をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬を迎えるすみれたち

例年なら花後のすみれも継続観察していた。
理由は2つ。  ●閉鎖果や葉の変化を見る
          ●果実の有無で交雑か判断

しかし、今年は花後に予定が狂って何の観察もなし。
最近やっとコンデジで秋のすみれを撮影してきた。

ヒメスミレ
ヒメスミレ
築地塀下の参道脇では数株のヒメスミレ・・・岸和田市

以下の画像はすべて富田林市にて撮影

ニオイタチツボスミレ
ニオイタチツボスミレ
落ち葉に埋もれるようにニオイタチツボスミレ、閉鎖果も見える

ニオイタチツボスミレ返り咲き
ニオイタチツボスミレ返り咲き
極めて小さい花で中心が白く抜ける春の花と随分趣が違っている

アオイスミレ
アオイスミレ
こちらは春の開放花すら見たことのないアオイスミレの株

タチツボスミレ
タチツボスミレ
葉形はほぼそのまま。やや丸みを帯びるものも。黄変・くすみのある葉も見受けられる。

コスミレ
コスミレ
花時期の葉がそのまま残るものは、コスミレの名に反してかなり大形で長く黄変気味。
花後に草刈りや虫食いで葉を失って、新たに出た葉は緑が強くほぼ心形のものも。

シハイスミレ
シハイスミレ
コスミレと同じく花時期の葉が残存したものは大形で披針形、葉裏の紫は薄い。

シハイスミレ2
シハイスミレ2
花後に出た葉は葉裏も緑色で卵形、基部の湾入がV字状に大きく切れ込むものもある

スミレ
スミレ
日当たりの良い斜面では返り咲きのスミレが開花しようとしていた

ヘイリンジスミレ?
ヘイリンジスミレ?
ここを昨春訪れたとき大規模にスミレとヒメスミレが混生しているなと感じていた。
返り咲きの花で判断するのはやや無理があるが、花の形はヒメスミレ、距は中間的、
葉形は三角披針形で葉柄の翼は痕跡程度。手前の株はスミレ。花柄に微毛が少し。
雑種のヘイリンジスミレの可能性が高いように思える。

マルバタチツボスミレ
マルバタチツボスミレ
春にマルバタチツボスミレと判断した株に果実は見つからなかった
ここのニオイタチツボスミレは先丸の三角葉で立ち上がり、見分けは容易

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。