をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒドリ雄化メス

最近ヒドリガモの雄化メスと思われる個体に新たに遭遇したので、継続観察中の個体と
併せて記事にすることにした。

私がこれまでハッキリと雄化であろうと判断したのは3例。
うち1羽は当初、色素異常個体ではないかと考えていたもの。
しかし、振り返って判断すると、これまで観察した中でもっとも成熟した個体、つまり老鳥
だろうと考えられ、外観は色彩こそ異常だが極めてオス外観に近かった。

変なヒドリガモ
2007年11月中旬、大阪市 再掲

昨秋10月下旬に遭遇した成鳥個体
200811
2008年11月初旬、堺市

200903
2009年3月中旬、堺市

200911
2009年11月初旬、堺市 以上3画像同一個体

最近見かけた若い個体
j200911
2009年11月下旬、岸和田市

マガモ属の雄化には特徴的な太い横斑が出現する。 しかし初期にはあまり明瞭でなく
また、雄化がかなり進行するとオスに近い外観にまで変化する可能性がある。
年齢、卵巣の機能状態でかなり外観に変化があるだろうと推測している。
成鳥の雄化例では非繁殖羽・繁殖羽の換羽外観差が見られる。

また、雄化の原因は卵巣機能の低下あるいは不全が関わっているというのは、まず
間違いのないことだが、誘発因子が私の考えるヘテロ性染色体の鳥類・哺乳類の
心理的ストレスにあるかは不明である。
なお、確認できている他のマガモ属雄化例にはオナガガモ、マガモ、コガモ、オカヨシガモ。
他のトモエガモやハシビロガモにも出現しても不思議ではないが、見ていない。
ただ、カモの雄化を認識・画像が容易に見つかるのは他の情報と違い、国内に多い。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。