をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寛平ちゃん帰る

アースマラソンに挑戦し世界中をヨットと走りで制した寛平ちゃんが大阪に戻る。
壮大な計画と前立腺がんの治療を経て帰阪したその快挙にただ、ただ拍手。
その昔、寛平ちゃんの横を何度かマラソンで追いぬき、追い越された。
今はもう走ることから遠のいているが、その「走破」魂は今も自分の中にある。
気の遠くなるようなことも、一歩一歩踏み出さなければ近づかない・・・
そんな単純明快なことを、寛平ちゃんのゴールから久しぶりに感じた。

moon
今宵の月、月に露出を合わせるとこんな感じ。

coronae1
背景にも露出を配慮すると・・・

coronae2
更に露出をかけていく

coronae3
月は白く飛んでしまい、光環の輪郭が浮き出てくる

coronae4
更に露出時間を延長すると月に縦長の光環が確認できる

実際には短い月光柱をともなった月の周囲に縦長楕円の光環が見えていた
これに先立って月高度が低い時には月光柱が見えていたから。
板状の氷晶が水平に浮かんでいるいるとき、光源は垂直方向に伸長して見える
背後に見える縞々の雲は波状巻積雲と思われ、月高度がやや低いことと相乗し
楕円の光環となって観察されたものと思われる。

父の状態は胃ろうからの栄養投与を固形化したりして、逆流緩和策をとった
ことなどで改善し、年末に調子を崩す以前の状態に戻った。
様々な容態の急変はやはり、鎮咳剤の副作用であると考えられた。
母の具合は認知症疑いに加えて、肩関節周囲炎で右手がほぼ使用できず。
一人で二人の世話は事実上悲鳴を上げたくなるが、最悪の事態に備えて
徐々に体制を変化させていくしかないだろう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。