FC2ブログ

をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

すみれ咲いてさくら咲く

関東で雪が降って、その後は晴天続き。
住宅地周辺でもコスミレ咲いて、ノジスミレ咲いて、ヒメスミレ咲いて、
さくらが咲いたら、スミレもアリアケスミレも咲いて、さくらはもう満開。
奈良市内の池をカモを見ながら歩いてみると、美形なすみれ達。

hime1
最初に見つけたヒメスミレ一輪。小さくて、たったの一輪でもこの存在感。

hime2
多くの花をつけた人家の軒先の株。 以上APSーC 400mm望遠レンズ

hime3
別の人家の軒先で折り重なって咲くヒメスミレ APSーC 60mmマクロレンズ

hime4
最初の写真の神社境内、砂利地面のヒメスミレ 以下すみれ画像は60mm

kosumire
日向のコスミレは花期が早く、花色が淡色なことが多い。

noji
多数の花が盛りのノジスミレ、やや淡色で栽培品種の可能性も。

soloria
神社裏の落ち葉の地面に逸出のヴィオラ・ソロリア

sumire
スミレ、これも栽培品種なんだろうと思う、住宅地周辺のすみれは殆ど
そういった類のものなんだろうけど・・・

shidare
美術館無料公開の枝垂れ桜

yoshi-sakura
カメとヨシガモと満開のさくら

yoshi
散ったさくら花弁を並んで採餌するヨシガモ・ペア
マクロフラッシュシステムがなくなったことですみれの撮影から遠のいて
いたけれど、すみれの魅力はやはり別格。
ノジスミレはすみれ特有の芳香で見つけたが、この時期ヒサカキから
漂う動物の死臭には閉口する。ラーメンの匂いなんて方もいるようだが、
私には哺乳類の死骸特有の匂いに近く感じる。

PageTop

瓢湖探訪

去る3月7日、かねてからの念願だった新潟県阿賀野市の瓢湖を訪ねた。
若いときには北海道でさえ、バイクで旅することも厭わなかったのだが、
生活費や介護に追われる時間の中で長時間留守にするのはリスクフル
でなかなか直前にならないと決められない。
スタンダード席の夜行バスは殆どがUSJの行き帰りに利用する学生さん
たちが主でおっさんはごくわずか。午前9時前に新潟駅に到着したバスを
降りて、JRの路線を探すが切符売り場の頭上には路線図があったものの、
どのホームからどこ行きの列車が出ているか、まるっきりわからず、列車
先頭の行き先表示を見て回る。
 下調べで新津まで行ってその後水原(すいばら)で下車するのは理解して
いたのだが、ホームの行き先表示に水原まで記載された説明板が見つか
らない。どうしても見つからずに駅員さんに聞くと2時間ほど列車がないと
いう。仕方なく、新津まで向かい、駅の待合室でワンマンのディーゼル車を
待つことに。 新潟からバスで瓢湖に向かうべきだったのかも。 その後
徒歩で30分ほどかかるらしい瓢湖への道のりを肉離れで痛みの残る足を
引きずって歩いたが、湖岸へは20分ほどで到着できた。

statue-swan
商店街の突き当りが瓢湖に続いていたので、そこから湖岸周遊路に
右奥の建物が売店兼休憩所兼観察舎
この建物内にはカモの写真が掲示され名前が書かれていた。
また瓢湖のハクチョウと水鳥のガイドパンフレットが300円で
販売されており、その中の写真と掲示写真は同じものでした。
トモエガモとの説明がなされていたものは、どう見ても雑種で
トモエガモ×オナガガモ雄でした。 この組み合わせの雑種は
瓢湖では比較的よく観察されるようですから、困りものです。
また、湖岸に設置されたカモ解説板には画像が添えられていた
のですが、「WILDFOWL」 Helm のHilarry Burn 図版の拡大図
でしたが著作権はクリアされているのか気になりました。

ferrupochard-ml
Rホシメジロ雄成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ 瓢湖 3月7日

ferrupochard-mr
Rホシメジロ雄成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ 瓢湖 3月7日

nyroca-hybrid-Amagasaki
Rホシメジロ雄成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ 兵庫県尼崎市 1月19日
1.頭頂に尖りが見られる頭部形状
2.瞳孔周辺が淡色で周辺部が赤い虹彩
3.ホシハジロの嘴パターンを少しぼかしてやや小型にした嘴
4.メジロガモよりやや明るい色の羽縁が黒味のある赤褐色の胸部
5.下尾筒両サイドにシナモンブラウンのスポットが見られる

今季、上にあげた新潟県瓢湖、兵庫県尼崎市、愛知県豊明市ほかでこの
雑種雄が観察されており、最近ではこの雑種がメジロガモ×アカハジロの
雑種より明らかに増加した。上記のような特徴でホシハジロ×アカハジロ
とは外観上区別できることが多い。

feruupochard-head
3.で解説した虹彩色の特徴がよくわかる頭部拡大画像 瓢湖

nyroca-pochard-fem
Rホシメジロ雌成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ  香川県2013年3月

nyroca-pochard-fem130305
Rホシメジロ雌成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ  香川県2013年3月

ferrupochard-f
Rホシメジロ雌成鳥冬 メジロガモ×ホシハジロ 瓢湖

hybrid-Aythya-female
(左)ホシハジロ×アカハジロ雑種雌成鳥 (右)メジロガモ×ホシハジロ雑種雌成鳥
アカハジロとメジロガモでは雄の虹彩色が共に白く、雑種においても虹彩色で
違いが見られるとは考えられないが左の雑種の虹彩はあずき色、右の雑種の虹彩は
灰褐色であり、父種の相違が原因だろうと推測できる。
アカハジロとホシハジロの雑種は20世紀にも少ないながら観察されていたのだが、
21世紀に入ってアカハジロの減少に伴い、またメジロガモの観察数増加に伴い
両種とホシハジロの雑種が顕著に増加する傾向にあって、一時的に増加した
メジロガモ×アカハジロ雑種は以前ほど見られなくなりつつあるように感じる。

mallapin
マガモ(家禽由来)×オナガガモ雑種雄成鳥
この組み合わせ雑種はマガモが父であることが多いが、最近福島県で撮影された
画像よりオナガガモ×マガモであるオナガガモが父の組み合わせもありうる。
つまりは、この雑種もツインキャスト雑種であると考えられる。
その美しさゆえ、15年ほど前北海道にタンチョウ他の撮影に出かけた際に北大
演習林の池にいたこの雑種を探した覚えがある。
嘴の色は黄色みのある灰色で峰に黒色部のないものから、オナガガモタイプで
やや太短いものまで様々。

head-mallapin
マガモ×オナガガモ雑種雄成鳥頭部 均一な緑色光沢ではなく後頭光沢優位

wing-mallapin
翼鏡はマガモと同様広い範囲で金属光沢をもつが緑光沢
大雨覆に黄土色のオナガガモ由来のラインが見えるが途中から次列風切の
翼鏡に吸収される形、背面の状態は翼鏡と外側肩羽の黒色部以外マガモの  
影響が強い

intersex-pintail
雑種の奥にオナガガモ雌の雄化が見える

pintail
一般的なオナガガモでも光線条件により後頭部に緑色光沢が見える

pintail-pair
オナガガモペアのポートレート

intersex-wigeon
ヒドリガモ雌の雄化も見られた

flock-smew
集団でディスプレイするミコアイサの群れ

amwigeon
アメリカヒドリ雄成鳥

crowded
ひしめき合うカモの群れ

feeding
定時には餌撒きが行われる。これがカモの個体数維持を支えているのだろう。

PageTop

アイサの第1回冬

昨日より急に春めいた感じで行くところすべてで目的のカモ不在。
甲子園浜、尼崎の雑種2種、大阪城とその周辺、一度も外したことの
なかったアメリカヒドリ1wまでことごとく渡去したのか不在。
自分自身も還暦を迎えるせいか、体の硬さを実感する今日この頃で
三重のオオホシハジロを探して海岸線を一日中歩き回ったためか、
何気ない日常のカモ観察の途中に左足ふくらはぎが肉離れ。 昨日
カモ観察で上った防波堤から飛び降りた際に首から下げた双眼鏡が
上唇を直撃、唇の内側を切ってしまった。

まずはミコアイサのオス第1回冬から

smew-ad
こちらはミコアイサ雌成鳥、脇から覗く雨覆が白い

smew-aand1w
ミコアイサ雄成鳥冬と雄第1回冬(手前)

smew-adfand1w
ミコアイサ雌成鳥冬と雄第1回冬(奥)

smew-m1w(2)
ミコアイサ雄第1回冬、まだ明瞭にはオスの特徴が出ていない
しかし背の一部に黒い部分や白い部分が現れ始めている

smew-m1w
上の個体の羽ばたき画像、雨覆の羽縁が灰色で鱗模様に見える

smew-m1w3
上の羽ばたき画像とは異なる個体だが、雨覆には同様の鱗模様が見える
以上松原市南部で2月末に撮影

merganser-1wandadf
カワアイサ雄第1回冬(左)とメス成鳥  2月8日京都市

コウライアイサ雄第1回冬は「渡来数が少ないカモの見方 ~1.コウライアイサ」
参照。

次に、これまでまとまって多数個体の観察経験がなかったウミアイサ
2月18日に多数のしかも至近距離のウミアイサの詳細が観察できた。

Rbmerganser-1w
ウミアイサ雄第一回冬、ほとんど雌に見える変化の少ない個体A
側胸にわずかに網目模様が出かけているように見える

Rbmerganser-1w2
ウミアイサ雄第一回冬個体B
 ・顔の上半分と下半分に濃淡差があり上はブロンズ色がかる
 ・虹彩はオス成鳥ほど赤くない
 ・側胸にオス成鳥冬に見られる網目模様が出始める
 ・三列風切は淡色で黒く明瞭な縁取りがある
  辺りが春間近のウミアイサ雄の第1回冬の外観特徴か

Rbmerganser-1w3
ウミアイサ雄第一回冬個体C 3月10日

Rbmerganser-1w4
ウミアイサ雄第一回冬個体D 3月10日

Rbmerganser-1wandadf
ウミアイサ雄第一回冬(上)とメス成鳥冬

Rbmerganser-1wandadm
ウミアイサ雄第一回冬(前)とオス成鳥冬(後ろ)の翼上面
将来的に黒くなるであろう部分がうっすら見える
Rbmerganser1w-wing
ウミアイサ雄第一回冬個体Cの翼

Rbmerganser-ad
ウミアイサ雌成鳥冬A

Rbmerganser-adf2
ウミアイサ雌成鳥冬B

Rbmerganser-adf3
ウミアイサ雌成鳥冬C

Rbmerganser-adf4
ウミアイサ雌成鳥冬D

Rbmerganser-adf5
ウミアイサ雌成鳥冬E、顔前方及び腮が全て黒い


Rbmerganser-adf-wing
ウミアイサ雌成鳥冬Eの翼

Rbmerganser-adm
ウミアイサ雄成鳥冬の翼

PageTop