をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

ちゃうやんけぇ、それ

いきなり下品で粗野な言葉遣いのタイトルですが・・・
この時期が巡ってくると、どうしても気になって仕方がない。
エクリプスと幼鳥、それに雌のハナシです。

この時期、カモが繁殖羽になる前の羽衣に興味を持って見ていると
やたらとエクリプスという表現が目立つのだが、実はそれらが真に
エクリプスであることは少ない・・・その結果の印象が「ちゃうやんけぇ」
という表現になってしまいます。
そもそも、「ちがう」と「ちゃう」は関西圏の多くの場所で双方共に
使うのですが「ちゃう」といった表現は仲間内や親子といったかなり親しい
間柄ではよく使うものの、目上の方に対してやあらたまった表現では用いない
ことが多く、より率直な表現のように感じます。
その「ちゃう」に同意を求める「やん」もしくは「やんか」の強意形が
「やんけ」でしょうがその語尾が「え」で「やんけぇ」がより強意の意味が
強いと理解して頂いて結構です。

まず幼鳥ってどんな特徴的な外観?

アオサギ幼鳥
アオサギ幼鳥

ヨシガモ♂幼鳥
ヨシガモ♀幼鳥

キリアイ幼鳥
キリアイ幼鳥

カヤクグリ第1回冬羽
カヤクグリ第1回冬羽

最後のカヤクグリに関しては推定を誤っているかも知れませんが、頸から胸
腹部にかけてウロコ模様のようなものが見えませんか? 肩羽。上背の羽が細かく
密に揃っていませんか?

エクリプスと幼鳥
ネット上の画像を見ていると、シマアジの最近の画像がことごとくエクリプスということに
なっているが、最近大阪北部に出現した2羽は共にオス幼鳥で南部の1羽もオス幼鳥です。

秋季のシマアジは全国的に画像を見てみると大半が幼鳥で成鳥はわずかです。
エクリプスと言えるオス成鳥は更に少ないものと考えられます。
ですので、カモにかなり詳しいと自負しておられるような方や探鳥会リーダーなども
ことごとく間違った判断をしているし、写真図鑑だって間違っています。

山渓ハンディ図鑑7 日本の野鳥 (山と渓谷社)
日本の鳥550 水辺の鳥   (文一総合出版) 共にエクリプスの写真は幼鳥です。
それに、日本の野鳥ではメス幼鳥がエクリプスとして掲載されているからヒドイです。

では最近の画像からシマアジオス幼鳥
シマアジオス幼鳥

シマアジエクリプス 昨年9月下旬
シマアジエクリプス
なおエクリプスの腹部付近がオレンジ色っぽくなっているのは鉄分による染まり、
種に固有の色ではないので、この色には注意されたい。


図鑑の件に言及したので、最近目にした回答不能の「鳥力クイズ」
雑誌BIRDER8月号の叶内氏の出題、これってなんでこんな画像使うんでしょ?
Aの写真はコガモエクリプスって三列風切が脱落換羽中で体側にすでに波状斑が出てます。
 エクリプスというからにはもっと初期のフルエクリプスに近いものを選択すべきでは?
 なぜか氏は10月撮影のこの画像を繰り返し使っておられるが、そんなに典型画像ですか?

コガモペア
9月中旬撮影のコガモペア、奥がエクリプス。嘴はこのペアではオスが黄色い。
飛来初期のオスの嘴が黄色味を帯びていることは普通だし、メスもこの後黄色く
オスは黒くなる。

Bの写真はオナガガモオス幼鳥らしいですが、それって嘴の特徴だけで決めてません?
 他の特徴は完全にメスですし、雄化らしいところも見られず幼鳥でもないですね。

オナガガモ雌雄幼鳥
昨年10月中旬に撮影したオナガガモ雌雄幼鳥。右がオスで成鳥オスを挟んで左がメス。
この画像のオス幼鳥は嘴のサイドが完全な灰色ではなく、メスは全体に灰色に見える。

他にこの設問の問題点は異なる時期の画像が混在していること。
売れっ子で多数の著作がある氏ですが、後々の汚点になるようなことは止めた方がいい
ように思います。 自サイト掲示板のカモ質問のシマアジも誤認してるくらいですから。

ま、一階のアマチュアが50階の野鳥の会関係者や100階の図鑑著作者が振りまいた
誤解という塵を振り払えるとは思いませんが・・・、どうにかならんですかねぇ。

PageTop