をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

帰り来た顔馴染

9月に入って間もなく、岸和田市の久米田池にはカモが飛来し始めた。
シマアジ・ヨシガモ・オナガガモ・ハシビロガモが多数のコガモに混じって少数
確認できた。現在はヒドリガモも多数飛来し今後益々その数を増す。
昨年間近で確認できたシギたちも水量の減らない今年は望みが薄い。

下旬には我がフィールドの芦ヶ池にもカモたちが戻ってきた。
マガモ・エクリプス
マガモ・エクリプス

アイガモ・エクリプス
アイガモ・エクリプス

比較のために挙げたマガモとアイガモのエクリプス画像。
どちらもフルエクリプスからやや換羽が進行しているが繁殖羽とはほぼ対極の羽衣。
マガモは昨年幼鳥で飛来した個体と考えられるので2W移行中ということになる。
嘴峰に黒色部が残るのは、成鳥でもエクリプスにはしばしば見られる。

コガモ・エクリプス
コガモ・エクリプスメス

昨年も単独飛来したコガモ、嘴元には黄色が少し残り嘴色は真っ黒ではない。
他のカモたちとは異なりほぼフルエクリプス状態で過眼線周囲のコントラストや羽の翼鏡
前後の白帯の太さで雌雄判断可能。
自分で疑問に思いながら雌雄いるコガモのメス画像をアップしていました。

ヒドリガモ・エクリプス
ヒドリガモ・エクリプス

背には既に波状紋が見え始めているが、脇に見える雨覆の白色がオス成鳥の証。
嘴のコントラストは繁殖羽期に比べ低く、青灰色のくすみが強い。

ハシビロガモ・エクリプス
ハシビロガモ・エクリプス

嘴は繁殖羽期ほど黒くなく、虹彩色も金色よりオレンジ色っぽい。
目先の淡色部の形からオーストラリア方面に生息するミカヅキハシビロガモとしている
国内サイトが見受けられるが、この淡色部は繁殖羽期に消失する。

ハシビロガモ・メス
ハシビロガモ・メス

オスのソリッド色の嘴に比して、顆粒状の黒斑がオレンジ地に散らばる印象。
虹彩の色は暗褐色。

いずれのカモも昨年には確認できており、飛来直後ながらパンを求めて間近に来る。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。