をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

矢サギ

母の勘違いや理解不足からくる暴言がひどくなってきた。
私自身は食事の世話や洗濯物等、必要な際は自分で行っていると思っているが
母の頭の中は未だに自分が世話していると思っているらしくて、期限切れの食材を
使ったとんでもない味の料理を強要したり、バスタオルや下着は黙っていれば半月
は洗濯しないなど、とても頼りにできる状態ではない。 それでも、洗濯や料理や
買い物をしてもらうのは、日常の作業を制限しないためでもあり、本人の意思を尊重
しているためだ。口座の管理は仕方なく私がしており、買い物や医療費等必要な時
にその都度手渡している。 その通帳を最近見た母はATMという費目で大金を無駄
使いしていると、文句を言いだした。
年金にしろ、給料にしろ口座に振り込まれるので、必要に応じて引き出して現金を
手にしなければ使えないので、それが通帳にはATMと記載されるのは常識だし、
誰でもわかる事だが、母にはこれが理解できない。10分前に苦労して説明して一旦
わかったことも、10分経ったらまたおかしいと騒ぎだす。日常はこれらの繰り返し。
要するに、認知症というのはパソコンでいうデスクトップ作業の一時メモリーに支障が
あって、ハードディスクには問題がない状態。CPUやメインメモリーに問題があるので
直近の記憶や判断・決定に問題があっても、一定時間以上過去の記憶はほとんど
問題なく再現できる。都合良くそういう場面に遭遇しなければ、他人には認知症だと
いう理解がまずできない。ところが、認知症というと程度の差が大きいのに徘徊や
異物食などがクローズアップされすぎて、恍惚の人のみが認知症であるといった認識
をする方が今でも結構多い。

関係ない話が続いたが、大分県で目撃されたシラサギのはなし。
ニュースで見る限り、チュウサギで問題ないようだが、どれも一律にシラサギに矢が
刺さったまま飛んでいるという。画像からは矢羽根のない矢が腹側から背にかけて
貫通している。状況から大量の出血はないようなので、血管や致命傷となるような
臓器損傷はないと考えられるので、有効で安全な捕獲法が見つからないのなら無理
に保護しないのもひとつの選択かと思う。釣り具で傷ついた野鳥や人間が傷つけた
野鳥と出くわすことが、しばしばあるが、迅速で安全な捕獲法が確立されていないのは
ある種の不思議。 野性動物を傷つけないことも、傷ついた野性動物を本能による逃避
から優しく保護することも人間に課せられたひとつのテーマだと思う。
同時に矢ガモ、矢サギ・・・残忍な犯人もさることながら、種を特定しないで報道すると
いった姿勢はマスコミに根強く存在するもので、人間なら身元特定は必須でしょうから
一種の差別に該当するのではないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

インバーター照明の寿命と歯痛-その後

歯科治療の費用負担や痛みについての憂鬱を先日書いた。
ところが、歯冠が脱落したことで幸いしたことがあったのも事実。

いつの頃からか深呼吸すると思わずむせてしまったり、鼻から咽頭にかけ
何かが引っ掛かっているような違和感があった。それは風邪がきっかけに
なっていたのか、歯周病と風邪が複合して引き起こされたのか不明だった。
それ以後、はっきりと睡眠時にいびきをかく、眠りが浅い、夜間頻尿などと
それまでに経験したことのない症状が出ていたが、心配事や加齢によるの
だと個人的には考えていた。
今回歯科医院で治療を開始し、抗生物質の詰め物をしてもらった。その夜、
痛みが再発し微熱が出たものの、翌日黄色い鼻水が出たと同時に鼻呼吸が
とても楽になっているのを感じた。虫歯といっても歯には殆どダメージがなく、
歯肉炎程度のものから、ほぼ歯が空洞化してしまう重症化したものまで色々
だろうけれど、私の場合は費用負担を恐れて意図的に痛みさえ我慢すれば、
そのうち歯を失っても、自然に治癒するだろうくらいに考えていた。
今から思い当たる症状を遡って思い起こすと、周囲温度や緊張で咳き込み
集団の中にいづらくなるのは2014年1月の風邪直後から、口蓋に膿胞が
できたことがあったのは約半年前なので気道周辺に違和感を感じて、1年
半もの間原因がわからず放置していたことになる。 虫歯の原因菌等による
歯周炎は上顎洞、副鼻腔に及んで腫脹し呼吸を妨げていたようだ。
この間強度の高い運動をしなかったことも、気づくのが遅れた理由だろう。
たかが虫歯だけれど、身体というのはひとつバランスが崩れるとドミノ倒し
のように症状が波及していくものなのだなと、あらためて感じた。

インバーター照明器具の方はコンデンサー交換しても現象は改善せず。
原因基板ごと交換しようかと問い合わせると、一般の方には部品販売は
できませんということで修理を断念せざるをえなくなった。 蛍光管は同じ
規格の別製品があるのでそちらで使うことにし、結局インバーター器具を
ネット入手のLED照明器具に置き換えただけの対応となった。

自治会の役員は半分押し付けられた格好なので、引き受けた以上責任を
果たそうと努力するが、勤務が夜間・休日の日勤に集中しているため、休日
の朝早くから実施されるイベントでは、勤務交代等で調整をかけても大抵は
役を果たせない。 こんな状況では、自治会活動に支障が出るし、会員の
苦情対応どころか、自身の責任感からもストレスが溜まる。 自宅にいるのは
介護のためで、そのせいでフルタイムで勤務できないという事情を汲んで
もらわないと、自由の利かないアルバイトサラリーマンに自治会役員は務まら
ない。

PageTop

亜種ダイサギ夏羽

今年もカラシラサギが大阪を通過したようだが、どうも出合いそびれた感じ。
シギチもすっかり見られなくなって、わずかにシロチドリやコチドリ、イソシギ等が
見られるのみ。
スズメ目の子育ては観察に神経を使うので、もっぱら水鳥の子育てに注目する
もののカルガモの雛さえ継続観察が難しい。雄化を疑った流星号のその後が
気になって越冬地、越夏地付近を探すも見つけることができず。

昨日夕方の散歩で見かけた亜種ダイサギの夏羽。
alba-breeding3
脛の基部が明瞭にクリーム色を帯び、周辺にいたアオサギよりやや大きかった。
秋から冬にかけてこの付近でこの個体と思われる亜種ダイサギを見かけていたので、
通例夏場に見ることのない亜種ダイサギがなんらかの理由で越夏したと思われる。
付近ではヒドリガモ雌雄の越夏も確認しているが、こちらはオスが翼にトラブルがあり
メスが気遣って越夏しているように推測できるもの。
外観上は大きさもさることながら、コリンズのBIRD GUIDEのイラスト及び記述そのもの
といった外観。婚姻色は確認していないが、ペア形成しなくても強く婚姻色を呈するの
だろうか?という疑問もあって、来季への観察に期待したい。

alba-breeding1
浅瀬で魚を追うところが近くで見られたが、間もなく自転車に乗って来た子供達が
大挙して河川敷に下りて飛ばせてしまった。

alba-breeding2
頭部を斜に構え、波打ち際で魚を追うカラシラサギのような姿勢をとる亜種ダイサギ
国内で一般的にダイサギと呼ぶのは亜種チュウダイサギで本州付近では夏鳥と
されることもあるが、西日本特に太平洋側では越冬する個体数も多く、留鳥的感覚
を持っている方も多いはず。したがってこれ以降、亜種ダイサギを学名からアルバ、
亜種チュウダイサギをモデスタと呼ぶ。

探鳥会などでも亜種まで踏み込んで解説される場合が少ないので、簡単に書くと

亜種ダイサギ、過去にはオオダイサギ、モモジロなどと呼ばれたことがある
Ardea alba alba        日本鳥類目録第6版まではコウノトリ目
サギ科コサギ属 Egretta alba albaとされたものが目、属の変更を受けた。
日本国内で見られる白鷺、単に白いサギは主要なものが大きさで大、中、小に分かれ
それぞれ種、ダイサギ、チュウサギ、コサギと呼ばれるものとなっている。
大きさを表す修飾詞とした場合、音読みで統一すれば、ダイ、チュウ、ショウとなるが
実際にはコサギと呼んで、ショウサギという和名はない。同じく訓読みで統一すれば
おお、なか、こ、となるがなかの読みを和名に用いる例は少ないと思われる。
いずれにしても、種の基準をどこに置くかで表現が変わるため、オオダイサギという
表現は種ダイサギの基準がモデスタ側に存在し、モモジロ・コモモジロはアルバ側
にあることがうかがえる。日本国内で見かけることが多いモデスタを基準としていない
視点は面白く、第7版の現行表記もアルバ基準でモデスタを中くらいの大きさアルバ
と捉えている。南港野鳥園HPのトピックス「ダイダイサギ?チュウダイサギ?」
面白い。

alba-breeding4


alba-breeding5
亜種ダイサギ、アルバは頸も脚も長い
過去記事 「大和川逍遥」にアルバとアオサギが並んだ2014年10月末の冬羽画像があります。

PageTop

インバーター照明の寿命と歯痛

先日部屋のシーリングライトが点灯しなくなったので、蛍光管の寿命かと思って管を交換。
交換直後は点灯していたものの、しばらくするとまた消灯してしまっている。
これは・・・と思って器具を取り外し、基板を点検してみると、やっぱり!

照明器具はタングステン電球に笠だけかぶったもの。グロー球方式で引っ張りヒモ点灯の
蛍光灯器具、グロー球不要のインバーター方式の照明、LED照明へと時代は変化。
電気・光エネルギー変換効率も次第に改善、ランプ寿命も随分と長くなった。
ところが、機器そのものの寿命という点ではかなり古い製品に軍配が上がるように思う。
行政が公的施設に優先的に設置してきたLED照明器具は随分と価格的にもこなれてきて
はいるが、家庭内の照明を全てLEDに切り替えた世帯はどれほどあるのだろう?
家庭用のLED照明で最初に普及したのはタングステン電球タイプのLED照明だったので
流し元灯や玄関、門灯、ガレージ灯までは規格による普及度と価格の関係から徹底され
ずにいる家庭も少なくないのではないだろうか。

我が家の照明器具は流し元灯を含めグロー球方式が3灯、インバーター方式2灯、
浴室、洗面、トイレ、玄関がLED電球を使用している。 今回点灯しなくなったのは洋室用
の照明器具、インバーター方式では4台目となる製品。購入後の経過年数が15年程度。
一般に回路内の電解コンデンサーの寿命による点灯不良が主因なので、10年以上使用
できたのは長く使えた方だが、これを修理に出すと基板交換費用に4500円、出張技術料
で8000円ほどかかるらしいので、迷わずネットで部品調達、個人でコンデンサー交換する
ことに決定。機器にもよるが、300円から600円程度で修理できるので買い替えた蛍光管
も無駄にせずに済む。初期のグロー球方式のトランスにはPCBが使用されているので古い
器具を使用し続けるには限度があるが、コンデンサーさえ交換すれば蘇る照明器具の修理
に元々の購入額を上回る料金がかかるのは不可解でもったいない話。世代として比較的に
新しいインバーター照明の寿命イコール、電解コンデンサーの耐用期間と読み替えてもいい。
それゆえ機器自体の信頼性は高いが維持コストの高いグロー球方式がなくならずにいる。
更新後にはLD照明をネットオークションのLEDシーリングライト、洋室を修理後インバーター
方式にする予定なので、古参のグロー球方式は1灯のみが残存する予定。
※ 訂正線部分 ラピッドスタータ型の安定器に使用されていたものを間違って記憶

母の認知症、遡っては父の病気介護のためフルタイムでの勤務が不可能となって長い。
健康保険も国民年金保険も全額自己負担な上に収入がごく少ない状態で生活するには
かなりの工夫が必要になる。その上、母自身が自分の年金額の月当たりの額が解らず
2ヶ月毎の振込額を1ヶ月で使ってしまうのは相変わらず。 そのため奇数月の家計は
母の年金を、偶数月の家計は私の収入をあてるのが恒常化していて、余裕がない。
例えば散髪代は私が2ヶ月に一度1100円で済ませているのに、母は美容院で2万円。
医療費は母が1割負担、私が3割負担なのに母が月1万5千円、私が3千円と母の出費
が桁違いに多く、おまけに買い物が唯一の楽しみだろうと、あまり注意せずにいると・・・
ダブリ買い、すぐに消費せず腐らせてしまう生鮮食料品を当たり前のように多数買い。
半年ほど前から虫歯が痛んで歯医者に行きたいと思っていたが、診療費が払えないので
痛みを我慢して通院せずにいた。ところが数日前に虫歯の浸食でとうとうアマルガム合金
の歯冠が脱落。仕方なしに歯科医へ行くことにした。すっかり痛みがなくなっていたのに
治療によって痛みが再発、ズキズキ感と共に午後は微熱が出てきた。 これからしばらく
痛みを感じつつ毎回図鑑一冊分くらいの診療費を払い続けることになると思うと頭が痛い。
おまけに母は夜間にサッシ扉を開ける癖があり、真冬でも夜間全開にすることがある。
昨夜も朝方寒気で震えて目が覚めると、自身は毛布にくるまって眠っている。
半月ほど前にもひどい目まいで診察を受けたが、市民検診をうまく利用したので大きな
出費にはならず、また過去の経験から内耳性の目まいは有酸素運動が効果的との判断
ですぐに克服できた。これからもずっと不安は続くと思うと、閉塞感が重くのしかかる。

PageTop

紅白のストレッチリムジン他

母の暴言や思い違い、浪費については半分慣れた感じ。
ただ先日は自治会関係の立ち話で玄関近くにいたのに、長時間話し込んだところ
親戚に行方不明になったと電話しまくり、警察に届けまで出してしまう始末。
口とは裏腹に傍で面倒を見ていないと不安が増幅するようで、とうとう他人まで
巻き込むようになってしまったかとこちらが不安になってしまう。

limousin-wedding
本日偶然でくわした紅白2台のストレッチリムジン(リモ)と新郎新婦
多分宣材写真の撮影で2台のリムジンがメインなのだろうと思う。堺ナンバーの同番プレートが
ついていたので結婚式用途の宣伝パンフレットだと思うが、式の前撮りの本物撮影だったら、
ゴメンナサイという他ない。強い日差しの中で新郎新婦にはレフもまともにあてていなかった
ことなど、主題は車にあったとしか思えない。

lexus
赤い方の車種はトヨタレクサスLS600hl 140インチストレッチリムジン
キャデラックやハマー、クライスラーのストレッチリムジンは見たことあるけど、赤いレクサス版は
初めて見ました。
白い方はクライスラー 300Cの140インチストレッチリムジン

rewhite-limousin
クライスラーの後席ドアはガルウィングタイプ、とっても眩しそうな新婦さん

ゴージャスな乗り物には違いないけれど、親近感がわかず縁遠いなぁ。

sss1
5月30日 ハシボソミズナギドリが飛ばないかと沖を見ていると見慣れない観光船
船首の船名には「はくつる」とあるので調べてみると松島で就航していた観光船
今は震災後改装されて大阪で婚活パーティーのイベント船として船上パーティー会場に
利用されているらしい。

sss2
泉大津港に入港する「はくつる」

sss3
阪九フェリー「ひびき」の後方に接岸・停泊した「はくつる」

sss4
曳航してきた僚船と共に
ネット上の情報からどうも自力航行には難があるようで、曳航されてきたのでしょう

sss5
船体の割に窓の面積が広いこの観光船でハシボソミズナギドリの多い年にチャーターして
観察できたらいいのになぁと思って見ていました。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。