をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

20日ぶりの環天頂アーク

環天頂アーク

堺市大仙公園上空15:30頃

夏以来、今年はアークに出会う機会が多い。
虹やアーク、幻日…空に見える虹色の現象はいくつもあるけれど、空にカメラを向けている私に問い掛けるほとんど皆が虹以外を知ることはまずない。

これらアークを含む現象を見るには、まず最初に直接太陽光を見ないこと。
ついで、現れる位置や時間、条件についての知識・経験が必要です。

9/29の環天頂アーク

こちらは前回金剛山に行った際、道の駅「かなん」で撮影の環天頂アーク。
朝からくっきりと内かさが見られたので、出現を予測していました。

上部タンジェントアーク


平和塔の上方にかかるのは薄い上部タンジェントアーク。
内かさの一部として見られることもありますが、くっきり見えることも!

左幻日の見える大仙公園平和塔


太陽が沈んでしまうような低い高度になると、左右に離れて輝く虹色の点~帯が見えることがあります。これが幻日と呼ばれる現象で、常に虹色に色づくわけでなく輝く白色やほとんど橙色のこともあります。塔の左、木々のなかほどに、やや橙色の輝く部分が左幻日です。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。