をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

繁殖羽移行中の幼鳥・成鳥

オナガガモはハクチョウ等の餌付けを行なっている場所や府内でも北部の方が数多い。
そこで観察に出向いた本日の画像と9月中旬の画像を用いて成鳥・幼鳥の外観差異を示す。

ecli1
2羽共に飛来直後のエクリプス この画像のみ9月中旬撮影、他は本日
eclipse to breeding plumage primary phase

juv1
幼羽から少し繁殖羽に移行したオス
juvenile to first breeding plumage primary phase


ecli2
エクリプスから半ば繁殖羽に換羽したオス
eclipse to breeding plumage middle phase

juv2
幼羽から半ば繁殖羽に換羽したオス
juvenile to first breeding plumage middle phase


ecli3
エクリプスから殆ど繁殖羽に換羽したオス
eclipse to breeding plumage terminal phase

juv3
幼羽から殆ど繁殖羽に換羽したオス
juvenile to first breeding plumage terminal phase

個々の外観差異やオナガガモ以外の種を同様に紹介することもしない。
ある程度外観差に慣れれば以前記したように、一目でその違いが分かることに気づかれよう。
この画像を参考に他のカモでも細部を逐一チェックせずとも幼鳥の判断ができるようになると
いろいろと見えなかったものが見えてくるでしょう。
幼鳥が体部に比して頭部を優先的に換羽するというのも納得いただけるだろうか。
ただし、どの鳥でも個体差があっていつ、どこから、どのように換羽していくかは個体に
よって結構大きな幅があるというのも了解しておくべきです。

続きでその他に気をつけるべき体色について触れます。

カモの外観を表現した多くの方の文章内容に色の濃い(赤茶色)個体は幼鳥だろうかとか
個体差とかいうものが見受けられる。
当初、私自身もその色味が幼鳥を示すものではないのかという感覚をもっていたが、カモに
詳しい方の文章により鉄分で赤錆色に色づいているのだと知った。
後に黒田長禮博士の著作でも、この赤錆色を田渋と表現されているのを知った次第。

ferric-stain-f
オナガガモのメス、右の個体は腹部が橙褐色に見えるだろうが、これがその外部着色

ferric-stain
成鳥オスの腹部が着色すると白いのでよくわかるでしょう。

これらの着色を鳥体固有の色や代謝分泌による色だと考えず、外部要因(生息水域の鉄分)と
捉えることができないと誤解の原因となる。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。