。
往路とは格段の違いでトイレも車内にあります。これまでに利用した高速バスで
トイレなしは今回が初めての経験でした。
車両は良かったものの、隣の席の男性の体臭がとても強く、おまけに声かけせず
リクライニングシートを倒す等マナーが悪く、脚も私の座席まで広げてくるような方で
お決まりのように眠れませんでした。

母の状態は二晩空けるくらいの東京行きでも、支障はないようでした。
ただ帰って母の顔を見ると、私以上に疲れているようにも見えました。日頃、私の
言動・判断がすべて気にくわないとわめき散らすことが多いのですが、いなければ
それはそれで不安でいつもの食事などができないようです。
味覚や嗅覚・・・あらゆる感覚が以前とはずいぶん違ってしまったなと思う反面、
なるべく長い間以前からある母の良い面が失われないよう願っています。
母の精神状態ができるだけ落ち着いたものであるように配慮したいところですが、
外出の提案がかえって喧嘩の元となることもあるので、母の思いに任せています。
最近お盆のお供えで少しトラブルがありました。地蔵盆のお供えは地域で長く盛大
に行っているところもあれば、わずかなお供えだけで済ませているところもあります。
私のいる場所は後者で、お供え額も大抵は少額です。初盆を迎えた母は自治会の
死亡見舞に応えるべく、地蔵盆のお供えに高額供えをしたので受付から返金されて
しまい、立腹しています。地域の慣例というものを日頃から母に説明して、お供えと
寄付は混同しないように・・・と説得してはいるのですが、困ります。

PageTop

経年劣化

台風による大雨で各地で大きな被害が出ていますね。毎年のこととはいえ、被災された
方が多くないよう祈るばかりです。
カワウのセミナーを聞きにでかけたり、鳥見もしないことはないですが、母の状態や
今後の生活を考えるとやはり気が重いです。
父の介護と仕事の事情で職を離れて10年以上、交友も生活にまつわる消費も極力
避けていたので、アルバイトとはいえ社会に出ると、忘れていた色んなことが見えてくる。
現役時代は細身でいくら太ろうとしてもできなかったが、父の介護時に火事場の馬鹿力
を必要とすることが多くなり、次第にがっしりした体形となり、腹も出た。
体重は最大で20kg増加したので、シャツやスーツはまるで入らなくなってしまった。
靴のサイズは大して変わらないが足囲が増えた分、タイトな革靴やランニングシューズは
同じく入らなくなった。それ以上に歳月の経過を物語るもの・・・

sneaker-broken-pu1
k-swissのレザーランニングシューズ、ミッドソールが粉を吹いたようでひび割れしている
ランニングシューズはアシックスを常用していたので、フォルムが気に食わず、また
通気性の面もあって押入れに保管したままでした。

sneaker-brken-pu2
指で押すと、不出来な落雁の如く崩れ去る

sneaker-broken-pu3
この通りアウトソールの合成ゴムとアッパーを残して完全に崩壊してしまいました

business-broken-pu1
こちらは国産のビジネススリッポンシューズ。
踵が積み上げ革製のヒールブロックに見えるが、上のスニーカーと同じくポリウレタン製。
アウトソールは恐らくデザインからマッケイ製法で取り付けされているので劣化はないが
履くには踵を2000円程度かけて取り付ける必要がある。

business-broken-pu2
靴の下にある黒いテープ状のものは革積ヒールにみせかける化粧テープ。
これでポリウレタンを巻いて革製に見せている

business-broken-pu3
すっかり踵がなくなった靴
発泡ポリウレタンはクッション性に富み、短期の使用で崩壊することはないが、新品保管でも
3~5年以上保管するとひび割れや崩壊を起こしやすい。
このようなポリウレタンの性質はスキーやバイクのゴーグルスポンジでも経験することなので
知っていれば、長くは使えないと認識しているものだが、国民生活センターの報告によると
意外に知られていないことのようだ。 この靴達を見ていると社会から一定時間隔絶されて
生活していた時間の長さに思いが至り、SOLEは崩壊してもSOULは失くさないようにしたい
ものだと思う。

つづきで靴の改造リサイクルへ


つづきを表示

PageTop

ウミネコ幼羽

7月末の画像から、ウミネコ幼羽。
若鳥とか幼鳥とか曖昧な表現は極力使わないで、フレッシュな幼羽を見てもらおう。

ウミネコに関しては大阪で有名な大阪市立自然史博物館の学芸員和田氏ととらえ方に
差があることをこれまでにも書きました。和田氏が見て感じることや、引用している文献
にも有名な方は多いですが、ものの見方や記事の信憑性には人それぞれの面があります。
和田氏が野鳥の会大阪支部の会報「むくどり通信」通巻226号、2013年7月号に連載の
身近な鳥から鳥類学の第15回に大阪湾の夏のウミネコと題する頁があります。
この中の最初の小見出しに大阪のウミネコは夏鳥?というものがあって、ユリカモメも越夏
があって千葉県の例では7月以外のすべての月で観察例があり、東京湾の湾奥では夏~
秋にウミネコの数が多いことから、夏鳥のようだとしています。
引用文献の著者を見ると、千葉県近傍で水鳥・海鳥の観察をされている方の報告が見られ
中にはカモの観察報告において誤認と思われる報告をされている方も少なからず見えます。
夏鳥としている視点から欠落しているのは、成鳥と非成鳥の認識つまりは非繁殖個体群の
存在認識だと私は思います。それがなければ周年観察できる留鳥的要素の強い鳥で、実
のところ成鳥と非成鳥が時期的に漂行することでそのような印象となると推測します。

neko-ootsu-fisherboats
漁船に群れるウミネコ 泉大津市 7月末

neko-ootsu
河口砂州のウミネコ幼羽(赤い矢印)
観察した際にちょうど河口沖で漁船が網を入れたので大半のウミネコ(500羽ほど)が
飛び立ったところで砂州上には200羽程度しか残らなかった。その中で4羽の幼羽が
観察できた。

neko-ootsu2
全体にチョコレート褐色をしていて暗色なので、見分けはそれほど難しくない。
脚色と嘴の先端以外はピンクに近い肉色をしている。

neko-ootsu-wing
幼羽の腰から尾羽基部は斑があって、他の齢のウミネコのように白くない。

neko-sakai-wing
幼羽の翼下面は黒っぽい斑状で、翼後縁が揃っていて整然と並んだ羽が美しい。
一方前を飛ぶ第2回夏羽後期個体は次列風切及び内側初列風切が換羽伸長中で
初列外側の長い旧羽(P10からP7)の摩耗とその他の伸長中新羽の差が大きく
不揃いで汚らしい。このような換羽期の外観差を利用して幼羽と判断するような
機会はミズナギドリ類を含めて意外に多い。
ウミネコ幼羽の腹部から下尾筒はその他の部分とは異なり白いので、遠目に幼羽
と他の齢の個体識別するのにも有用。   堺市、7月末、泉大津の一日後

neko-sakai-comparison
第1回夏羽後期個体と幼羽個体 堺市、7月末 クリックで拡大します
脚の黄色いカモメ類は肉色の脚が黄色に変化する途中で灰色味を帯びるか
レモンイエローを呈する場合があります。

neko-sakai-play
カモメ、カラス等は遊びを通じて飛行技術や個体関係を築くことが多いようで
幼羽個体も小枝等を咥え遊びに余念がない。
幼羽は肩羽・雨覆に淡色の羽縁が明瞭だが、個体差も結構あるようだ

neko-sakai-flock
この群れは850羽を超していたが、砂州上にはこのような群れが3つ以上約2600羽いた。
6月から8月の大和川河口を代表する光景。

himon-underconstruction
南島樋門の吐出部が矢板で囲われ工事中でした。他の河川では河川敷きの通行が水路で
遮られることを鉄板やグレーチングで覆い回避しているが、大和川はところどころで分断され
ているため、それが改善されるなら嬉しいが・・・。

和田氏の身近な鳥から鳥類学に戻って、挿入図の棒グラフ、ウミネコの個体数の季節変動を
見てみると・・・スケールの目盛間隔や最大目盛数から見て50羽程度観察できればグラフに
出現するはずの11月から5月の個体数がほぼカウントなしということになっている。
これは2012年の結果だが近年の同一場所の観察結果から、100羽程度負のゲタ履きした
つまりは各月で100羽くらい少ないカウントになっている感じがする。また最も観察数の少ない
月は5~6月となっているようだが、個人的には12月の観察数が最も少ない。概して一年を
通じ大阪湾にはウミネコ成鳥の数は多くないと見ている。そのため、ウミネコが関東の例にある
ように市街地で繁殖する可能性は極めて低いと見ている。
ウミネコ幼羽が和歌山県の御坊市近傍の繁殖地を後にするのは6月末から7月初旬のことで
湾奥の堺・大阪沿岸部に到達するには1ヶ月弱を要するものと考える。海岸線沿いに約100km
を10km/2日程度のペースで北上することになり、例年7月末には幼羽幼鳥が堺・大阪沿岸で
観察されることになる。一方繁殖地を後にした親鳥の成鳥たちは反時計回りに太平洋岸を一旦
北上、その後それぞれの越冬地に向かうものと推測する。なにぶん標識調査で得られた和歌山
繁殖個体群の移動経路の報告等を目にしたことがないので、あくまで推測の域を出ない。
なお和歌山におけるウミネコ繁殖地の様子は古いデータながら、御坊市のホームページにある
データを参照した。
鳥の事なら山階鳥類研究所、野鳥の会の情報がすべて正しいと思いこんでいるいる方がいる。
もちろん大抵はそうなのだが、鳥類専門の学芸員が誤っていることもある。STAP論文の件、
大阪府警の冤罪・ねつ造の件正しくあるべきあるはずのものが正しくないということはありうる。
アマチュアや一般市民とて論文や研究報に頼らずとも「おかしい!」を訴える場が必要と思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。