をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

日・月のタンジェントアーク

16、17、18日の今日と3日連続で内暈が見られた。
6月に入ってからはほぼ2日に一度のペースだ。
春先から見られる日が多くなる内暈だが、よく出現している。

本日はそんな内暈に接して見られるタンジェントアーク。
上部タンジェントアークは朝夕の太陽高度があまり高くないときに見られる
のだが、見る時間帯によって著しく形が変化するのでそれだけでも面白い。
彩雲、光環、内暈、幻日などと同様見る機会の多いアークなのだが、一部
内暈と重なっているときが多く、はっきりと区別できない場合もよくある。

夕方のタンジェントアーク
17日夕方のタンジェントアーク
この種の画像は画角、太陽高度、鉛直方向などがわからないと意味をもたないのだが、
ほぼ棒状に伸びたタンジェントアークの形状と薄い内暈の曲率から画角を判断できる方
も中にはいらっしゃるだろうと思う。
おそらくこのタイミングに先行して環天頂アークも出現していたのではないかと思う。

月のタンジェントアーク
17日夜、月のタンジェントアーク
夜、23時を過ぎて外を見るとかすかに月にタンジェントアーク。高度からして少し待てば
月の明るさや空の状態から月の天頂環なども期待できたので少しだけ撮影した。
結果は雲がやや厚く、すぐに月が隠れたりして、薄いタンジェントアークが写るにとどまった。
特別に強調処理はしておらず、夜間撮影の雰囲気を残しているので、見えますか?

内暈
18日朝の内暈
今朝も内暈が見え、3日連続の出現。しかも全円状態で見られることが多かった。

PageTop