をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

月光がつくる虹色

お昼頃からきれいな上層雲が多数見られた。
こんな日はきっと美しい空の虹色が見られる・・・そんな予感。

まずは夜、月光で出現した環天頂アーク
月の天頂環
月暈、幻月、月の上端接弧などは比較的明るく、太陽のそれと同様視認し易い
しかし天頂付近の暗い夜空に出現する天頂環は余程明るくないと目には見えない

上記天頂環の画像処理プロセス、オリジナルでは目視状態に近い(F8、2分露光)
月の天頂環画像処理プロセス
天体観測用ソフトなどを使用するのがいいかも知れないが未経験なので・・・

右側幻月・・・これほど明るいと昼の現象と同じくらいよく分光している
右弦月
月の周囲の青や赤の光はゴースト。オレンジ色の街路灯上の光点が右幻月

左右幻月は現れたり消えたりを繰り返していた(赤丸内)
左右弦月
これも月周囲の青い点はゴースト

日没後しばらく後には月光柱、ただし撮影時点では短い光条になっていた(手持ち撮影)
月光柱

順序は逆転しますが、この日の午後の光象他15画像に続きます

まずはこの日見られた上層雲から

飛行機雲由来の巻雲
飛行機雲の名残

上記雲のその後と積雲
積雲と巻雲

巻積雲
巻積雲

彩雲1
彩雲1

彩雲2
彩雲2

彩雲3-日没時
彩雲3

右幻日1-鉤状巻雲
右幻日1

右幻日2-波状巻積雲
右幻日2

右幻日3-巻積雲
右幻日3

左幻日1
左幻日

両側幻日
どら池に映る夕暮れ幻日

もつれた巻雲に薄く見える上端接弧
上部タンジェントアーク

薄い天頂環
薄い天頂環
カモに気をとられてピークの濃い時期を写し損ねた

反薄明光線
反薄明光線
反薄明光線は高高度を通過するため雄大積雲や濃密巻雲が日没側にあれば見られる

薄い薄明光線
薄い薄明光線
不思議に思えることだが反薄明光線は薄明光線に多くの場合5から10分程度先行し、
場合によっては薄明光線がこの画像のように最後まで明瞭にならないこともある。
反薄明光線のみが見られる場合も日によってはありうるということです。


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。