をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

談山の秋(後編) 樹上の雅

昨日は花嫁衣裳から鶴を紹介、一日遅れの紹介となる樹上の雅。

駐車場横の紅葉

駐車場から神社に向かう道路横の紅葉、彩りの序章。

黄葉の石燈籠

重文石燈籠には黄葉が降り積もる。

東殿下

ここからは、いよいよ境内へ。
談山は「たんざん」と読み多武峰(とうのみね)とともに読みづらい。
大化の改新の談合がこの地の裏山で行われたことに由来するらしい。
紅葉の時期やサッカーと縁のけまり祭りで賑わう。

十三重塔横の紅葉

十三重塔横の紅葉、木造の塔に紅葉が映えるためか付近は紅葉密度が高い。

塔と紅葉

朱色の空間を塔の甍が鋸歯状に切り裂く。

拝殿風景

拝殿は青空の下、紅葉が映えていた。

吊燈籠

紅葉を背に拝殿を取り巻く吊燈籠がアクセントを添える。

拝殿から十三重塔方向

拝殿内部より十三重塔方向を望む。

けまりの庭から

けまりの庭から見上げる神廟拝所と十三重塔。

PageTop