をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

ウルトラ級変身

本日の話題は靴関連記事に戻って、シューツリーのはなし

革靴マニアたちの間ではしばしば高級ブランド靴や素材である皮のなめし技術や
その業者タンナーのことはよく話題にのぼりますが、洋服ならばハンガーとの関係
にあるシューツリーの歴史や用途に正確に踏み込んだものを知りません。
もっとも、私が知らないだけで、この分野では多数のMOOKが出版されたりしている
ので、どこかにその記事は存在するかも知れません。
良く知られた話題では帰宅後、靴を脱いでどのタイミングでシューツリーを入れるか
というものがありますが、私はどちらも大して違わないと思います。 どちらというの
は帰宅後に脱いだらすぐ入れる派と一晩程度そのままにして、一定時間経過挿入
する派です。この問題についてはあとで触れます。

jm-displayfiller
先日ひょんなことから、安価で入手に成功したディスプレイ・フィラー。エンブレムが
愛用靴のジョンストン・マーフィーだったので譲っていただきました。 どのような経路
で私の手元に来たか不明ですが、見た途端、これは使える!と直感しました。

10数年靴もシューツリーも購入していないので、最近の事情はよくわかりませんが
レッド・シダー(アメリカ芳香杉)材の中国生産ツリーが普及して、かつては高級品で
1万円ほど、廉価品でも2千円近くしていたものが、どれもブランドさえ拘らなければ
2千円ほどで入手できるようになっています。靴の世界でも山陽山長、宮城興業に
インドネシア産ジャラン・スリワヤが有名になっていて、かつてのスペイン産靴製品の
台頭を彷彿とさせます。リーガルのフラッグシップもジョンストン・マーフィー国産品の
製造からシェトランド・フォックスに移行して随分様変わり、10年ひと昔の様相です。

ところでディスプレイ・フィラーというのはシューツリーの一種ですが、小売店や販売
促進目的で特別につくられた、展示用製品です。そのため、靴の中に隠れて見え
ない前足部分はたいてい黒いEVAという柔らかな素材で置き換えられ、人目に触れ
豪華さを印象付ける踵部分はブランドのエンブレムがつけられ、ローズウッドのような
塗りが施されているものが多いです。今回、見つけたものはアメリカの有名な製靴
ブランド、アレン・エドモンズ傘下、ウッドロア製と考えられるものです。
アメリカで著名なシューツリーメーカーは他にオールデンのシューツリーなどを製造
しているロチェスターなどがあります。レッド・シダー材でシューツリーを製造している
メーカーは他にもありますが、ウッドロア、ロチェスターは2大ブランドと言えるでしょう。

rochester
ロチェスター社のシューツリーです
ハンドル部分(かかとの部分)がフックバックといって鉤状になっているものと、棒状の
ものがあって、棒状のものがやや廉価な分、かかとの型崩れの懸念があるように言わ
れる場合もあるが、かかとにしっかりと半月芯が入ったグッドイヤー製法の靴ならまず
その心配はない。仮にカーフを使用した国産マッケイ製法の柔らかな靴でも特に大きな
ダメージは出ないはず。気になるようならハンドル後端に厚革やゴム板をあてがえば、
それで事足りる。シューツリーは高い製品ほど高品質というわけではない。
ロチェスター社の製品はウッドロア社のものより真鍮製金属チューブの口径が太く約
12mmほどある。また、前足部のチューブ取り付け金属板が閉じた状態で後方にせり
出す傾向が強い。更にそのブランドを誇示する刻印がチューブに見られる。

rochester-engrave
ロチェスター社のシューツリーには明瞭な刻印がある
ROCHESTER SHOE TREE CO.
ASHLAND. NH. USA.       ・・・の刻印が見える

さて、今回入手したディスプレイ・フィラーはウッドロア製だと書きました
実はこのウッドロア製のシューツリーパーツ、かかと部は各サイズ共通です。
また、マーケンや中国で生産される多くのツリーと互換パーツとなっています。
そこで、入手したものがLサイズであっても、マーケン製のSサイズ前足部と付け替え
すれば、Sサイズの実用シューツリーが出来上がるのです。
jm-part-exchange
ご覧のようにノーブランドの廉価版樺材シューツリーが付け替えられます。
写真撮影用に意図的にハンドル部は左右逆にとりつけています。
写真からもハンドル部の大きさはサイズに関係なく同じ大きさというのがわかります。

廉価版シューツリーで容易に部品変更が可能ということが判明したので・・・
実際にレッドシダー材のシューツリーとパーツ交換します。
cedertree-part-off1
使用したのはアメリカ、P&M Cedar Products, Inc.のCEDAR PRO II
前足部分を固定してかかと部のハンドルを左右どちらかに90度捻ると簡単に外れます

cedertree-parat-off2
前足部とハンドルが分離したシューツリー、前足部の金属板が上下にずれています

jm-pin-off1
今度はディスプレイ・フィラーの分解です。
前足部側面の穴に細いプラスドライバーを差し込むと、簡単に固定軸が外せます

jm-pin-off2
固定用の木軸が外れて、前足部とハンドルが分離しました

jm-synthepart1
ディスプレイ・フィラーのハンドル部をシダーツリーの前足部に逆手順で捻って取り付け
完成したのがこちら。私のSサイズ専用ツリー豪華版が1足完成しました。
ちなみに、このタイプの正規品はウルトラ・シューツリーという製品名で実在しており、
ヨーロピアンタイプのツインチューブ式ツリー、エピック・ツインチューブより高価で販売
されています。製品版のウルトラ・シューツリーのかかと部はレッドシダー製ですが、
ブランドプレート入り、ローズウッド調ツリーが安価にできたわけです。

面白いことに、ツリーのパーツは大半が互換性があるため、各メーカーが自社デザインに
固執せずいろんな製品を展開しています。ただ、アメリカ製シングルチューブ・ツリーに
由来するパーツはかかと部分のサイズが共通、ヨーロピアンデザインのサイドスプリット
タイプ製品は前足部が共通部品であることが多く、ヨーロピアンデザインのものはかかと部
パーツを後方に延長することでワンサイズ大きくしたものが見られます。ただ、どの製品も
サイズに応じてパーツの大きさを変える必要のあるものもあり、全サイズ共通のツリーなる
ものはつくれないことはないですが、とても稀です。
ネットオークションサイトでは、これとよく似た、ブルックス・ブラザースのディスプレイ・フィラー
が出品されているのを見ます。よくは似ていますが、こちらはかかと部の形状底部がフラット
なのでロチェスター社製のようです。同じように、ロチェスター製ツリーとパーツ交換できます
が、元のツリーの価格が高目なので改造する意味がやや薄れそうそうです。

john-lobb-scott
完成したツリーを装着状況がわかりやすいように、シュータン(ベロ)のないギリーシューズ
に挿入してみました。 ジョンロブのscottです。
なかなかいい感じにどんな靴でもフィットしてくれます。
明日は続きで、シューツリーのいろいろと用途について触れます。

つづきを表示

PageTop

サインは9時半

先日カモの飛来状況を確認に行った池でカルガモに混じって珍しいカモを見つけた。
このオカヨシガモを見て、「どこが珍しいねん!」とツッコミを入れたくなったアナタ。
少々認識不足と言わざるをえません。 そもそもネット上でエクリプスまたは移行中
とキャプションの添えられたオカヨシガモのほぼ全てが幼羽から第1回繁殖羽に移行
途中の画像だからです。
ごく稀に繁殖地近辺で撮影された画像や越夏個体画像が見つかりますが、極めて
少ないのが現実で、オカヨシガモは他のカモに比べて繁殖羽への移行が早い上に
越冬地である日本付近への渡来が遅い種なので、繁殖羽への換羽が済んでいない
成鳥個体を観察することが、とても珍しい種なのです。

gadwall-male
オカヨシガモ雄成鳥 エクリプスから繁殖羽移行後期 2014年9月22日大阪南部
オカヨシガモのエクリプスは全体に褐色味が強く、肩羽や脇羽にも波状斑はない。
また繁殖羽では不明瞭な頭央線、過眼線が明瞭で嘴の両サイドは雌のように橙黄色
を呈する。真黒な嘴の雄成鳥は渡来期から渡去期まで見られるが、遅くまで居残り、
4月以降に観察される雄成鳥の一部は早くも体色が褐色味を帯び、嘴に黄色味が
見られるものが確認できる。

gadwall-male-front
上と同一個体、同日の正面  頭部や肩羽、嘴にエクリプスの残像が見える

gadwall-male2014
オレンジ色の楕円で囲った部分の羽に淡色の「く」字斑が見えますね
実はこれ、雄成鳥の換羽時期に特徴的な軸斑なんです。
そう、本日のタイトルにある9時半というのは、く字斑のことなんですよ!
前に幼羽から第1回繁殖羽への移行期、肩羽の一部に淡色斑が出現
する様子を「わっ、おんなじや」で触れました。
これは羽衣さえ理解できれば外観から容易に成・幼が判断できる一基準です。

では、他のマガモ属の例で確認してみましょう。
falcated-male2014
昨年10月26日のヨシガモ雄成鳥移行羽

wigeon-male2013
ヨシガモと同日、同所のヒドリガモ雄成鳥移行羽

どうです?国内ではカルガモ以外のマガモ属成鳥雄の繁殖羽移行期にこの
く字斑が見られるのです。

PageTop

剥がせソール

例年になく朝夕が涼しくなった9月ですね。
9月はまた鳥の話題に戻る予定でしたが、なかなか外出が難しく叶いません。

そこで、また古い靴いじりの内容です。

cap-toe1
伊製、ピノジャルディーニ セメント製法かインジェクション製法かは不明
履き口とステッチの継ぎ目にポリウレタンの縁取りがあったが劣化でボロボロになり
スエードブラシで完全に剥がしたのが左側。右はそれをコバインキで補修したもの。

cap-toe2
縁取りをコバインキで塗って再生したキャップ・トゥ。
右から黒い一般的なキャップ・トゥ、こちらは一般用途では最もフォーマルな装いに
英製アルフレッド・サージェント
次に茶色のメダリオン(穴飾り)があるキャップ・トゥ。随分カジュアルになったが、
このくらいだとビジネス用途でも使用できるだろう。スペイン製ヤンコ
外羽よりフォーマルな雰囲気が強い内羽でも素材・色・靴底等のデザインにより
かなりカジュアル感が強くなる。

以前経年劣化記事で紹介、オールソール交換に出す予定の黒のスェードローファー
底の生ゴムクレープを剥がしてみた
crepe-sole1
剥がしたクレープソールの内側(左)、上半分が黒いのはミッドソールが一緒に剥がれ
てしまっているため。右側画像の黄色いかかと側のパーツがミッドソール。
土踏まずに載せてあるのは折れて分解したウッドシャンク。 インソールとミッドソールの
前足部分に充填された練りコルクもボロボロになっている。 これはある程度内部の清掃
をしたあとの画像だが、小石が貫通したその日、干潟でハマシギがテグスに絡まった為
泥干潟にこの靴で入ったものだから、内部は真黒の細かく黒い土埃で一杯。

crepe-sole2
ダメージの程度を確認すべく、出し縫い糸を残したままミッドソールを取り除いた画像
練りコルクもほぼ取り除き、埃を払い、ウッドシャンクも元位置に置いてみた。
ミッドソールにコルク充填、ウェルトは大丈夫そうだがオールソール交換で1.5万円
程度はかかる重症例になる模様。

crepe-sole3
次に剥がしにかかったのは、クラークスのナタリー。
クレープソールがまるでランニングシューズのようにつま先とかかとに回り込んでいる。
かかと側から指で剥がしだして、踵周辺の分厚い部分以外は簡単に剥がせた。
ただ踵付近はくさび状に厚さを増すクレープのウェッジソールが内包されていたので
溶剤(シンナー)をブラシで塗布しながら徐々に剥がした。

crepe-sole4
この靴のクレープ底は丸みを帯びた3次元構造になるよう厚みの異なる複数枚の
クレープゴム板が使用され、立体感を出すため外側3mm厚のクレープにしろ中に
包まれたウェッジソールにしても厚みが場所によって異なる。特に踵後ろ側中央は
厚く、その他は周辺部で薄く熱加圧等でアッパーに接着されているようだ。
アウトソール形状にカットされたゴム板は2mm厚。踵が9mmで踏まずにかけて
厚みが薄くなるゴム板はサイドが丸く角を落とされている。
3mm厚のクレープ板が入手できれば、踵に3枚のクレープ板を重ねた外付け踵
仕様でミッドソールゴムを挟んで自己リペアできそう。
ただ、多くの靴修理屋さんが修理を断ったり、つま先とかかと後ろ側パーツを別な
素材で形成、平面ソールで仕上げるのが一般的なため、素人修理は手強い。

crepe-sole5
踵から踏まずにかけてのウェッジ状ゴム板クレープゴムは3層構造。
これは英国製の次に出たアイルランド製だが、現在はほぼ中国製がすべて。
使用部材は製造時期によりやや異なる気がする。
デザートブーツが大のお気に入りだったので、購入したが靴底が丸くて独特の
歩行感覚。よって底材取り付け時には丸みを素直に取り除く予定。

crepe-sole10
最後に取り掛かったのが、クロケット&ジョーンズのチャッカブーツ。
茶のスェード素材なので、修理すれば秋に履くのに向いている。
前足部のコバ部分を指でめくりながら、マイナスドライバーを差し込んで剥がしの
開始点を見極める。今回はつま先外側から開始、3足目ともなるとものの3分程で
片側のアウトソール剥がし完了。

crepe-sole11
マイナスドライバーやヘラである程度剥がれたら、一気に剥がす。

crepe-sole6
最も摩耗の激しい前足中央部は根元を指で押さえながらゆっくり剥がしていく。
一気に剥がすと簡単に破れてちぎれてしまう。

crepe-sole7
きれいにアウトソールの剥がれたチャッカブーツ

crepe-sole8
剥がしたアウトソールの表と裏

crepe-sole9
靴屋さんのような専用機材や業務用接着剤はもっていないが、クレープソールの張り替え
くらいまでなら自己リペア出来そうだと感じている。

PageTop

シロハラミズナギドリ?死体

久しぶりの鳥記事は落鳥して久しいと思われるミズナギドリの死体。
この夏、台風のあとに近所を探して回るということはしなかったので、7月、8月に
台風等で迷行、路上に降りたところを車に轢かれるなどしたものと考えられる。
そろそろカモが見られる時期になったので、観察に出たところ発見した。
できれば生きた状態で出合いたかったし、なるべく傷まない内に見たかった。

sirohara-mizunagi1
路傍、アスファルトの切れ目で見つけた状態のシロハラミズナギドリ?

sirohara-mizunagi2
背面はかなり黒っぽいが、傷みが激しく翼のM字斑他は確認困難でした。

嘴上部の鼻孔周辺形状や大きさからはオオシロハラミズナギドリの可能性もあり?と
思わないでもないが、初列裏面の初列下部雨覆の黒色部等から判断すればやはり
シロハラミズナギドリの線が濃厚と考えられる。
日本鳥類目録には1962年7月に、近年の記録では2004年9月河内長野市にて
オオシロハラミズナギドリが記録されているようなので大阪では無縁のように思われ
がちな海鳥が夏季に記録されることは、それほど珍しいことでもなさそうだ。
詳細な種の判定には鳥体各部の測定、海鳥に詳しい方の助言を必要とするので、
現時点での種判断は避けます。

PageTop