をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

雑種のカモ

今日はビロードキンクロの定期観察に出かけた。
到着時には陽が射してきて、波も穏やかになり、あとはお目当てが近づいてくれるのを
祈るだけ。
残念ながら近づいてくれないので自分から回りこんで対岸方向からの観察に切り替え。
一見何の変化もないように見えるが着実に嘴爪周囲から鼻孔にかけて色づいている。
耳羽周辺の白斑が消えてきて、体羽が摩耗で褐色になった部分と黒くなった部分が明瞭な
コントラストを持つようになった。

帰り際、前回のノジスミレを見てみたが、今回はキレイに開花している株は見つけられず。
初めてこの場所を訪れた際に多数のホシハジロの中に雑種のホシハジロを見つけてすぐに
見失ったことを思い出し、ひょいとホシハジロの群れを見てみたら・・・いるではないか!

hybrid-with-pochards
中央手前が交雑種

aythya-hybrid-in-ducks
背の色、頭部の色、後頭部の段差に注意

pochard-tufted-hybrid1
キンクロハジロXホシハジロ交雑種 初めて遭遇した潜水採餌ガモの交雑種として記憶
している。ただ撮影したのは今回が初めて。

以前に紹介したキンクロハジロの関わった交雑種・・・ スズガモとの雑種

wigeonxfalcated
ヒドリガモXヨシガモ交雑種 2011年12月下旬三重県

anas-hybrid-in-ducks
外見はヨシガモの頭部をヒドリガモに載せたように見えるが嘴や三列風切に違いが見られる
2010年2月に三重県で幼鳥が見られた際に一度訪問したが遭遇できずにいた。
今回は別の方から連絡を頂き長年見たいと考えていたこの交雑種を見ることが出来た。
第3回繁殖羽ということになるかと思われる。一部観察年記憶違いにより修正。
上記2種の交雑種はそれほど珍しい組み合わせではないが、いざ独力で探すととても困難。
カモに交雑種が多いというのは一部の組み合わせを除くとカモに理解のない方の誤解。
上記2例すら多数の目に触れる人気の野鳥観察ポイント。大多数の方は気づいていない。
ただ、珍カモ・雑種のカモ共に血眼になって探しているわけでなく、いるところでは意外に
あっさり見つかるものです。例えばふと覗いた双眼鏡の第1視野に見られるなど・・・。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。