をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

カワアイサ探索

大和川でカワアイサ・・・そんな情報を目にしたのが8月中旬。
堺区の砂州ではウミネコに混じってアカアシカツオドリ、コグンカンドリにウミウ。
以前は大阪湾の湾奥では見られなかったズグロカモメやミヤコドリも近年普通となって
海鳥の弱齢個体の観察報告が続いている。
今回カワアイサが見られたのは当初、松原市・大阪市境付近だったが、1週間ほどで
その目撃範囲が大阪市と堺市北区境付近まで範囲を広げたのだが、台風接近による
増水の結果、次第にまた上流側へと移動し大阪市・松原市境付近の広範囲で観察
されるようになった。 そこで、堺市付近までやってきた際に何度か観察に出向いたが
発見できず、最近の観察情報も乏しいので諦めかけたが依然として付近に留まっている
らしいので、電車で上流側へ。

第1日目 9月15日
台風による増水で川床の露出が少ない時期は上流に向かい、水量が安定して川床の
露出が増加すると下流へと向かう。そのような推論から直近の目撃情報のあった場所
から約2km下流の橋付近より探索開始。 スタートが下車経験のない駅だったので、
しばらく方向を見失い半時間ほどを無駄にしたが、初期の目標地点よりスタート上流側
まで範囲を広げて左岸から探索するも、発見できず。 汗だくで帰宅した途端に知人から
スタート地点付近にいるという情報・・・生い茂る夏草に隠れて見逃した様子。

第2日目 9月16日
前日の失敗を踏まえて、更に下流側、松原市西端部分より探索開始。前日に目撃された
場所の上流で砂州上に多数の人影。どうやら学童の水辺学習の最中らしい。 これほど
の人数が砂州にいると付近での観察は困難と考え、下流に向かって探索することに。
残念ながら本日も発見できず、人影の上流側にいた可能性が高い。

三角関係?
jakou3
探索中の河原で見つけたジャコウアゲハの交尾・・・なんか変。
重そうにしているなと思ったら3頭がつながっている。
頭を上にしているオスの裏側にもう一頭のオスがいる。

jakou2
そうこうしているうちに重さに耐えかねてか下草の中に落下。
濃色のオスが離れ、本来の交尾体勢になる。

第3日目 9月17日
夜勤明けで疲れてはいたが、今日こそは!の思いから徒歩で堺市北区を出発し右岸を遡上。
2時間後高野大橋から上流を見ると黒い軍団(カワウ大群)が左岸砂州にいる。魚食性の
この群れに入ると採餌効率が上がるだろうからカワアイサがこれに混じっているかも? 推測
は間もなく正しいことが判明。急いで左岸の河畔林横の夏草の茂みを藪こぎして現地へ。
あー、何ということでしょう! 一足早くおじさんがどこからか砂州に下り立ちカワウの群れを
全部飛ばしてしまった。聞くとザリガニ探しをしているらしい、何というバッドタイミング。
カワアイサも砂州を離れ上流側へと泳いでいるのを再発見。 たどり着いた中州は対岸の
右岸側からの方が近い。 気を取り直して右岸へと急ぐことにしたが、この際の判断が後の
移動距離を大きく左右していることにこの時点では気付いていなかった。
松原市で大和川に合流する河川のうち、しばらく並行して流れたのち大和川本流へと合流
する河川があり、東除川はその合流点まで1kmを軽く超える範囲で並行しているため現場
右岸へはこの東除川左岸堤が右岸となっており、左岸を上流から折り返す方が3km程度
移動量が少なくて済むところ、一旦下流の橋から右岸へ出たものだから遠回りこの上ない。
河川敷でゴルフ中のおじさんの挙動に気を払いつつ、現場に急ぐ・・・ いた、いた。

goosander-cormorant
高野大橋上から見たカワウの群れとカワアイサ(赤い矢印)

wingflap
ひとつ上の中州ではばたくカワアイサ

goosander-front
水辺のまつり準備中の東除川左岸堤先端付近より観察

goosander-nearby
カワアイサエクリプス、発見時は雌とされているようだが第1回夏羽の可能性は?

goosander-sitting
雨覆の白色は雄であることを示すが、頭部冠毛の長さや色合い灰色味の強い前側胸等
成鳥なのだろうかという疑問も依然残る。

スポンサーサイト

PageTop

すぐにカモの季節

母は物忘れや判断力低下に加え、日常ルーチン動作ができなくなった。
入浴や洗濯はせず、2か月に一度の病院通いも半年以上行かず・・・
私の言うことには悉く反論するようになって、腐ったものを食べたり、
食べさせようとしてくる。とにかく身の回りが不衛生で臭くてたまらない。
最近はねぐらに帰るカラスの群れを小一時間見てひとりごとを言う日課。
それ以外は一日中寝て暮らしている。

淀川で見つけたカルガモ雄とマガモ雌の間にできた4羽の雑種幼鳥。
その後を経過観察するつもりだったが、できていない。

spotbill
カルガモ雄成鳥 7月6日 堺市堺区

spotbill-f2
カルガモとマガモの雑種雄成鳥、推定F2以降 7月6日 堺市堺区
嘴爪が全黒色、画面中央の脇羽に波状斑が確認できるが翼鏡前後の白帯はわずか
その他マガモの特徴は感じられない。

ferina-male-summer
ホシハジロ雄成鳥 初列風切羽伸長中 8月31日 淀川 大阪市

ferina-female-summer
ホシハジロ雌成鳥 8月31日 淀川 大阪市

wigeon-male-summer
ヒドリガモ雄 8月31日 淀川 大阪市

mallard-male-summer
マガモ雄成鳥 8月31日 淀川 大阪市

mallard-female-summer
マガモ雌成鳥 8月31日 淀川 大阪市 風切羽伸長中
やはりマガモの換羽進行は早く、しかも雄の風切羽換羽は雌に先行することが実感できる

mallard-hybrid-male-juv
マガモ雌とカルガモ雄との雑種雄幼羽 8月31日 淀川 大阪市

mallard-hybrid-female-juv
マガモ雌とカルガモ雄との雑種雌幼羽 8月31日 淀川 大阪市 以下、同所・同日

hybrid-male2
マガモ雌とカルガモ雄との雑種雄幼羽、やはりこの雑種も嘴爪が全黒色

hybrid-male-wing
マガモ雌とカルガモ雄との雑種雄幼羽、翼パターンはマガモとカルガモ中間

hybrid-pair
マガモ雌とカルガモ雄との雑種雄・雌幼羽

hybrid-pair-branch
倒木の小枝上で休息するマガモ雌とカルガモ雄との雑種雄・雌幼羽

ryusei1
カルガモ雌の雄j化を疑う「流星号」成鳥、風切羽伸長中 8月30日 堺市北区

ryusei2
カルガモ雌の雄j化を疑う「流星号」成鳥、風切羽伸長中 8月30日 堺市北区

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。