をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

未来の自分が先生

カモメ識別ハンドブック改訂版

氏原氏の描く鳥画の大ファンなのです。
洋画の量感・塊感を保持しつつ、幼羽と成鳥羽の細部を描き分けるその知識と
技量に唸らされるから。

今回は改訂版となってはいるが、新訂版といっていいほどの頁増60%の80頁。
全国的な発売は多分、この週末からだったろうと思う。
ジャパンバードフェスティバル(JBF)の会場で先行販売されたようだが、
大阪府内でネット在庫が確認できるようになったのは、昨日土曜日から。
昨今はネット通販も普通なので、書店で購入するメリットはいちはやく入手
できるということぐらいしかなくなった。 ただ、大阪市内の繁華街にある
書店以外の在庫は通例1冊程度、在庫確認していても、取り置きしないと、
出かけている間に先を越される場合があり、交通費がかさむことも。
今回も書店員に案内された客がこのシリーズに手を伸ばし、タッチの差で
入手の機会を逸した可能性があった。

図版は小形カモメから大形カモメの頁順に変更され、パッと見は派手に見える
印象。輪郭がたち、ホイグリンカモメやウミネコ幼鳥の色調・トーンが大きく
変わり初版の落ち着いた印象とは違う印象。
一部色味が違うといった指摘や戸外の明るい環境下で参考にすることに配慮
した刷りの調整だと思う。
他の方が既に内容について、触れておられるので、新たに変更統一された和名
以外に気づいたことなどを。

・ 本編図版にチャガシラカモメ、ワライカモメ、クロワカモメが収載された
  ことにより、世界のカモメは初版の3頁から北半球・南半球の2頁に統合。

・ 雑種に関しては1頁から3頁に増加。

・ 換羽、季節差、雌雄差、見え方の違い等の頁を追加

・ 比較対象のカモメと同時撮影された写真図版の追加・・・

により5部から構成された内容で、より初心者に配慮した内容となっている。

わからない鳥や疑問に遭遇した際、すぐに答えを知りたくなるだろうけれど、
このような本でじっくり自分なりの答えを見つける。
事実、シギチとカモメは氏のハンドブックがなければ手をつけなかったという
方が大勢いらっしゃるだろうと思う。

今回の改訂版は未来の自分が自分の先生になるための、強力な助っ人であると
改めて認識できるハンドブックシリーズの白眉であろう。

余談ながら、同時発売の「カエデ識別ハンドブック」の著者、猪狩貴史氏は
山と渓谷社「日本のスミレ」著者いがりまさし氏の実弟でスミレ画像の提供
もされた方。 ブンイチとヤマケイのネイチャー系人気シリーズが互いに
切磋琢磨して魅力ある書籍が完成したら、読者としてありがたい。

氏原氏の鳥画はハンドブックサイズで見るにはもの足りない。
このシリーズのシギチ・カモメ以外にカモの企画が進行しているらしいが、
実は同一コンセプトでムシクイやヒタキや国産鳥類全般を詳説・監修した
詳解日本鳥類大図鑑なんてものが存在したら、どんなにか素晴らしいだろう
とは思うが、奥様のご病気に関わらず今回の改訂を実現された姿勢に拍手を
送りたい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。