をかしの庭

なにげない日常の中にも、心ときめく現象や出会いがあります。 遠くに出かけずとも、内面に大きく語りかける身近な映像、そんな写真がお届けできれば良いのですが…。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

メジロガモ渡去

この冬わが街に出現して随分と楽しませてくれた第一のカモ、メジロガモ
今朝の観察ではお目にかかれず、過去一度いなくなったことを考えると断定は
できないもののここ数日の間に渡去した可能性が高い。

第1のカモ
nyroca-jm
メジロガモ雄幼鳥、終認時画像2月24日早朝
初認12月13日、終認2月24日(2月25・26・27日早朝は観察せず不明)
※ 早朝の観察ではこれまで2か所の採餌ポイントで必ず確認できていたため双方で
確認できなかったことから渡去としましたが、早合点だったようです。
夜明けが早くなり、人の接近を早い時間帯に察知できるようになったために早朝でも
枯蓮の中に身を潜めていたようです。今朝は導線上の岸でたき火をする若者3人がいた
のもいつもの行動が見られなかった理由かも知れません。


第2のカモ
nyroca-jmhybrid
メジロガモXアカハジロ雑種雄幼鳥、終認時画像2月14日早朝
初認12月17日、終認2月14日 公園の池を数日で出たり入ったりしていた

第3のカモ
nyroca-jfemale
当初アカハジロ雌幼鳥としていたメジロガモ雌幼鳥、終認時画像2月22日朝
初認2月13日、終認2月22日 清掃時一時飛去したものの翌日には戻り22日まで滞在

第4のカモ
baeri-female
清掃で飛去したメジロガモ雌を探しに行った第1候補池に着くや見つけたアカハジロ雌成鳥
2月17日午後のごく短時間だけの観察だったので画像は少ない。翌日は見られず。

第5のカモ
pochard-hybrid226
同じく清掃で飛去したカモ探索第2候補池で見つけたホシハジロ雌幼鳥に似たカモ
やや小さく初認時に波状斑はまったく見られず濃色であった。メジロガモとの雑種幼鳥か?
初認2月18日、現在継続観察中

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。