をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

明瞭な水平環

昨日の午後は全国的に水平環(環水平アーク)が観察されたようだ。

内暈、環天頂アークなどと共に比較的よく見られる気象光学現象ですが、

1.季節限定(春から夏の太陽高度が58°を越えるような時期)にしか見られない。
2.地上に近い低空に観察される現象なので地上構造物、大気の清澄度の影響が大。
などにより、雲を構成する氷晶の条件さえ整えば見られる現象ながら、昨日のような
鮮やかで途中で途切れない環水平アークの観察はそう多くない。 もっとも出現していても
高空に見られる現象ゆえ気づかれにくい環天頂アークよりは話題になりやすい。

cha1
昨日の水平環 午後1時頃 泉大津市 換算焦点距離120mm望遠撮影 以下同一条件

cha2

cha3

名前にこそ水平とついているが、太陽に近く天頂を取り囲む長大な円弧の一部であるため、
水平に近く見えるだけで虹色の水平線ではない。 ご覧の望遠による一部撮影でもやや湾曲
していることが確認できるでしょう。
また雲の氷晶の密度や姿勢、その中間に存在する視界遮蔽物の影響を受けるため、上の画像
のように刻々と変化し、長く全体が見えたり、一部が見えたりと様々な見え方をする。
 

PageTop