をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寿命

今季、唯一カモで賑わう古墳の濠に昨日もでかけた。

goshawk
墳丘北側後円部西の木にオオタカ幼鳥がとまった。

mandalin
オシドリ・トモエガモの群れにアタック

mandalin2
オシドリの方も例年飛来する群れなのか、すんでのタイミングで潜水回避。

goshawk2
狩りに失敗したオオタカは背後の樹木にとまったあと、墳丘奥へと消えた

ここでオオタカが狩りをするのは何度も見ているが、西側で狩りに成功した例を
見たことがない。オオタカの成鳥・幼鳥を問わずにだ。
東側では何度か成功例を見ているので、カモの密度が低い方が成功しやすいのかも?
カモたちもまた集団を形成することで危険を回避することが、寿命の延長に有効だ
ということを互いに認識しているらしい。

とうとう愛機のシャッターユニットが悲鳴をあげて壊れてしまった。
シャッターを切ると鈍い引っかかり音がしてエラーとなりシャッターを
切ることができなくなる。
このような現象は2年目頃から発生していたのだが、2コマ目を切ると
正常撮影に移行できていた。
また充電池の寿命回数に近づき電圧が低下した状態でシャッターを切ると
同じような現象が頻発したことがあった。 その際にはACアダプター接続
でシャッター動作を確認して異常が電池にあることが分かっていた。
ところが、今回はACアダプター接続でも2コマ程度の撮影でエラーが発生
画像記録中のメッセージが点滅したまま反応しなくなった。
今年で使用丸6年、別機種と2台体制で撮影してきたこと、無闇な連射を
避けてきたことでここまで使い続けてこられたのだろうが、さすがに自身で
グリップゴムの張替え、十字キーの脱落応急処置等を施したボディーは正に
満身創痍で寿命を迎えた。
後継機を購入する余裕はとてもないので、先代を復活使用するつもりだが
電池のランニングコストの高い機種なので、どうなることやら。

父の呼吸停止や消化管の蠕動抑制は救急処置で処方された鎮咳剤に原因が
あるらしく、投薬の途絶えた現在、再発はない。
ただ頻回の咳嗽や投薬の名残か不整脈がひどく3回に1回程度脈が飛ぶ。
従来からある睡眠時無呼吸と合わせて、血圧降下が災いしないといいが。
何度も危機を乗り越えてきた父のことだから、これぐらいのことで寿命
だなんてちっとも考えていない。
先日呼吸停止後、呼吸再開時に「ぐるじい~、そんなん飲ますからじゃ」
と言葉が出たほどだから。
ただ、母が食事を口に入れたまま食卓で居眠りしたり、用便中に居眠り
したりする。母の体力は限界に近いように思えるが、どうしたものか。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。