をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

マガモ属嘴の点状黒斑2

マガモ属のメスの嘴には点状黒斑が見られることを以前記事にした

過去の関連記事
・マガモ属嘴の点状黒斑
・カモ目嘴の発色モデル

本日はその後の観察により、なぜメスの嘴の黒斑は大き目で目立つのか? 加齢変化は?
について書いてみる。

ハシビロガモ雌の嘴点状黒斑:加齢変化
ハシビロガモメスの昨年と今年の嘴変化

これは同一個体と確認できた昨年と今年の同時期の嘴の変化を示したもの
加齢で嘴の黒斑が増加しているが、出現部位も必ずしも一致していない
このような変化はカモ目のハクチョウやガンにも認めうると考えられる(点状とは限らない)

マガモ属雌嘴のユーメラニン色素は加齢で凝集して明瞭な点状黒斑となる
この繁殖羽へと変化する時期の雌性ホルモンの増加が直接の原因だと推測できるが、これを
利用すればメスの識別法の一要素として利用しうる。

マガモ雌成幼の嘴
これはマガモ雌の幼羽時(左)と成鳥(右)の嘴比較
別個体の画像ですが成鳥には明瞭な点状黒斑が見られるでしょう。
加齢により微小黒斑がやがて凝集して成鳥の明瞭な黒斑となることがわかります

これまでカルガモやヒドリガモではこの黒斑が認識しづらいとしていました。
しかし、その後の観察でこれらのカモでも嘴の裏(底)や明色部に微小黒斑や凝集でできる
下地色の透過が確認できました。
稀にオスの嘴にも黒点が見える場合がありますが、雌雄判断要素として利用できることは
疑いのない事実です。

もし、カモの嘴を見ていて、この記事を思い出したら是非その後を観察してみて下さい。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。