をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

グリーンフラッシュ

昨日16日、久し振りの空の写真

greenflash
見える人にはそうかなぁと見えなくもない小さなグリーンフラッシュ
7月、8月で計3度ほど見たので他の現象同様そんなに珍しくもない

kanatoko
仁徳陵越しに見る夕暮れのかなとこ雲と淡路島

antic-rays
やや不明瞭な反薄明光線

c-rays
放射状の光の条、薄明光線

間もなく父の注射液漏れから1カ月が経過する。
炎症、当初から私が蜂窩織炎と推定していたこの病状に即した診断、治療は行われず
父の発熱は依然継続している。内出血と腫れの範囲は縮小したものの血液検査はつい
最近実施されたのだが炎症があり左肺にCTで認めた影から肺炎を疑うと主治医の弁。
白血球数、C反応性蛋白の数値より炎症のピークはすでに過ぎており、動脈血血液ガス
の酸素分圧は正常値。腋窩リンパが腫れ、左右で体温がやや異なることから表皮ブドウ
球菌の皮下感染、青たんはこの細菌が産生する溶血毒素によるもの、上半身半側首下の
浮腫は蜂窩織炎と考えるのがもっとも考えうるところ。ASOやASKなど溶血連鎖球菌の
感染を特定する血清学的検査が必要とされると考えるが検査指示はなかった。
迅速な点滴投与が求められる抗生剤も3週間を経てやっと投与が許可されたのは遅過ぎ
という印象をぬぐえない。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。