をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古墳のオオタカ

先日紹介したゴイサギが数日後オオタカの犠牲になった。
元気なときの画像はこちら

ゴイサギのむくろ
ゴイサギのむくろ
タカにやられたな!そう思って見回すと、すぐ傍に捕食者がいました。オオタカ幼鳥。
幼鳥に狩られるというのは、パンに来るようになって警戒心が希薄になっていたからでは?
集団でいるオシドリなどは不意をつかれても、まず幼鳥に狩られないからだ。

オオタカ幼鳥
オオタカ幼鳥

食後のオオタカとゴイサギのむくろ
食後のオオタカとゴイサギのむくろ

ゴイサギのむくろにアカミミ
ゴイサギのむくろにアカミミ
こちらを睨み付けるオオタカとは約4mしか離れていない。
食されたゴイサギを踏みつけてミシシッピアカミミガメが甲羅干し。
なにか都市部の今を象徴するような光景に思えて仕方がなかった。

御廟山古墳のオオタカ成鳥
御廟山古墳のオオタカ成鳥-2月初旬

履中陵のオオタカ幼鳥
履中陵のオオタカ幼鳥-1月中旬

履中陵のオオタカ成鳥
履中陵のオオタカ成鳥-上記幼鳥と同日、同場所
オオタカ成鳥は幼鳥に比べて古墳域で見ることが少なかったように思えるが、
ここ数年成鳥の姿をほぼ毎回のカモ観察時に見るようになった。これには関係者による
オオタカ保護と古墳周辺に飛来するカモの増加とが無縁ではなささそうだ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。