をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雄化オシドリ

相変わらず母の認知機能からくる思い違いや絶え間ない罵声に悩まされる日々。
収入は変わらず、自治会の役員を引き受けさせられるなど、疲弊は加速している。

5ヶ月以上に渡って愛想を振りまいていたトモエガモ雄幼鳥も旅立ったようだ。
本日の記事はオシドリの雄化、つまり性別はメスの観察結果から。
今期、オシドリだけではなく、マガモ雄化3例、ヒドリガモ雄化2例、コガモ雄化1例、
オナガガモ雄化1例、カルガモ雄化疑い1例、オシドリ雄化4例、スズガモ雄化1例を
府内で確認しました。
過去に述べたように、雄化は飼育条件下では大して珍しい現象ではありません。
また、その発現メカニズムが狩猟等による性腺の損傷、老化によるホルモン変化などが
論じられる中、自然条件下よりも飼育個体に多いことからストレスに起因するホルモンの
異常が主因ではないかとする、ストレス原因説を唱える姿勢も変わりません。

一部のバーダー達の間ではかなり雄化にまつわる知識が浸透しつつあるように思えるが
国内はおろか国際的にも雄化に関する理解は進展していないようだ。たいていは白化、
エクリプスやオス幼鳥の換羽途中として紹介されているからだ。

aix-hirakata
本日観察してきた枚方市の池 オシドリ総数は200羽に迫り南部より鳥までの距離が近い

aix2
しばしば樹下に撒かれたドングリの場所から一斉に飛びだすことがあった

aix-intersex3
見ての通りかなり特異的な外観をしている(左側)この個体には我がフィールドでも遭遇の
経験があるが、距離が遠く換羽異常の幼鳥か?ぐらいに考えていたように思う。
1月にはこの個体の他にもう1羽いたらしい

aix-intersex1
一番左側がオシドリ雄化個体。サイズは白っぽいので膨張して見え勘違いしやすいが、メス
と同大。嘴は鈍い紅色、背や三列風切はメス的、脇や胸腹部はオス的、頭部は白い中間タイプ。
雄化個体は一般にメスが雄化するため、メスと同大であることが多く、マガモ属ではメスの嘴を
持ち、雨覆もメスに近い場合が多い。
マガモ属では脇に太い波状斑を認めることも少なくないが、外見は多様でメスそっくりな個体も
いれば、オスと殆ど見分けがつかないものもいる。しばしば種を越えて白化や黒化と思える程
の色素異常や頭部の羽質異常を伴う。オシドリでは白ひげに代表される白っぽい外観となり
モノトーン化が顕著、銀杏羽も不完全かまたは見られない。

aix-intersex2
サイズ、背はメスに似ているのがわかるでしょう

aix-intersex4
樹下の浅瀬にたたずむ雄化オシドリ

aix-intersex5
形態も雌雄中間に見えないだろうか?

aix-intersex6
白い爆発したように見える頭部は群れの中から容易に見つかった

wigeon-intersex
昨年10月に換羽進行の早いオス幼鳥と紹介してしまったヒドリガモ雄化個体
嘴や雨覆の斑はメスのものですし、眼鏡気味のアイリングやパーマがかかったような
頭部羽質は雄化個体にしばしば見られるもの。 2014年10月29日 芦ヶ池
雄化個体に部分白化等の色素異常は同時に見られることがありますが、頭部部分
白化はメスにかなり特異的だとは感じますが、雄化とは直接関係ありません。
私の記事を引用している方でこの2つの異なる事象を同一の事としている方が見受け
られましたが、そんな方に限って連絡手段がありません。

※ 赤い嘴=オスであるとは限らない

いついかなる場合でも、どのようなものにも、これさえ確認すれば大丈夫といった絶対的尺度は
存在しない。 しばしば見かけるオシドリの誤認は嘴が赤いからオスだという先入観に端緒をもつ。
例えば、オシドリを飼育している方のページから読み取れる内容として白変したオシドリのメスは
オスほどではないが、赤い嘴をしている。つまりは、雄化、色素減弱個体では嘴が赤いからオス
という判断は成り立たない。オシドリが多数飛来することが知られる鳥取県根雨や愛知県設楽で
確認されている部分白化とされる個体の多くが雄化したメスと考えられる。
これらの画像のなかには、プロの生物写真家 戸塚学氏の画像も含まれており普段から野鳥の
生態等に鋭敏なセンスをもった方でも、雄化という認識は薄いことがわかる。

スポンサーサイト

PageTop

submarginal marksは雌繁殖羽 臨時4

昨日の画像から

カモ記事からしばらく遠のいていたが、渡去が近くなったので・・・
あまり注目されることのないカモ雌の羽衣について、普段観察している池のカモ画像から

【ハシビロガモ】
m-shoveler-Oct
ハシビロガモのエクリプス、三列風切は非繁殖羽
昨年10月9日撮影
f-shoveler-b-Oct
ハシビロガモ雌成鳥の非繁殖羽、三列風切は摩耗した繁殖羽(越冬地換羽個体)
昨年10月9日撮影

f-shoveler-Oct
ハシビロガモ雌成鳥の非繁殖羽、三列風切は非繁殖羽
昨年10月9日撮影

f-shoveler-b-Mar
ハシビロガモ雌成鳥の繁殖羽、三列風切は繁殖羽伸長中 昨日

f-shoveler-Mar
ハシビロガモ雌成鳥の繁殖羽、三列風切は依然非繁殖羽 昨日

この時期に雌成鳥は三列風切を換羽伸長するものが多い。伸長した三列風切のうち
一定年齢の雌の羽には過去カルガモの羽衣報告論文に用いられたsubmarginal marksが
明らかに認められることから、その論文中で言及されることがなかった模様の原因は換羽
つまりは繁殖羽であると考える。雑種由来と考えるのは明らかな誤認である。

同様に他種も見てみよう

【マガモ】
f-mallard-b
マガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切も繁殖羽、昨日撮影以下すべて同じ

f-mallard
マガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切は非繁殖羽

【ヨシガモ】
f-falcated-b
ヨシガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切も繁殖羽伸長中

f-falcated
ヨシガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切は非繁殖羽

f-falcated-juv
ヨシガモ雌第1回繁殖羽移行中、三列風切は幼羽
やや尖り気味で小さな羽が連続する脇羽、暗色の肩羽、羽縁淡色がまだ出現しない
雨覆、褐色味が強く羽縁淡色部のない三列風切・・・多くのマガモ属幼鳥に準ずる

【ヒドリガモ】
f-wigeon-b
ヒドリガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切は繁殖羽伸長中

f-wigeon
ヒドリガモ雌成鳥繁殖羽、三列風切は非繁殖羽脱落中

spotbill-hybrid-pair
カルガモとマガモの雑種雄繁殖羽とカルガモ雌繁殖羽のペア

winged-spotbill-pair
カルガモ雌雄化の可能性がある個体雌とカルガモ雄(右)とのペア、昨年と同所
夏期と冬期の生活場所が判明したことで周年の追跡が可能となった。
翼に異常があっても短距離飛行の繰り返しで一定距離を移動している可能性あり

PageTop

woot st改 臨時3-1

前回記事の続編です

【来歴】
フィッティングの実際はもう少し先にして、woot!ツリーの素性について・・・といっても
製品説明にも販売サイトにも生産国や生産工場についての説明はありません。
有名なシューツリーメーカーの製品であっても、最近は中国製が大半を占める傾向が
強くなってきました。中国製品が例外なく品質で劣るということはありませんが、製作
管理が行き届いたブランド管理品と、そうでないものには、明らかに形状や品質に差異
が見られます。特に最近は人気が高くなったレッドシダー製のツリーには粗悪木材に
色づけしたものや、金具が不完全なもの、前足部と踵部のサイズが不一致なもの、
踵の切削が不十分で実サイズより大きい靴にしか入らないもの・・・かなりのバラツキが
あって、画像を見るだけで、粗悪品と判断できるものが2~3千円で販売されています。
4千円付近の価格帯になると、この傾向はぐっと減少しますが、ただ使わないよりマシ
なんて考えていると、靴の型崩れ防止どころか型崩れ促進に励むことになります。
初めに書いたように、シューツリーの素性を知ることは並大抵ではありません。 業界に
勤めている方や製造メーカーに確認をとることが可能な方なら幾分情報量は多いでしょう
けれど、実際どのくらいの個数がどのくらいの価格でどこで生産されたかなどというのは、
それこそ野鳥の越冬地と繁殖地その他生態を標識や追跡手段なしに特定するに等しい
一般に公表されていないことです。
 
 しかし、ある特徴的な外観や素材から多分?というような推定は可能です。

woot-regal
兄弟ツリー この2足は高い確率で同所製造と考えます
右は今回改造したwoot!ツリーですが、左は台湾製のリーガル・ツィストバック・ツリーです。
現行品ではないですが10年少し前まではリーガルで普通に扱われていたものです
このツリーの原形は恐らくメープル材で作られたロチェスター社の形状をゴムの木で
模したものと考えられるからです。ロチェスター社のツリーは軽く、甲の終端が別材で継ぎ
足されたものですが、足裏のくりぬきや曲線がきれいで踵が細めにできています。
台湾製のこのツリーも汎用性が極めて高く、エドワードグリーンのスリッポンには純正より
フィット性が良かったりします。形状はよくロチェスターを模している感じです。 ところが
この後(多分)リーガルの銘板をつけて、woot!ツリー同様に分厚いフックバック部、甲に
3点の小径通気孔、甲下に大径通気孔を装備したアメ色のツリーが販売されていたようで
ロチェスター製と画像の台湾製リーガル・ツリーの踵部には直接ネジ込み式木ネジバック
なのに対して、ツバ付鬼目ナットを介したボルト金具が使用されています。 この特徴は
今回改造したwoot!ナチュラル塗装でなくアメ色塗装バージョン製品と極めて共通点が多い
からなのです。
請け負ったツリーメーカーの主力工場が台湾にあるのか、素材であるゴムの木の加工を
得意とするメーカーが下請けに出しているのかなど、詳細は不明ですが、リーガルとは
縁の深いこのツリーメーカー製と思われるものは、Gilco製の2000年ミレニアム・モデル
のシューツリー2やSaphirのプレートを付けたパーフェクタの香りが漂う木製シューキーパー
サフィール シューツリーブラックエディションもこの木工場製と考えられる。

【シューツリーの楽しみ】
シューツリーには靴のハンガーとしての実用的側面以外に、
1、素材の楽しみ
2、デザインの楽しみ
3、国やメーカーによる考え方の違いを知る楽しみ   なんかがあるように思います。  

デザインの1要素でもある踵部を引き上げるパーツを家具用取っ手と交換することで
普段見慣れたツリーの雰囲気や使い勝手が変わるのでオススメです。
家具用取っ手もツリーの金具もM4のネジが使用されているので、簡単に交換する
ことが可能です。(DASCOの金具は木ネジ直付けでそのままでは交換できません)

例1
2way-back
木製フックバックに加えて補助的にトモエガモ頭部形フックをつけたもの(奥)と今回
作成したwoot!改フックバックに金属ノブを追加したもの(手前)
上の画像ではぶらりと呼ばれるこん棒状の金属取っ手を取りつけている

最初から2種類の踵引き上げ手段を装備した製品が存在する
フックバックの木製フックは履き口の小さなダブルモンクストラップなどの靴に入れた場合
指を入れる部分が狭くなり、上部にノブを併設している方が使い勝手が良い。
またブーツ等で使用した際にも、踵上部に金具があった方が引き抜き易い。
※ 市販のM4鬼目ナットを木製品等に埋め込むことでオリジナル引き抜き具が作成可能
また、土台部分の埋め込みビスは家具取っ手売り場に下半分が木ネジ上半分がM4ネジ
といった特殊ビスが市販されているので、袋ナット等にねじ込んで木部に固定することが
できる 

トモエガモ頭部はヒノキ角材を木工ヤスリのみで削って加工、水彩絵の具で着色後ニスを
上塗りしたもの。下の画像のように帽子の上につけてトモエガモに合いに行ったら警戒して
近寄らなくなってしまた。
baikal-on-cap

例2
wood-ball
東急ハンズのナラ木製30mm径球を取っ手に転用

例3
wood-cone
東急ハンズのナラ木製30mm径円錐上部を切り取り取っ手に転用

例4
wood-knob
市販の木製引き出し取っ手WAKI産業製

例5
ceramic-ball
市販のセラミックボールつまみ 東急ハンズ

例6
plastic-knob
透明樹脂製つまみ Seria100円ショップ

例7
black-ring
金属リングの色違い ネット入手

例8
metal-golden-knob
金色金属ノブに変更 ネット入手

・・・どうでしょう!結構雰囲気が変わるでしょう。どれも200円程度までで入手できます。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。