をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

進みゆく春

3月も終わりになって急に春めいた感じの今春。
桜の開花は早かったものの咲き遅れている花も多い。
いつの間にか太陽も高い位置を移動し環水平アークを見る機会も増えた。

環水平アーク
環水平アーク
この時期には平地からでもはっきり見られる環水平アーク(男里川河口)

「写真集 日本のすみれ」の巻末、発刊の記第一行に 昭和61年初頭、瑞雲が空にかかる頃、 後略
という浜先生の書き出しで、すみれだけでなく同じように空の変化を見ていた先達を思い起こす。
最後の写真提供者の中にはすみれ界の名だたる面々がずらりと名を連ね、面識のある方や、名刺
を頂いた方の名も見える。 現在私がすみれに親しみを覚え、その名を知ることとなったのはこれら
多数の先輩方の功労とデジタルカメラの普及が多くの部分を占めている。

ナガバノタチツボスミレ
ナガバノタチツボスミレ
花茎に微毛がビッシリあり、茎葉が長くないタイプ。紫条もあまり分岐しない。

桜の頃からゴールデンウィークにかかる頃、山道のいたるところで見られるすみれ。
時には見られるすみれがこの種だけではないかと錯覚すら覚えるこのすみれは決して
出しゃばることはないのだけれど、気づけばそこに微笑んでいる、そんな優しいすみれです。
山地のすみれもエイザン、ヒナ、ヒゴ、アカネ、フモト・・・と多彩になってきました。

水鳥の動きもはっきりとわかる季節になりました。
シマアジの通過が見られる頃、この時期を境に冬鳥であるカモたちの数に急な変化が見えます。
また、それらと交替するかのように海岸や農耕地の水辺にシギ・チドリが目立ち始めます。

シマアジ
シマアジ-岸和田市

トモエガモ
トモエガモ
雨の日のトモエガモ。 1ヶ月以上もすぐ近くで皆を楽しませてくれた。

ヒドリガモ
ヒドリガモのペア
10月の飛来以来ずっと仲良しだった、白めがねのメスとのペア。ガビチョウみたいにも見える?

ヨシガモ
ヨシガモ第一回繁殖羽
もう成鳥と区別できない感じだが嘴上の白斑が滲み、頭部の光沢が乏しく、鎌状の三列風切が
やや短い。
このオスは成鳥とともについ最近飛去したようだ。メスはまだ数羽が残っていて、古墳域全体では
ミコアイサ、トモエガモ、オシドリがいなくなったように思えるが市南部の丘陵地ため池などには、
まだ少しオシドリが残っているようにも思える。コガモ、ハシビロなど来た時とは逆に、まるですみれ
の返り咲きのように、早くに来たカモが遅くまで残る・・・そんな印象を受ける。

PageTop