をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

ヒドリガモ雌の雄化ステージ その3

ヒドリガモのメス雄化を外観上3分類する記事は今回が最後となる。
これまでの観察上得られた雄化の判断点に大きな矛盾はないと思うが、その原因や
バリエーションについては依然として不明点が多いのも事実です。
それら詳細な問題点については本文中で明らかにしたいと思います。

まずは最近のヒドリガモ画像から
f-wigeon-a
ヒドリガモ メスA 芦ヶ池 2012年3月中旬

f-wigeon-b
ヒドリガモ メスB 芦ヶ池 2012年3月中旬

f-wigeon-c
ヒドリガモ メスC 芦ヶ池 2012年3月中旬
何れの画像にも脇の横斑は認められず、肩羽の斑も多くはありません。
しかし画像Cでは肩羽に薄い複数の斑が見られます。これが明瞭で多くなり脇に横斑が
見られるようになると雄化兆候だと判断できるのではないかと考えています。
但し、このステージでは原因となるストレスから開放されるなどすると、雄化羽装は
正常な状態に復元しうるのでは?とカモ飼育個体観察から推察しています。

prime-intersex1203mid
ヒドリガモ メス初期雄化 芦ヶ池 2012年3月中旬
上3枚の画像より脇の横斑が明瞭で肩羽に鷹斑(たかぶ)または杉綾模様のような
過剰斑が認められる。また色味がややアイボリー味を帯びて淡色傾向。
胸付近の横斑は背までつながり、リング状に見える。

ナベヅル飛去と至近のカモ
ヒドリ雄化メス
の両過去エントリーにも一部初期雄化画像がありますので、御参照下さい。

nishiyoke1201mid.
ヒドリガモ雑種 メス初期雄化 2011年12月中旬 松原市西除川
中等度雄化でも紹介しましたが、こちらもアメリカヒドリとの雑種メスの雄化だと
思われます。

prime-intersex
アメリカヒドリのオスと行動を共にするヒドリガモ・メス初期雄化 2009年2月中旬
兵庫県西宮市

ヒドリガモ雌の初期雄化個体との遭遇はそれほど珍しいものではない。
しかし、過去の論文報告でもヒドリガモの雄化は取り上げられたことがなく、黒田長禮博士も
動物学雑誌51(3)168 1939 「雁鴨科の雑種と變り」でマガモ、コガモ、
オナガガモについて・・・共通の特徴は体にある波状斑が常に幅広きことである。と
述べているに過ぎない。
今日、オナガガモの雌雄化例だけが殊更に取り上げられ、他種の雄化例が忘れ去られている
理由を私は知る由もない。例として図鑑で取り上げられたのがオナガガモだったというだけの
ことかも知れない。

カモの雌が雄化する原因についてはオスとメスのあいだ ~雄化を探る~において
一度取り上げているが、飼育個体に雄化が多く見られることから、老齢説、散弾等による負傷説や
先天性性染色体異常説よりストレス原因説を大きく支持している。
動物園で飼育されているようなカモが散弾を多く浴びているとか化学物質に大量暴露されているとは
考えにくいからです。
また、雄化個体の画像として取り上げられているものの中に人面獣身のように頭部はオスなのに体部
だけがメスだというものが複数見つかる。私はこのような状態の雄化例を見たことがないので実際に
見てみないと何とも言えない。多くの例で幼羽から第1回繁殖羽への移行過程で頭部を優先的に換羽
するマガモ属のカモが見られるので、この辺の換羽事情も念頭に置いて、本当に雄化例なのかを判断
する必要がある。
この冬、大和川で撮影されたというコガモ雌の中等度雄化写真を最近見せて頂いた。
初期雄化はメスとの判別が難しく、高度雄化はオスとの判別が難しいため、中等度雄化例をもっと
知らしめることが、雄化を理解する近道ではないかと思う。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。