をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヴェガのミューコール

母の状態が不安定でなかなか思うように外出したり時間をつくれない。

本日は先日見かけたセグロカモメ(Larus vegae)の番行動。
本来は繁殖地の巣作りに先行して見られるようだが、越冬地においてもしばしば擬似行動が
観察されるようで検索で結構な数がヒットする。中には異種間での行動も見られる。
いつもとは違い、動画が適した内容ながらそんな機能はない古い機種での撮影なので枚数が
多く閲覧は重く見づらいかも知れない。

川岸に近い場所で1羽のセグロカモメが天を向いて鳴いていた。
しばらくすると、やや小ぶりのセグロカモメが傍らに降り立ち鳴いていたカモメの周囲を
回りだした。何かが始まりそうな予感がして撮影を続けたのが以下の画像。
「セグロカモメの世界」1953を書いたノーベル賞学者ニコ・ティンバーゲン氏によると
どうやら並んで歩いて鳴いている時はミューコールと呼ばれる鳴き声を発しているようだ。

vega1
vega2
vega3
vega4
vega5
手前の大きい方がオスのようで、このペアではオスの虹彩が明色で脚色のピンク味が濃く、
額の位置が高い。
11月に撮影された同様の画像ではオスの額は同様に高く、夏羽の残存度が高いのか頭頚部の
斑が少なく白っぽいものが複数見られ、明らかにメスより明色であった。
背の灰色は雌雄同程度かオスがやや濃い様な印象を受けた。
vega6
vega7
時折川床のゴミを拾い挙げたが、繁殖地での草引きに相当する擬似行為かも知れない。
その後はミューコールを発しながらまた並んで歩いた。
vega8
vega9
vega10
vega11
vega12
メスの餌をねだるような行動に反応して、何やら取っ組み合いが始まった・・・ように見えたが
実はこれもオスがメスに給餌する擬似行為が噛み付き合いに見えたようだ。
vega13
vega14
vega15
vega16
vega17
vega18
長い噛み付き?が終わるとまたミューコールしながら行進
vega19
vega20
チョーキングするような動作
vega21
脚で巣穴を掘るような動作の後、体羽を膨らませて大きく見せ、
巣に座って誘引するような仕草のオス
vega22
並んで水飲み、このようなシンクロ行動は親密な間柄のカモでもよく見かける
vega23
体羽を膨らませて周囲を威嚇するようなオスと草引き動作のようなメス
vega24
向い合って鳴き交わす
vega25
巣材集めをしているようにも見えるオス
こののちオスは異常な興奮を鎮めるかのようにユリカモメの群れを蹴散らして悠然と佇んでいた
以上のような行動は30分にも渡って続き、ミューコール・オスの座り込み動作は10回程も
繰り返された

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。