をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

オスに化けたヒメハジロ

遅い朝に電話が鳴った。
最近撮影された「ヒメハジロ-若オスとちゃうん?」
慌てて画像確認・・・ホンマや!

ということでお昼前から急遽、兵庫県の池へ。
出るときはいいお天気だったのに、中国池田から雨。
インターを下りた頃には土砂降りでした。
そこは根っからの「晴れ男」着いたら止むって・・・と
たかをくくる。   着いたら止んで青空が出てきた。

右側面
一眼トリミング、右後方側面
背と側面のコントラストや頬の白斑面積の大きさはオスを感じさせる

右側面
デジスコ、右側面
上記内容に加え、胸部は完全に白い。これもオスを予感させる。

後頭部
デジタル一眼トリミング、後頭部及び左側面
あといくらか時が経てば頬の白斑は後頭部で繋がる?

左側面
デジスコ、左側面
強い光が射すと、目の上部付近に緑~赤紫色の光沢が少し感じられた
写真では緑色のスポットだが、スコープではチラリと虹色が見えた。

その後、空に天頂環、帰路の虹、帰宅時の沈む太陽にくっきり4重の光冠。
皆が「オスだったら!」と強い思いでいたから、願いが届いたのか?
自身も含めて勝手にメスと決め込んだのか?
2月初旬、初見時に隣のK氏が呟いた「白斑が大きいなぁ。」
「そんなことないでしょ。」そう言いながら後日確認に訪れたいと思っていた。
しかし、飛去したようだと誤情報を信じていたので、今回はラッキーだった。
3月に撮影された翼パターンには次列風切上部にも白色部が拡大している
ことが確認できる。1Wオスということではないだろうか?

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。