をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今期のカモ 2.

私がカモ観察している場所の第二報

メインフィールドの百舌鳥古墳群から
以前から思っていることだが・・・
「百舌鳥古墳群」は世界遺産の登録に向けて広くアピールしている
はずなのに、その名前自体、市民ですら「中百舌鳥古墳群」だと
勘違いされている方は多い。 地下鉄と南海高野線の駅名が存在
するとは言っても、中百舌鳥は百舌鳥の一部に過ぎない。
驚くべきことには大阪府立大学の学部PRにもこの名称が登場する
くらいだから、やっと実地調査の始まったことと言いなんだか不安。

【履中陵】
なんと例年のオシドリ・トモエガモの越冬ポイントの葛や下草が刈り
取られ、つくり出し部分が坊主状態になってしまった。 唯一遊歩道
の設置された陵北西角のセイタカアワダチソウはそのまんま放置され
視界はまるで無い。まるで観客席だけの劇場のよう。
堺市の公園の一部にはこうして何の前触れも説明もなく放置や撤去
されているところがいくつか存在する。
おかげでオシドリは水位の低い水際に出ず、樫の木の奥に上陸して
おり、観察は例年にもまして困難。マガモがずいぶん増えた。

【大仙公園】
途中立ち寄った大仙公園のグワショウボウ古墳の傍の木にはエナガ
の群れが忙しく飛び回っていた。カモのはなしではないが、いっしょに
いた幼鳥がとても愛らしく手の届きそうなその場所から、連れて帰り
たくなったほどだった。

【いたすけ古墳】
コガモの数は更に増え、一部はもうはっきりとオスであることが判断
できる外観になっていた。タヌキは2-3頭ほどしか見えない。

【御廟山古墳】
居付きのアオクビアヒルが他のカモの来ない岸辺で淋しそうにガーガー
鳴いていた。墳丘周辺の表層3カ所と一部墳丘にトレンチが掘られ黄色
ヘルメットの調査員が表土の取り除き作業をしているのが見えた。

【ニサンザイ古墳】
オシドリは20羽前後でほぼ安定。先日のオナガガモはすぐに居なくなり
マガモやコガモも多数が入ったが通過が多く安定しない。キンクロハジロ
も珍しく入ったがすぐに抜けた。ホシハジロやや増加。オオタカ他猛禽も
よく上空を飛び出した。

【白鷺公園】
ここの池は但馬池というのだが、しばしばヒドリガモが陸上で青草を食べて
いるので池の名を使っていない。ヒドリはペアがひとつとあとはコガモそれに
以前大仙公園日本庭園にいたはずの飛べないマガモがここに居た。

【芦ヶ池】
カモの総数は先日来100羽を超えている。 ヨシガモも5羽程度が例年の
夾竹桃下で休息していることが多い。 ハシビロガモは群れで連続潜水
して緑藻を採餌。特徴のあるヒドリが多数いて、例年ここへ飛来している
常連グループが見分けやすい。珍カモも入ったがすぐに抜けたようだ。
この時期、通過でひとときの休息をとっていく者も多い。


次にサブフィールドの【久米田池】

入るシギも最終盤を迎えこの秋のトリはオオハシシギ幼鳥か?
oohasi
後列、右のヒドリガモの右

やっとオカヨシガモを初認したが、エクリプスは全ての個体で抜けていた。
幼鳥オスの換羽もあと少し。10数羽いた。
後列左で首が後ろ向きなのがオス成鳥。真ん中がオス幼鳥、右がメス。
okayosi

シマアジもメスの成鳥 幼鳥が2羽入っていた。画像はそのうちの一羽。
simaaji
カモの総数は約2000羽。
ヒドリガモ>コガモ>ハシビロガモ>マガモ>カルガモ>オナガガモ>ヨシガモ>
キンクロハジロ>ホシハジロ>オカヨシガモ>シマアジ


PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。