をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

見慣れた新種オオムシクイ

カモ観察時に毎年同じ池畔の樹木帯で見るムシクイ。
はじめて見た時は虫みたいな、おもちゃのゼンマイが急に解けた時のような
奇妙な鳴き声「ジジロ、ジジロ」の持ち主だなぁと思った。

phylloneo1
オオムシクイ Phylloscopus examinandus   Kamchatka Leaf Warbler

phylloneo2
先ごろ発行された日本鳥類目録改訂第7版で大きく変更されたウグイス科から分離され
新たにムシクイ科ができ、なおかつ従来亜種コメボソムシクイとされていたものが今回
独立種として別種登録されるようになった次第。しかし、コムシクイと識別できるのか
というようなボンヤリした疑問も残る。

phylloneo3
頭にはクモの巣がついています。
労せずして新種ハンターには一種追加されることになるわけだが、従来コメボソムシクイとして
しっかり認識していなかった場合には、どれがその画像なのかメボソムシクイとの違いが?では

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。