をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

古墳のカモ第3陣と御廟山古墳発掘現地見学会

朝夕の冷え込みがグッと厳しくなり、山間部の初雪やハゼ紅葉は
例年に比べて、1ヶ月ほども早いのではないでしょうか。
世界遺産登録に向けた百舌鳥・古市古墳群の調査は同時期に
ほぼ、一斉に実施されたため、カモの挙動・滞在数に大きく影響。
例年順調に増加するオシドリの数が激減、トモエガモにも響く。

【仁徳陵内濠】
仁徳陵
23日の夕方近く、内濠北西端の水面にカモが多いので、スコープ
を覗いてみると、トモエガモ♂1羽、ヨシガモ10羽程度、ヒドリガモ
マガモ多数が確認できた。オカヨシガモも3羽いた。
【仁徳陵外濠】
カルガモが正面付近に多数、樋の谷水路近くにはマガモも多い。

【履中陵】
ミコアイサ
黄葉の下でくつろぐミコアイサの一群、手前3羽はマガモのオス。
草刈りが実施され、ようやく濠の視界は確保できるようになったが、
つくり出し部分の草刈りが行われた影響でオシドリが滞在しない。
通過のみとなったため、トモエガモもおそらく今期滞在は絶望的。
ミコアイサは例年の飛来パターンと異なり、周辺部へのメスの飛来
がないままに、エクリプスが1羽飛来。24日には前線の通過に先行
して群れが飛来、今期初めての10羽越え、14羽。♂10、♀4。
マガモは例年の御廟山古墳滞在組が合流しているのか、数が多い。

【いたすけ古墳】
カルガモ
いつもはコガモなので、今回はカルガモ画像。
全体としてはコガモのエクリプスが随分抜けたこと以外変化なし

【御廟山古墳】
調査箇所拡大、大規模調査のため水はほぼ抜かれ、アヒル以外はほぼ姿なし。
<発掘調査現地見学会>
現地見学会前の説明
後方のテントで整理券を配布され、見学のグループ分けが実施される。
整理券には集合時間が記載され、午前9時から15分間隔、200名で案内される
事前説明会で説明を受ける。上空を飛ぶ読売ヘリのせいでほとんど聞き取れず。
以上、大仙公園催し広場。

墳丘仮設橋
かつて仲睦まじい1組のオシドリが毎年見られた場所に向かって見学用仮設橋が
架けられ、墳丘外周を歩けるように仮設遊歩道が設置されていた。工事用鉄パイプ
を利用した一時的なものだが、多人数に対応するべくしっかり架けられていた。

円筒埴輪
いいいよ墳丘つくり出し部分の発掘現場。
画像中央には円筒埴輪列(植木鉢が並んでいるようですが・・・)、右下には転落した葺き石多数。
家形の形象埴輪の破片も見えました。

出口用橋
後円部出口の仮設橋。楠の大木がそびえる。

報道カメラマン
出口仮設橋脇で撮影済み画像を自社にモバイル端末で送信する報道カメラマン。
デジタル一眼+モバイル端末の組合せは今や当たり前だが、自身は2000年より使用。

御廟山古墳全景と見学通路
この画像から見て分かるだろうが、他の古墳に見られる紅葉が見られない。
調査は護岸工事に先立つとの説明だが、墳丘が濠の水によって浸食された事実は
10数年間見て一切感じなかった。むしろ仁徳陵の外濠と中濠の堤の崩落や倒木が
ずっと目立つ。見栄えが悪く、水鳥の生息に多大な影響を及ぼす護岸工事の必要性
は一体何を根拠にしたものなのだろうか?これは前方部南側からの眺めであるが、
一昨年まではこの正面にタヌキもオシドリもいた。彼らはどこへいったのだろう?
近代の改修工事の方がずっとずさんで、古代の技術がとても優れていることをこれら
古墳の現状は物語っていると思う。伐採された巨木の枝葉や木々は容易に戻らない。
あと3画像続きます。

【ニサンザイ古墳】
紅葉とオシドリ

オシドリ、周辺古墳の環境変化のせいか、数が増えず。
マガモ、ホシハジロ、ハシビロガモ増加。

【白鷺公園】
頭部部分白化のヒドリガモ

ヒドリガモ例年程度の羽数に。コガモの姿見えないときがアリ。
例年来るヨシガモ♂成鳥まだ、飛来せず。

【芦ヶ池】
芦ヶ池の紅葉とヨシガモ3羽

依然カモの総数は100羽程度。ヨシガモは10羽程度滞在中。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。