をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

差の絶対値と同一性

これまで自然を観察する、撮影するという視点で記事を書いてきた。
以前の記事で雑誌写真のカルガモ雌雄識別記事に同一写真が使用されていると
書いたことをご記憶の方もいらっしゃるだろうか。
今回はその根拠となった画像処理による判断の一方法を紹介する。

普段デジタルカメラを使用している方がリサイズや調整で使用しているのは画像ソフト
の中でも、イラストなどに使用するドローソフトではなく、レタッチ機能などを有したペイント
ソフトが大半だろう。 その中にはレイヤー機能をもつものが多い。
画像処理はより完成度の高い作品にするための必須事項だと思います。
フィルムカメラ全盛時代にリバーサルを使ってシビアな露出を実践していた
方の中には撮影時点の画像をそのままにするのが最良とする方がいますが・・・
撮っただけではエチュードやエスキースであってタブロー(完成画)ではありません。
細かな調整を使いこなすには範囲選択やレイヤーの微調整が欠かせません。
そんな中でレイヤーの重ね具合の微調整に利用するのが「差の絶対値」モードです。
具体的な製品名では「Photoshop」や「Paintshop」などがあります。

【画像処理の目的】
ある画像Aが別のある画像Bと同一(コピー)であることの証明

【必要なソフトと画像】
1.レイヤー機能を有した画像ソフト
2.元画像Aと比較対照画像B

【画像処理手順】
予め両画像の大きさ・角度をそろえておく
1.画像ソフトで画像Aを開く
2.画像ソフトで画像Bを開く
3.移動ツールで画像Bを画像Aに重ねる
4.この時レイヤー画像Bのモードは「差の絶対値」透明度は「100%」
5.完全一致で画像は真っ黒に、異なる部分があればその部分が浮き出る
以下の画像は「Phooshop Elements 3」での処理例です
<画像をクリックしてご確認ください>カルガモ♀の画像
画像合成-完全一致
【画像の完全一致】・・・両画像は同一(コピー)と判断できる
ごく一部のみ不一致の場合は元画像の一部分に加工を施したものと推定できる

<画像をクリックしてご確認ください>
画像Cは画像Aの嘴先端黄色部分を大きく、過眼線を長く、三列風切の白色部を小さくしたもの
画像合成-部分不一致
【画像の部分不一致】・・・画像は一部に加工を加えた同一物、個体識別では別個体

レイヤーの合成モードに「差の絶対値」がない場合
「ネガポジ反転」や「諧調の反転」併用で確認可能
【画像処理手順】
予め両画像の大きさ・角度をそろえておく
1.画像ソフトで画像Aを開く
2.画像ソフトで画像Bを開く
3.画像Bにイメージ>色調補正>諧調の反転を実施する
4.移動ツールで画像Bを画像Aに重ねる
5.この時レイヤー画像Bの透明度は「50%」
5.完全一致で画像は灰色に、異なる部分があればその部分が浮き出る
以下の画像は「Phooshop LE」での処理例です
<画像をクリックしてご確認ください>カルガモ♀の画像
画像合成-完全一致、諧調反転

【ユーカちゃん再び】
鳥をちゃん付けで呼ぶのは本意ではないが、いなくなったと思ったヒドリガモの雄化メスが
偶然見つかったので、とりあえず、こう呼ぶことにした。

昨年「変かもヒドリ、変化も気取り」で紹介した雄化メス
10月末の雄化メス

最近 5.5km離れた市境の池で見つかった雄化メス
最近見つかった雄化メス

上で紹介した方法で合成した画像
差の絶対値合成画像
嘴付近の黒味を中心に見てほしい
個体識別に用いる画像の場合、光線状態、鳥の背景、鳥の姿勢で同一個体であっても
合成画像が真っ黒になることはあり得ない。
しかし、嘴や時間差のない2画像比較の場合にはかなり一致範囲が大きい。
この場合5ヶ月の時間差、姿勢差、撮影角度、光線状態を考慮しても良好な一致
が見られる。デジスコ画像から切り出したシャープな2画像間ならかなり有効だ。

最近の雄化ヒドリガモ♀
右後方でぼけて写っているオスにパターンは似ているが黒っぽい

雄化メス飛びつき
カモの翼パターンは雌雄識別に有効だが、雄化メスでもほぼ似たパターンを示す。
マガモ属の雄化は波状紋の粗さや黒線化が見られるが、他の属ではそうでもない。
また今回かなり間隔を開けて観察できたことで、雄化メスにもエクリプス期が存在
することが判明した。
また今回同一個体と判断したヒドリガモの移動距離や移動方向は従来から観察
していた交雑アカハジロやアイリング型ヒドリガモ♀の移動ルートと類似性があり
興味深かった。いままで同一個体と推定したカモの同一性判断は上記方法により
導き出している。皆さんはどうお考えだろうか?

PageTop