をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

群れで飛ぶ

野鳥を見るには個体観察も楽しいが、群れで飛ぶ姿も美しい。

この秋、酷暑の置き土産というのか2006年秋以来の冬鳥の当たり年。
鳥たちにとっては生き残るのに必死で普段平地で見ることの少ないウソや
ベニヒワ、オオマシコ等の観察しやすい冬になるだろう。

mahiwa1
マヒワの群れはあちこちに見られ場所によっては数百羽にもなる。

mahiwa2
翼をたたんでロケットのように飛ぶ様はM尾の外観からまるで水中の魚のよう。

hasibiro1
群れで飛ぶハシビロガモ、今年1月

hasibiro2

hasibiro3

yamatogawa1
阪神高速湾岸線の空港バスを追飛するオオソリハシシギの群れ、軽く追い越して行った。
無着陸長距離飛行で知られるオオソリハシシギだが、この時の時速も100km/hを
超えていたと思われる。

yamatogawa2.
群れの一部。これは今年5月26日午後の画像。これに先立つことわずか前、海老江で
この群れはT氏に確認されている。

yamatogawa3.
全部で60数羽、大和川河口いや大阪府内でこれほどの群れを見たのは初めて。
コシジロオオソリハシシギも3羽ほど含まれていたようだ。

PageTop