をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

サブエクリプスの存在

前回は嘴の黒斑から雌雄判断してみようという趣向でお送りした。
当然これはメラニン色素の増加時期(繁殖羽移行期)に特に有効な方法であって、
性ホルモンが下降する時期には効力を失う。(未熟個体より成熟個体に顕著)
多くの方は図鑑の記述にのっとって嘴の色で性別判断しようとしがちなのを警告
したまでのことです。

今回は嘴からわかるメラニン色素の分布パターンで知るもうひとつの秘密を紹介
しようと考えたのだけれど、風邪で画像が間に合わず後日紹介することにする。

自身も何の疑いもなくハシビロガモの繁殖羽移行期の一時期の羽衣を標記の
サブエクリプスとしてきた。
ハシビロガモオス幼鳥
Northern shoveler male juv. early Nov. Matsubara city ハシビロガモオス幼鳥

ハシビロガモメス
Northern shoveler female juv. early Nov. Sakai city ハシビロガモメス幼鳥
しかしながら、時折11月初旬にして既に繁殖羽に移行し終わった個体を見たり、また
年が改まってかなり経っても上のような外観のオスがメスと誤認されている。
以前にも憤慨した雑誌のカモ特集記事内容への懐疑はむくむくとハシビロガモの換羽
についても頭をもたげだした。

私自身の認識において、マガモ属の成鳥羽移行過程はハシビロガモを除いて一年以内
に終了する。繁殖もこの期間内で可能となる。 ただし雨覆いなど一部外観から容易に
観察できない部分に幼鳥パターンが残存し、この時期の状態を一般に幼鳥羽あるいは
第一回繁殖羽と呼んでいる。
一部の幼鳥は第一回繁殖羽へと移行せず、春先まで幼鳥羽の外観を保持するものが
いて、これらは栄養不良などの外的要因から換羽不全を引き起こしていると思われた。
しかし、この考えは誤りで、秋型のチョウ(タテハ類など)が成虫で越冬するように、遅く
生まれた幼鳥のグループには換羽のスイッチが入らず越冬時外観が早くに生まれた
幼鳥グループの第一回繁殖羽と異なるのではないか?という疑問です。
遅く生まれるグループの代表例は初回繁殖の若いメス親に育てられるグループ。
5~6月に孵化したグループに比べ2~3カ月成長が遅くなるはずだ。

以上の推測的観点からハシビロガモの繁殖羽移行完了時期のシミュレーションを
してみると、老鳥に近いグループは早期に換羽を終了し、若い個体を含めた大多数
の換羽終了時のピークは2~3月になるであろうと予測できる。
つまり年齢別の換羽追跡がこれまでなされてきたのか?という 第一の疑問。
それに、これほど特異的な換羽様式なのに、黒田博士や外国の資料やサイトから
この件の根拠を探しえないのが、 第二の疑問なのである。

このサブエクリプスの論拠となった資料をご存じの方はお教え頂けると幸甚です。

※ 2010年秋、ネット検索から米国のサイトで記述の出典として
「Waterfowl」 by Madge and Burn (Houghton Mifflin, Boston, 1988)の記述を
見出しました。機会があれば、目を通してみたいと考えています。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。