をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

夏の豊旗雲は色づいて

部分外接ハロ
携帯電話画像ー上部部分外接ハロもしくは内暈(堺市役所)

各地に豪雨被害をもたらしたハッキリとした梅雨が明けると、連日の酷暑。
連休前後にはハロや鮮やかな夕焼けが続けて見られた。
一般に古い呼び名と現在のそれは一致しないものも多いが、瑞兆の雲とされる
彩雲は見える高度から考えて現在のハロの一種、特に環水平アークだと思う。
しかしながら、その発生機序が明らかになった現在も、古式にならって、そう
呼ぶべきかといえば、そうではないと思う。
豊旗雲も特定の雲を呼ぶものではないとされるが、私には大空にたなびく旗の
ような雲は巻雲がふさわしく思える。また、かぎろいは太陽柱。
ともに巻雲、巻積雲、巻層雲といった高層の氷晶にまつわる雲に由来する。

青空に巻雲、薄い水平環
仁徳陵上空の薄い水平環

かなとこ雲
夕照のかなとこ雲

夕焼けの市北部
夕焼け空の堺市北部方向

色づく豊旗雲
市役所上空で色づき始めた豊旗雲

残り5画像に続きます


茜に輝く
茜色に色づき始めた市街地

南区方面
光環をまとった半月輝く南区方面

茜空を切り裂く
茜空を切り裂く薄明光線

仁徳陵夕照
後円部西側越しの西区、高石市方面

薄明光線
夕照の市街地上空に放射状に伸びる薄明光線

デイサービス中の不注意に起因する事故はその後も解消せず。
車椅子の肘掛を下げ、移乗方法を変更するとした消極的解決策では効果なし。
サービス施設に所属するケアマネの意識が低いのか、特定の人物が常に
介助に関与しているのか、依然として気が抜けない。

その後も左手指に挟み痕をつけて帰宅したり、頭部にひっかき傷を負って帰宅したり。
特定の曜日だけに発生しているだけに、その気になれば原因特定はたやすいと思われる。
家族はおおむね原因が推定できていても、施設側は自施設で発生したことと認識せず、
サービスを利用するまでに自宅で負傷したと考えているようだ。
先日、送り出してすぐに電話があり、「頭部に怪我がありますが、お気づきでしょうか?」
という施設看護師の電話があった。母は気付かなかったと返答したが、私はその箇所が
車椅子を押す際に、目の前にくる場所なので鮮明に怪我がなかったと認識していた。
「傷を見つけたぞ、どうだ! そっちの責任だろう。」私には、そう感じ取れた。
そういう自信たっぷりの言動は迎えに来て、父の送迎をスタッフが引き継いだ時点なら、
言えなくもないが、施設のベッドに移乗させた後の出来事なのですから。
なんとも失礼で反省のない態度に呆れてしまった。頭の傷は頭を車椅子から離す際に
腕の時計バンドが当たる位置に相当(2度)しているので、金属バンドをしたスタッフが
気づかずに傷つけた可能性が極めて高い。
残念なことだが、金属ベルト等装身具が介護・看護時に患者を傷つけてしまっている認識
のない方は意外に多い。

もう一点、極めて納得のいかないことがある。
デイサービスで怪我をすることが頻発したので、自宅での入浴介助をと考え、浴槽等の
改修補助申請について市役所の介護保険課住宅改修担当にはなしをきいた。
介護保険制度で利用できる住宅改修は障害の程度が大きく変化しない限り、たった一回
のみ利用可能。他の生活用品等は一年に一度。
父が障害者認定を受けた直後、障害者福祉で20年以上前に浴槽等の設置補助を受けた
ことがあるのみで、以後住宅の改修は一回も受けていない。
従って、介護保険による浴槽入れ替えの改修費等は申請に何ら問題もなく、事実保険課
は書類をケアマネに書いてもらって下さいと申請書を手渡してくれた。
がしかし・・・ケアマネは私のはなしを聞くなり、現在シャワーが壊れているなら修理
に該当するので申請できず、書類は書かないというのだ。
そして、介護認定をまだ受けていない母に認定審査を受けさせ、母の申請で浴槽等設置
するなら大丈夫だと言う。
修理が理由で申請できないというのならば、母が申請しようが、申し込み条件を外れる
のは同じこと・・・本当の理由は他にあるはずだと思う。
ケアマネの責務って何なんだろう? これじゃケアマネじゃなくってケアオブ・・・
ケアオブストラクター(介護妨害者)じゃないか。
自施設の事故の過失を認めず、事故の起きにくい別タイプの車椅子レンタルを認めず、
家族が必要ないとした訪問看護を入れ、一年以上レンタルすれば負担の大きくなる
介護物品のレンタルを促進し・・・あー、もう嫌になってきた。
障害の程度が重いから、家族による自宅での入浴介助が不能で、その実、家族だけが
利用するための代理不正申請と考えてのことなら、越権行為であろう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。