をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

募る不安要素

前回の更新後、状況は改善しないばかりか、新たな不安要素が発生。

母の症状は医者じゃないので診断するわけにいかないが、チェックリストの内容が
すべて当てはまることからレビー小体型認知症の可能性が高い。
感覚のムラが大きいので詳細を列挙しても仕方ないが、最近の行動では毎日使っている
電気掃除機が動かないと言う。で様子を見てみると、電源スイッチではなく吸い込み筒
連結解除ボタンを押して真顔で動かないと言っている。
この時にバカにしたように「それスイッチやないで!」なんていうと火に油を注ぐよう
なものなので「押してる場所が違うんちゃう?」と返事すると、「なんでこんなとこ
押したんやろ?」といった返答が返る。この様な感覚に異常を見る場合の母の表情だが
何か別人のように無表情で顔が歪んでいる。この先このようなことが増えていくのだろう
が父の介護サービスで出入りする大勢の方たちはまず気付いていない。

しばらく安定していた父の状態も訪問リハビリテーションの担当が変わったことから
派遣施設自体を変更したところ、新たな担当者は長く寝たきりの患者に施すとは思えない
高強度のリハビリ施術をしたために痛がって発熱してしまった。その後もしばらく様子を
見たが本人状態に即したリハビリにそぐわないという理由で担当変更をお願いし、やっと
最近落ち着いたところでした。
今度は定期診察でのIVHポート管理で生理食塩水でロック(ポートは点滴用ライン確保等
の目的で皮下に手術留置する人工バルブでロックとはそれを安定維持するために定期的に
薬液をポート内に注入すること)した際、ポートに生理食塩水が入らず胸筋皮下に薬液が
注入されてしまい左鎖骨下を中心に右胸から頸、上腕に及ぶ広い範囲がいわゆる青タンに
なり、発熱も伴っている。 本人の意思疎通が言葉を通してできないだけに、慎重なポート
管理を徹底してもらいたいところだが、増設の発端、器具類の適正使用についてもこれまで
多々問題があって是正してもらっているだけに、今回もミスしたならせめて本人に謝罪し
その後の対処について一言あって然るべきだとは思うが、主治医からは一言もなかった。
これまでにも、同様の処置ミスに起因する再診察を訪問看護の手配で救急部門受診し
何も言わずに追加負担してきたが、今回ばかりは度重なる病院内部処理の不手際さに唖然と
して「会計処理について聞かせてほしい。」と申し出、その判断を待っている。
国は在宅介護を中心とした高齢者施策を打ち出しながら、極力医療費増と介護不安を回避
しようとしている個々の努力をあまりに軽く見ていないだろうか。

PageTop