をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三列風切で見る雌雄

マガモ属のみならず三列風切はしばしば種を特徴づける外観の大きな部分を
担っている。オシドリの銀杏羽、ヨシガモの蓑毛などが代表的なもの。
飛翔に際しては特に大きな役割は果たしていなさそうに見えるが、雌雄判断
材料としては有用な情報をもたらしてくれる。

tertials
            マガモ属三列風切の外観特徴

種によって見るべき部分は少し異なるが、カルガモ、マガモ、コガモ・・・全てのカモで
この表のような差があると思うが、いかがだろうか?

では10月末のヒドリガモ成鳥画像でご確認いただこう。
wigeon-m
オス、外弁が黒々としていて辺縁の白色部は幅が狭く境界はクッキリしていますね。


wigeon-f
メス、外弁は褐色で辺縁の白色部が広くその境界はぼかしがかかったように見えますね。


wigeon-intersex
雄化メス、中等度以上に雄化が進んだこの個体はオスと同等の外観(三列風切換羽伸長中)

では、続きで幼鳥でもこのことが適用可能か見ていただこう。

wigeon-m-juv1
オス幼鳥、この個体は波状斑の出現はまだだが雨覆の白色度は一見成鳥に見えるほど白い


wigeon-m-juv2
オス幼鳥、脇の喫水付近に波状斑が見えるが、雨覆の羽縁淡色部は不明瞭で暗褐色
体部に先行して頭部が赤褐色になりつつある
雨覆の外観のみで年齢推定するのが危険だということがわかるだろうか。


wigeon-f-juv1
メス幼鳥、上のオス幼鳥と雨覆だけを見ると似ているが、嘴・三列風切外観に違いが見られる


wigeon-f-juv2
メス幼鳥、雨覆の羽縁淡色部は更に不明瞭でチョコレート色単色のように見える

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。